頑張れ!○○

2012.07.31 (Tue)

こんばんは

夏期講習真っただ中。

外は連日暑い中、実は塾の中もそれなりに暑い。

まあ汗ダラダラかくほどでもないですが、どうも微妙に暑い。

理由は冷房の効きが今ひとつだから。

我が塾のエアコンは塾開設して3年目の夏。あまりの暑さに買い換えました。

その時の記事がこちら

以来5年。

良く頑張りました。

今も頑張ってます。
でも少し冷房力に陰りが出てきた感が…

原因は何なのか?
1、気のせい(笑)
2、今年が尋常でないほど暑い
3、フィルターの掃除はしていますのでエアコン内部の汚れ
4、ガスなどの問題

1、2なら無問題ですが、まあそんなこともないだろうと。
3と4の場合素人の手のおえません。

結局管理会社に見積もりできて信頼できる業者を紹介してもらう。

今日の夜来てもらえることに。繁忙期にありがたいことです。

世間ではオリンピックのようで、まあ講習会中ですからTVも見られませんし、仮に休みでもあまり興味もないんですが、世の中は頑張れニッポン…って所でしょうが、今の私の心の中は…

頑張れエアコン!と、声を大にして言いたいです。ええ。
18:18  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

今日は辛口暴言

2012.07.30 (Mon)

こんばんは

夏期講習会も1週間が過ぎました。

朝の生活にもだいぶなれました。

今日は補習日でした。

で、急にこちらの都合で時間をずらした生徒がいて、申し訳ないので、今日だけ送迎をつけることにした。
距離で4km以上離れた所で別学区から来ていて、いつもお母さんが送迎している。
今日はお母さんの都合がつかなかったので、お詫びかたがた。


で、そこの待ち合わせ場所に向かう途中事故寸前の出来事が。

大きな国道。
私は右折車線に入ってる。

信号が変わり完全に右折信号。

確認して(生徒をのせているから余計に安全運転)右折…

すると完全に信号無視の車が直進。

若い女性が二人で乗っていて、あぶない!と思い急ブレーキ。

ところが相手はジェットコースターよろしく笑いながらきゃ~見たいな表情



以後罵声ですので追記で。

汚い言葉が苦手な方はこの辺で。

あと、私珍しくキレ気味です。
20:15  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

「おもち」はやってないです

2012.07.27 (Fri)

こんばんは

夏期講習も1週間ほどたつと朝起きるのも慣れてきますね。

今日も猛暑…で、一転夕方6時過ぎにいきなりの豪雨。
アッというまに外の県道だか市道だかが河のようになる。

生徒が帰るのが7時ころなのでちょいと心配でしたが、どうやら皆車で迎えに来るらしい。


さて、今日は小ネタ。

夕方6時過ぎ。

電話がなる。

「はい、○○(塾名)です」

女性の声

「ちょっと伺いますが」

「はいどうぞ」

「お宅ではおもちはやってないんですか?」

「??????????。申し訳ございません(別に謝る必要無いけど)、私○○という学習塾なんですけども」

「すみません。間違えました」



どこと間違えたんだろう…(汗)。
20:12  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

違和感のある言葉

2012.07.26 (Thu)

こんばんは

今日は…木曜日ですね。夏期講習になって曜日感覚が…(汗)。

いや~、暑かったですね。今日も。

塾のエアコンフル稼働です。何しろ高くないエアコンでしたので、性能いっぱいフル稼働です。

節電とも言いますが、二階建て、天井が鉄板の鉄筋ビルの自塾としてはこれで温度をいつもよりあげると大変なことになります。これでもちゃんと27度設定なんですよ。一応。

授業はトラブルも無く。ただ途中で体調不良で生徒が一人帰宅したくらいです。(保護者に連絡し、迎えに来てもらいました。で、階下で生徒と一緒に待って事情を伝えました。)


さて昨日の夕方荷物が届きました。
父兄からのお中元です。
もちろん、気遣いいただき恐縮なんですが。

で、早速お電話でお礼を。

もちろん何度もお会いしているお母さんですから特に問題はなくお話を済ませて、最後に
「ご主人にもよろしくお伝えください」と。

電話を切る。


切った後、ん~と思う。

何だろこの違和感。

「ご主人」よりも「お父さん」の方が良かったかなあ。

でも他人の旦那ですから「お父さん」は変だな。

旦那さん…も何かなあ。

結局「ご主人」でよいのではないかと想いいたる。

でも…何だろこの違和感(苦笑)。
19:01  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

スポーツについて

2012.07.25 (Wed)

