05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

色々やめる人たち、第一夜

2012.01.19 (Thu)

こんばんは
今日は木曜日
雨模様です。

欠席が一人あったほかは大きなトラブルはなし。

今日は私立の前期試験。雨で気温が低いので寒い教室も出るでしょうから条件は悪いだろうな、と。
今日が本命の生徒は1人なので、結果がでるまで祈るしかないです。

今日はニュース記事。
まずはF1の地上波放送をフジテレビが辞めるらしい。
私も数年前までは欠かさず見ていた口なんですが、やはりここ2年間は全く見ていませんでした。

理由は日本人の活躍ではないと思います。小林選手が孤軍奮闘してますからね。

やはり境目は鈴木亜久里さんのチームが崩壊する辺りでしょうかね。

佐藤琢磨さん(現在はアメリカのインディに参加中)がBARホンダでジェイソンバトン選手と一緒に躍進していたころは毎戦見ていましたし、3位がほぼ確定しているのに、バリチェロ選手(当時最強フェラーリ所属)のインをつき2位を狙い結局リタイアになった時や、やはりアメリカGPで初表彰台(日本人としては2人目)に立った姿は何度見ても感動しました。古くは中嶋悟選手がロータスの最終年、非力なエンジンでしたが、雨のオーストラリアの最終戦でファーステストラップをたたき出し、惜しくも4位になった試合、セナ・プロ確執がマックスだった頃、日本GPで速攻接触して後味が悪くなった確か98年か90年。セナがウォールに激突して亡くなったり、アメリカGPでピレリタイヤ使用チームがボイコットして半数以下のレースをしたり、順番めちゃくちゃですが、本当に20年ほどF1は楽しめました。

モーターレース自体がお金もかかるし、環境の面からも、色々な分岐点にあるのかもしれませんが、単純な話だけではなく、人間模様が多々ありましたから。

いえ、今もあるんでしょうけれども、昔ほど熱心で無くなったのは…やはり私の問題なのでしょう。でもそれが説明できません。

今でも二つの画面が目に浮かびます。
一つは先にかいた雨のアデレードの中嶋選手の走り。まるで氷の上を走っているような環境の中、どんどん追い上げて行く中嶋選手。一般には表彰台ってのが華やかですが、ファステストラップってのは瞬間的とはいえそのレースで一番早かった人ってことですから、入賞そのものよりも日本人として本当に名誉な記録です。

二つ目は失礼ながら貧乏チーム、鈴木亜久里さんのチームで型落ちのシャーシを改造して少しづつ早くなって、とうとうカナダGPで名門マクラーレン所属でチャンピオンのアロンソをオーバーテイクする所。

どちらも有名動画サイトにあります。是非ご覧いただければ、F1好きな方は今でも熱くなれます(多分)。


何にしろ、フジテレビさん、熱い時間をありがとう。残念ですが時の流れでしょう。

もう一人のお辞めになった方はまた明日。
スポンサーサイト
22:25  |  F1  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

世の中って…

2010.10.14 (Thu)

こんばんは
今日は木曜日。
塾は体験の小学生があるので早めに到着。
受験希望と言いながら、なんとなく受験に向いてない気もするんですが、まあやる気はあるようなので。

来週結果がでます。

今これを書いている段階でプロ野球のクライマックスシリーズでソフトバンクが負けたため、若干憂鬱です。

ってか、主軸があれだけ打てなきゃ負けるわな。
打線は水ものとは言いますけどね。
これでタイになりました。頑張ってください。たまには王前監督に良い思いをさせてあげてください。

最近TVのCMでF1のマクラーレンの精密模型を組み立てようという某イタリア系出版社のやつを見たわけで、ああ久しぶりに定期購読でもしようか、と思いきや、やはりお高いのと、組み立てにセメダイン(接着剤)を使うようで躊躇する。私は幼少のみぎりより指が尋常でないほど太く、きわめて不器用なんです。
何にも出来ない不器用さではなく、精密さや正確さを求められると辛い不器用さなんです。

接着剤を使えばはみだすし、ぬり絵もはみだす。
デカール(プラモデルの時に水でぬらして貼る薄いシール)もゆがむし、しわになるし。

おそらく私がエヴァンゲリオンの零号機を作ったら、なぜか弐号機になるんじゃないかというくらいの(笑)、不器用さ。
よって高い金を払い某デア○スティーにのモデルを買ってもボルトやドライバー系の仕事ならまだしも、接着の段階で躓くことは明白です。よって今回はパスになりました。

正直を言えばもうぼちぼち定期購読の虫が騒いでいる頃ではあります。

もうちょっと触手の動くモノならな~と。

ちなみに約2年ぶりに先日F1日本GPを見ました。録画ですけど。

まあ見れば見たでそれなりに面白いですね。
ただ、昔の(セナプロ、中嶋時代やスーパーアグリのいた頃)ほど熱中できません。
日本人が活躍するのはうれしいんですが、ザウバーの小林可夢偉の健闘をたたえる画像ばかりで、もう一人の山本左近の方は順位も下でしたし、まあチームも下位チームですから触れることもほとんどされず。
なんか分るんですけど、さめました。この二人の扱いの差をTV局も解説者も実況のアナウンサーも含めて演出してるみたいで。
いえ、別に私左近さんのファンって訳でもないんですが、な~んか露骨でつい判官びいきになっちゃいました。