こんばんは

今日は…水曜日

天気が良い。っていうか良すぎる。

昼前に銀行に行って税金・家賃を払いに行った時に、汗がとめどなく流れる。

ラジオをつけると高校野球の予選をやっている。
ただ歩いているだけで汗が出るんだから、野球なんてやってたら死ぬんじゃないか?と。

スポーツと言えば、イチローが移籍したようで。
あまりにも突然で、時期も半端だったので、最初携帯のニュースで見た時「ヤンキースのイチロー初ヒット」ってやつを「ヤンキースに日本人のバッターがいてイチロー二世とでも言われていて、それがデビューしたのかと思いました。

野茂とイチローは投打の英雄ですし、年齢的にも長くやれる訳でもないでしょうから、頑張ってほしいものです。
まあ、大リーグには興味もないんですが。
興味がないと言えばオリンピックが始まるそうで。

これも全く見ません。

オリンピックより日本のプロ野球の方が…とか言うと、右巻きの方から「日本人のくせに」とか、どっかの某知事さんからお叱りを受けそうですが、何でもかんでも興味を持つほど私の脳みそのキャパは大きくない。

病院に行くと歯医者なら歯のことを、内科なら内蔵のことを、微に入り細に入り気にします。それこそ健康のためには命はいらないくらい。逆に私にとって生徒の成績や受験のことが全てですが、人によっては元気ならば勉強位…という方もいます。

要は立場が違えば重要なものが違うということです。ですから私が五輪のことに興味がないのも仕方がない。
私が勉強のことをいくら説いて回っても心に響かない人がいるように。

で、それは別に間違いでもない。


でもね、某知事さんも分ってるはずなんですよね。
東京でやろうとするから国内の支持が、特に東京の支持が低いんですよ。

東北オリンピックを東北の県でやればもっと盛り上がったんですよ。

同じように福岡五輪ではなく、九州五輪とか。

まあ多分私の目の黒いうちに再度日本でやれるか分らないですが…

東北五輪ができていればインフラ整備などもっと柔軟にできたはずですがねえ。おしいことでした。
19:38  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

夏期講習開始!

2012.07.23 (Mon)

こんばんは

少しお休みしましたが、日曜日から夏期講習に入っています。

中3の人数が多いので昨年のような暇な感じはありません。

しかしまだ部活で負けていない人が数人いるので、数日後に始まる大会まで全員は出そろいません。

しかもうちの塾の主力の中学で期待されながら早々と負けたとある部活が、3年卒業させた後早々と来年を見越して練習に明け暮れていてその分中2の出席率が下がっていて困ります。

このくそ暑い中朝9時から夕方4時過ぎまで練習だそうで、私なんて絶対無理なスケジュールです。

っていうか倒れないんでしょうか?

そこまでしてまた来年も早々に負けたらと思うと、そして、勉強全くせずに3年になった生徒が夏期講習で流れ込んできたらと思うと、夏なのに汗が出ます。

まあ、尤も塾が来年まであるかd…もごもご…

今日で夏期講習2日目終わりました。

早くも足が痛いです。まあ良いダイエットにはなるかなあ。

明日はお休みで明後日から12連チャン…

頑張ります。

皆さん方もお体にはお気を付けください。
20:16  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

おしゃべりはもろ刃の剣

2012.07.20 (Fri)

こんばんは

今日は木曜日

1学期も残す所2日。

今日は中2と中3の授業日

結局体験キャンセルが2人(というか1度も来なかった。)

来たのは5人で、全員入塾したので別に良いんですが、体験をキャンセルしたのはどちらも中3。さらに男性。
また、中3ということで最初の面談で脅し?たこと。あともう一つ2人とも共通の部活
曰く、この夏で勝負が決まる
夏期講習は勉強漬けになる
多分、部活よりきつくなる。などなど。

それに恐れをなしたのかもしれません。


で、貴重な売り上げを落としたかもしれません。

でも、後悔はしていません。

言葉程度でビビる様なら、私の授業で早晩ついていけなくなることは確実ですから。まだお金をもらう前にそれが分っただけ良かったと思っています。

私の授業のやり方は、心に触ります。
生徒によっては傷つくかもしれません。


でも、受験を自力で戦うためには、何よりも強い心が必要なのです。

自分はこんなに弱かったのか
自分はこんなにせこかったのか
自分はこんなにだめだったのか
自分はこんなに暗記ができなかったのか…

そしてそれが
自分はこんなに合格したかったのか
自分はこんなに不合格になりたくなかったのか
こんなに入試って怖いのか?

に変わったら大体合格します。
もちろんその変化は生徒の言動で分ります。
私だけでなく親でも分ります。

もちろん全員変わる訳ではありません。
同じことを言っても伝わらないこともあります。

そして、今回のようにたった一回面談でNOのサインを出される場合もあります。

そう、上の葛藤は私自身のいつも持っている葛藤でもあるのです。


私はなぜこんなに教えるのが下手なのか
私はこんなに言葉が雑なのか
私はこんなに弱かったのか
私はこんなに頭が悪かったのか


そして、「私はこんなに生徒を合格させたかったのか」といつも入試直前になります。


言葉は生徒の心を変えるかもしれないし、予想に反して傷つけるかもしれない。

それを上手く方法論化できていない。

だから上手くいったり、上手く行かなかったりする。

言葉はもろ刃の剣。
相手も自分も何かをもらってしまう。

プラスもマイナスも。

その度にお互い喜んで、そのたびにお互いが泣く。


でも、だからこそやめられずに塾の仕事を21年もやっている。

子供の頃は喫茶店のマスターになりたかったのに(苦笑)。いや実は今も諦めてないけど。
小さい頃週刊少年チャンピオンの750ライダーという漫画に出てくる喫茶店のマスターに憧れてたなあ。

ってかその頃から組織人になりたくなかったんだな、今思うと(爆)。
00:46  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

分りやすさと単純化

2012.07.19 (Thu)

こんばんは

昨日の夜せっかく洗車したのに雨が降りました。
全く今年はどうなってるんでしょう。

とか、毎年言ってますね(笑)。

さて、塾の方は今日も飛び込みで体験希望。
しかしこれは望み薄。
生徒の希望とうちの塾のやり方がマッチするとは思えない。


結局中3バブルも終了し、例年になく席がギリギリになりました。

去年までのガラガラの席とは比較になりません。

ただ、中2以下のバランスが悪いため来年正念場であることは変わりません。

まあ、成績があまり良く無いとはいえ中1が二人来たことは数少ない収穫か?

さて、今日、中2で理科の授業をしてまして、今中2は生物をやってるわけですが、教える時に細かく正確に教えようとすると情報量が多くなり、よって生徒の理解が得にくくなる訳ですね。
逆に単純化して分りやすく教えようとすると、嘘とまでは言わなくても、オーバーになったり、こんなに単純化していいのか?と思ったり、さらには比喩を使うとやや詭弁っぽくなったりします。

思えば世の中そんなに簡単なことばかりではない訳で。

政治だって経済だって歯切れよく言う人いますけどそんなに原因がわかりやすいものでもないでしょう?と。
第一そんなに簡単ならもっと政治にしろ経済にしろ良くなってるはずですし。


人に物を説明するってのは本当に難しい。

独りよがりではいけないし、また嘘を教えてもいけない。

またある人に分ったからと言って、みんなに分らなければ商売として成立しない。

塾の仕事だけでもないんでしょうが、仕事は本当に奥が深いです。

特に自営して意見を言ってくれる人がいなくなると、裸の王様状態になる可能性もありますしね。

さあ、夏休み。

気合いを入れて頑張りましょう!
00:43  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

激アツの一日で政治を考える

2012.07.18 (Wed)