世の中こんなもんだよと、って思っちゃいました。なんか仕事人の前口上にあったな、こんなセリフ(笑)。
23:09  |  F1  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

久しぶりにF1の話

2009.09.22 (Tue)

こんばんは。
更新が遅くなりました。
連休もあと1日ですね。

まあ私は連日引っ越し作業なんであまり関係無いんですが(笑)。

さて私のプロフィール欄の趣味にF1と書いてありますが、正直言うと今シーズンは一回も見てません(汗)。まあ理由は色々ありますがホンダの撤退が一番大きいのですが。
で久しぶりにF1のニュースを見たんですがルノーがえらいことになってますね。
まあ執行猶予付きの資格停止らしいです。何か覚醒剤の犯罪者みたいですが。

で、責任者のフラビオブリアトーレがルノーやめちゃいました。あのシューマッハをはじめたくさんの有名F1ドライバーに関わってきた人がですよ。
いやー、数年前なら考えられないことです。

ボスもよい歳ですしF1も曲がり角に来てますね。
某野党もそうですがあまり有力者が粘ると良くないかなぁ、なんて(何故か引け腰)(笑)。


でも何やら名門が復活しそうなんで少し楽しみです。
23:26  |  F1  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

世の中何が起こるかわかりませんね。

2008.12.06 (Sat)

こんばんは。
今日は土曜日。塾は久しぶり(19日ぶり)のお休みです。
とはいえ、いざ休みになっても何をするわけでもないんですが。どうも朝方雪が降ったようで、寒いのなんの。外に出るのが嫌で嫌で…(笑)。今年一番かと。

それはそうと、昨日の日記で書きわすれましたが、ホンダがF1から撤退するようで・・・

F1という最高峰の舞台で1期、2期、3期とやってきて、3期目の最近はお世辞にも良い成績とは言えませんでした。
とはいえ、お金に関しては他の個人のチーム(ウィリアムズなど)よりは潤沢なはずだったんですが・・・

やはり例のアメリカ発の不景気が影響してるようです。

ホンダは日本の象徴の一つでしたので(日本人ドライバーもいましたし)寂しい限りですね。

トヨタも残っているわけですが、やはりF1の歴史を考えると両雄そろっていてほしいものです。

くしくも輸出産業は今大ダメージを受けているわけですが、アメリカの住宅問題(サブプライム問題をはじめとする問題)が、まさかF1に降りかかるとは思っても見ませんでした。


こうなったら、せめてトヨタや日本人ドライバーに頑張ってほしいものです。またホンダに関係をもつ佐藤琢磨選手がどこかのチームで復活してくれれば、応援しがいもあるのですがねぇ。

なんか世界中で嫌な話ばかりって気がしてきました・・・
20:46  |  F1  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

いや~すごいレースでした

2008.11.03 (Mon)

20081103050203
こんばんは。
今日は文化の日でしたので塾はお休みです。

本当はテレビコマーシャルでも出ている、某四谷○塚主宰の小学生の全国学力テストの日です。
あのテストはどこの塾でも参加可能で、うちのような小さな個人塾にも案内のDMが来ました。

うちの生徒の参加希望がなかったのと、正直四谷○塚系の塾はありますからそこに生徒の個人情報がもれたり、家にDMを送られたりする事も無くはない、と。

まあ、うちの塾の志向でもない、と。


さて今日は久しぶりにF1の話。

いや~、昨日(今日?)は凄かったです。
最初は酒を飲みながら、本を読みながら、携帯さわりながら、限りなく適当に見てました。
だってポイントリーダーのハミルトン(マクラーレン)が二位のマッサ(フェラーリ)を7ポイントリードしてましたからよほどのことがないと逆点しませんから(ちなみにF1ではレースで一位でも10点で8位1点まで点が入ります)
要は、ハミルトンは五位までに入れば優勝です。

総合二位のマッサは母国グランプリなのもあって、このレースは終始トップをキープしてました。
しかし途中まで総合一位のハミルトンは固いレースで大体4位~5位をキープしてましたから、私も冷めてた訳です(笑)。

ところが残り7周辺りで雨がふりはじめ、残り2周か3周でハミルトンが6位に落ちまして、つまりは1ポイント差でまたワールドチャンピオンを逃すのか?、と。

思わず声を出しました。

ところが、最後の1周、しかも最終コーナーで、雨のため前を走っていたトヨタの一台が減速。
結局ギリギリ1ポイント差でやはりハミルトンがワールドチャンピオンになった、と。

長いことF1見てますがここまで、最後の最後まで結果が揺れるのも珍しいな、と。

久しぶりにテレビにかぶり付きました(笑)。

やはりF1は面白いな、と感じました。

画像はせっかく一位になったのに、最後の最後で、しかもたった1ポイント差でワールドチャンピオンを逃したフェラーリのマッサ。
少し泣いてたように見えました。まあ、気持ちは分かりますけど(苦笑)。
21:46  |  F1  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。