こんばんは

今日は火曜日

いや~~~~、暑い。

出勤時車のドアを開けたらやばいことになりますね。

ドアを開けたまま、エンジンを回し、エアコンフル稼働の音を聴きながらしばし待つ。

銀行へ行き、塾の途中のコイン洗車に久しぶりに行く。

何しろ豪雨ばかりで毎日洗剤なしの洗車をしていた感じなので。
まだ買って1年半位ですが水アカをこまめに洗わないと落ちにくくなりますからね。

以前の白の色より目立たないんですが、銀色も少し水アカ目立ちます。

久しぶりに車もピカピカ。

塾に来たら来たで教室の中激アツ。

すぐに窓を開け、エアコン入れて、数分して窓を閉める。

そう言えば節電の話もありますね。

まあ停電になったらなったで仕方ありません。
うちの塾の不備(電気代払ってないとか:笑)なら、クレームも来るでしょうが、こればかりは仕方ない。

節電と言えば、今日また民主党から離党が出ました。

今日はそれにちなんで(ちなむなよ:笑)、あまり書かない政治ネタを書きます。

意見には個人差があるでしょうから、お嫌いな方はこの辺で。

また個人差がありますので、ご異論のある方もご容赦ください。ってか途中で読むのを止めていただければ幸いです。
00:43  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

まずい酒を飲む

2012.07.17 (Tue)

こんばんは

今日は週明け月曜日。
世間では海の日で3連休の最終日でしたね。
私は全く関係なく出勤しました。

九州では死者もたくさんでる大被害でしたが、一転猛暑でして復旧作業の邪魔をされているようです。

幸い私の地域と実家付近では被害も無かったようで、昨日、母親に電話をすると親戚と芝居見物してました(笑)。

さて今日は祝日のため欠席が数名いた他は語ることは少ないので、昨日の話を。

前回の記事でも書いたとおり、おじさんとの飲み会がありました。
正直あんな不味い酒は40数年で屈指でした(苦笑)。しかも代金まで出してりゃ世話ない。
ぼったくりで出る可能性のほとんどない店でパチンコ打ってた方がよほどマシだったなあ、と。

あまり詳しいことはかけませんが、かいつまんで。

夕方タクシーで繁華街の焼き肉屋へ。

行ってみると、おじさんの他に知らないおじさんと小さい子供が一人。
おじさんでなくおばさんなら、先日の記事の通りのパターンだから理解もできるんですが。おじさん????

まずは座って当たり障りのない挨拶。

どうやら隣の親子はおじさんの同僚とその子供らしい。
少なくとも子供は今日の話に無関係

一杯やって焼き肉を食べる。
私以外子供と年上。
自分のペースで食べることなど不可能(笑)。

食べたのは少し木炭化して誰も手をつけないような焼き肉位か(苦笑)。


で、話の流れは本題へ。

例の話は母が断ったからか全く出ませんでした。

その代わりに「こうなったらフィリピンの人でも貰うべきだ」と。
で、この人(となりのおじさん)は、自分でフィリピンに行って自力で見つけてきたんだよ、と。
変な所通すとお金がかかったりあやしい組織のこともあるし、と。

ん????

つまり、フィリピンの奥さんをもらう前提で、経験者としてゲストに呼んだらしい。

おじさんはとても良い方で子供もとても可愛く、むしろ叔父さん抜きなら楽しめたのですが(笑)。

いえ、叔父さんが心配してくださっているのは分ります。そこに打算がないことも分ります。

(母曰く「親戚づきあいの狭い人だから寂しいのでは?」とのことで、そういう意味では年とってこれから寂しいから関わっていたいのでは?と。まあそういう意味での悪意のない下心はあるんではと。ちなみに叔父さんは結婚してますが今は分れて一人暮らしです。私の心配よりも…と)

でも、そこまでされると、心配とかおせっかいよりも「干渉」に近い感じもする。

もちろん親戚ですし、元は私の結婚を心配してくれている訳ですからケンカもできません。

酒好きで酒癖の悪い「寅さん」みたいな人です。

酒もすすみだんだん言い方が強くなってくる。

と、結婚の話とは全く関係のないことで(私の家族のこと)どうしても我慢できないことを言ってくる。
私も譲れないこともあってか「やれ」「やらない」の言い争いになる。

隣の親子も引き気味になる。

私はほとんど素面に近いので、隣のおじさんは同情的で、叔父さんをなだめたり、意見をしてくれますが、叔父さんに酒を入れてこうなったらもう何を言ってもダメなのを私は知っています。

で、「これ以上その話(結婚とは関係のないあること)を進めるようなら、申し訳ないが叔父さんと縁を切りたい」と。

これでまた叔父さんが「縁を切るとは何事」と。ハッスルハッスル。

でも私も父譲りの頑固者。

ケンカにならないように冷静に「譲れないものは譲れない」と。

叔父さんもあきれる頑固者(笑)。

まあちょっと声の大きな議論程度でその場は終了。
第三者がいたのが大きいな。これからは二人で会うのやめよう(笑)。

お会計は「ご心配していただいてすみません」と私が「払わせていただきます」と、超下手にでてお支払。
叔父さんはともかく本当に親子には悪いことしました。別れ際「フィリピンの奥さん探す気になったら是非」と言っていただきました(笑)。本当に良い方です。

鬼のように不味い酒と焼き肉を(店に罪はない:笑)食べさせられた上に代金まで払ってりゃ世話ないな、と。
タクシー代込みで15000円(涙)。ええ、生徒の月謝1カ月分です。

その後母に「縁切」事件を電話し、ひょっとしたら電話があるかもしれないから、と。

母も叔父さんには手を焼いているのでうんざりしていました(苦笑)。


昔のテレビドラマ「気まぐれ天使」の中で石立鉄男さんのセリフ

「人生は忍の一字」

本当にストレスのたまる焼き肉でした。


昨日は帰ってすぐ爆睡しましたとさ。ちゃんちゃん。
00:53  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

トンデモない企てか?

2012.07.14 (Sat)

こんばんは

一体天気はどうなってしまったんでしょう?

天の蛇口が壊れた、なんていうと変ですけど、本当に土砂降りです。

雷もなってるので積乱雲系の雨だと思うんですが、もう梅雨なんだか何なんだか。

実家に電話してみたら家の前の池辺りから増水して、母屋は大丈夫だったようですが、隠居の方が床下浸水したようです。

田んぼの方はどうやら大丈夫だったようで、一応実家の方は大丈夫だったようです。


夕方おじさんから約1年ぶりに電話が入る。
おじさんっていっても、随分間にフィリピンパブに連れて行ってくれた人。
親戚の中でも軟硬の軟系の方(笑)。

日曜日の夕方に酒を飲もうと。

う~ん、ただの酒になりそうもない。
というか嫌な予感しかしない。

空気が淀んできた所で母から電話があります

どうやら嫁さん系の話らしい。

しかもとんでもない企てが(笑)。


まずは簡単に家系図を

父には姉が4人おります。
そのうち長女は早くに嫁いだのですが、早世します。
その子供が3人いてそのうちの1人がこのおじさん。
そのおじさんには姉が二人います。
その姉の一人(つまり私のおばさん)には男の子が一人います。(いとこですね)。
このいとこは私より少し下「でした」。(30過ぎ)
私より下ですが結婚して子供がいます。(もう中学生位)
で、奥さんとは離婚されているのです。
先程「でした」といったのはこのいとこは数年前若くして亡くなっています。

さて母親が言うには、このおじさん、いとこの別れた奥さんを私とくっつけようとしているのでは?と。

別に私は初婚にこだわりませんけど、いくらなんでもかつて遠いとはいえ親戚だった方は、お相手にはできないですね。


正直言って私はその方(お相手)は良く知らないんですが、このおじさんと付き合いが憂鬱でしかない訳で。

日曜日が憂鬱です。まずい酒になりそうです…
00:46  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

一転猛暑

2012.07.13 (Fri)

こんばんは

今日は木曜日

昨日ブログを書いて帰ろうとすると急に豪雨に。

前も見えないくらいの多雨。

ヒステリーな天気。

で、一晩たって、今日の昼。

暑い、暑すぎる。
尋常ではないくらいです。

洗濯機のスイッチを押して、塾へ。
ドアを開けるとものすごい生温かい。

とどめは車の中。


やばいなあ。

さすがに梅雨はあけた、と信じたい。

と思いネットを見ると、まだ明日も続くそうだ。

いやだいやだ。昨日の夜中びしょびしょで帰ったばかりなのに…

今日は帰ろう、早く。

皆さん雨の被害にお気を付けください。
00:18  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

いじめる人の気持ち

2012.07.12 (Thu)

こんばんは

今日は水曜日。

梅雨明けかと思ったらまた西日本で大荒れとどうもはっきりしない。

思えばもう7月も半分に近い。

梅雨の一部の雨なのか、それとも梅雨はあけた上での天災なのか。
幸いこちらでは小雨で済んでいる。


朝方知らない番号から電話がかかる。
体験希望の父兄でした。寝ていたのを起こされたが仕事ならば仕方がない。

第一、塾の仕事の時間サイクルを普通の人に理解してもらうのは難しい。

そこはなれたもの、寝ぼけていてもそれと悟らせないようにし、面談の日程を確認できた。
そして忘れないように携帯に日時を入力した。

そして寝た。
2時間くらいして昼ごろ起きると、携帯にしっかりと面談の日時が入っていた。寝ぼけていてもやることはやるものだなあと。

さて、昨日私にとってというより、私のような必殺オタクの私にとって重要な役者である山田五十鈴さんが亡くなった。もうTVでお見かけしなくなって随分たっていたが、いざニュースになると残念です。

「おりくさん死す」

からくり人などをいれればいわゆる必殺シリーズには欠かせない人で、名前こそ変わるもののその必殺技のきれは素晴らしいものでした。三味線のばちで主に喉元を切るのですが、その速さ。
必殺ファンなら一度は三味線屋の勇次の糸投げ(あるいは組紐屋の竜の紐投げ)とばち(もしくはそれに変わるへらなど)での殺しのまねをしたことあるんではないでしょうか?
私も某ファストフードでバイトしていた時ハンバーガーを焼く金属のへらで何度か人目を偲んでまねしたことがあります。でもどんなにカッコよくやろうとしても上手く行かない。あのおりくさんのような颯爽とした早技でできなかった記憶があります。
私生活では紆余曲折もあったでしょうが、詳しく存じない私にとっては、俳優、特に最強の仕事人の一人であります。ご冥福をお祈りします。

さて、ニュースで言えばいじめの話。

再三私がこのブログに書いたとおり、この手のことを当事者以外がいくら正論をぶってもあまり意味があるとは思えません。

むしろ、いじめというものが脈々とまるで「受け継がれていくように」こうして大きなニュースになるのを不思議な思いで見ています。


人をいじめて、あるいはいじめなくても、人が何かで泣いている、困っているのを見て、「楽しい」と思う人の気持ちが全く理解できないのです。

いじめられる人の心理ばかりTVでは取り上げられがちですが、実はなぜ人は痛ましい事件がなんども起こっているにも関わらず、いじめるのかを考えた方が合理的な気もします。

何が楽しいのか?
あるいは何が不満なのか?
そりゃあ人間ですから好きな人と嫌いな人、あるいは苦手な人くらいいるでしょう。それを我慢してみんな仲良く付き合いましょうなんてのはナンセンスでしょう。
でも、嫌いなら、苦手なら近づかなければいいんでは?

なぜ人が困るのを見て、泣いているのを見て、平然とできるのか?あるいは快楽を感じるのか?

申し訳ないけれども、そこが全く理解できない。

あらゆる犯罪があるなかで、泥棒、万引き、交通事故、ひき逃げ、または過失による殺人は「絶対にやらないか?」と言われれば自信はない。今はその気持ちが0%でも将来もそうかは分らない。また家族や守るものができたらそれを守るために「何かを」するかもしれないし。

でもいじめる行為だけは絶対にないと断言できる。だっていじめても利益がないし。
さっきも言ったように自分自身楽しくないし。

もちろん広義で「いじめをしているのを見て見ぬふりをするのもいじめ」と考えれば可能性が0ではないけれどももうそういう集団生活は送っていないのでこれも可能性はない。

なぜいじめる人間はそこに「快楽」を感じるのか?

なぜ「平気で」人を困らせたり泣かせたりするのか?あるいはできるのか?

自分が逆の立場なら、または自分の家族が、自分の恋人がそうなったら…なんて思わないんでしょうね。あの人たちは。

そういう意味では当事者意識の欠如、そして(心身ともに)痛みの理解の浅さという人間性の欠陥からくるのかなあと。そうなるとそう育てた親の責任は重大ですがね。
躾のほとんどは家でやるものですからねえ。

う~~~ん、まったく理解できません。

ただ、ネットの世界でも自分と意見のあわない記事を見つけたら無視できずにコメントなどで一方的にまくしたてる人が大人でもいますからそういう意味では、堪え性がない、スルー出来ない、壮大なKY、自分が主役(地軸ちゃん)のいずれかが肥大していじめになるのかもしれませんねえ。

亡くなった方のご冥福をお祈りします。しますけれども、でもね、死んだらだめですよ。
胸張って逃げるべきです。死んだら負けです。

私などは死んだら「復讐できんじゃないか」と思うほど実は執念深いのですよね(汗)。

今いじめられてる人、死なないでくださいね。
まずは誰かに打ちあける。それでも解決しなけりゃ、そんな役に立たない親や先生や友人はほおっておいて逃げなさい。

もう一回。死んだら負けです。
00:52  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

愚痴ですよ、今日は

2012.07.11 (Wed)

こんばんは

今日は火曜日

銀行経由で塾へ。

今日は先週面談した子供が体験に来る予定です。

途中電話があって体験希望。

書面での体験希望も1人(汗)。

チラシもまいてない塾ですし、ほぼ全員が誰かの紹介ですからそれは良いとして、総じて成績が悪い。

正直言って中3のこの時期に成績悪くなって塾に来られても上がる確率は低い。

もちろん上がるは上がるにしても、なまじちょっと上がっても入試で過度の期待をされたりするので良いことばかりではない。

最初は「全然勉強しなかった子供が勉強するようになってうれしい」だけだったのが、「ちょっと点が上がってうれしい」になり「もっと上がらないだろうか?」になり「志望校に合格するかも?」になり「もっと上の学校にうかるかも」になっていく。要は満足のハードルがぐんぐん上がる。良く言えば貪欲になり悪く言えば謙虚さがなくなる。

重要なことは、子供のそれと親のそれには乖離があるということ。まさに親の欲目。さらに成績が上がらないと塾の機能がない訳で…

経済的な事情があるならともかく、そうでないのなら、来るんならもっと早めに来てくれればいいのに、と。

成績を本質的に上げるのが塾だけでは難しいのですよ。
もし「絶対的に、万人が、短期間で」成績上がる塾があれば日本はその塾に支配されるでしょうね。そして短期間で良い訳ですから売り上げも下がるでしょう、多分。

でもまあ塾の先生も飽和状態気味ですし(何しろ学校の先生のように免許がいらないので、「ある意味では」誰でもなれる)、本当に良い塾が残るためにも悪いことではないんでしょうねえ…

でも塾は雨後のタケノコのように出てくるからなあ…

フレッシュな熱い講師が皆さんをお待ちしています!ってな奴に引っかかる生徒にはうちは永久に縁がないしなあ。

しかし今日来た生徒の点数を上げるのは至難の業だなあ、と。

いえね、愚痴です愚痴。
00:27  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

人には言えない秘密

2012.07.10 (Tue)


こんばんは

週明け月曜日

朝方母親から電話。
幸い?お見合いの話ではなく、初盆の話。

で、二度寝してまた寝いった所で父兄から電話…

このパターンはやばい。電話がだらだら続き寝不足になるパターンだ。


結局浅い眠りで必要以上に長い眠りのまま、無理やり起きたのが昼過ぎ。

銀行経由で塾へ。

先週のゲリラ豪雨っぽい天気とは一転良い天気。
このまま梅雨明けか?

夕方飛び込みで夏期講習の資料を取りに父兄が見えた。

成績は…かなりやばいらしい。

っていうか、なぜこんなになるまで放っておくのか?
いや別に高校だけが全てじゃないが、だったらなぜ今頃本気モードに入るのか?
2年半学校に毎日行き続けこの程度だった点数が、夏期講習を受けた程度で変わると思う方がすごい。

塾は塗り薬ではないのです。みんながみんな縫ってすぐ上がる。


と愚痴りたくなるほどの点数(苦笑)。

さて人にはあまり言えない秘密ってのがある。

もちろん夫婦や親子でも、またものすごい親友でもそれはあるでしょう。

秘密を明かせば関係が崩れるものから、何でそんなの秘密にするの?ってのまでまあ様々ですね。

私もあると言えばある。

匿名ブログでも私の名前を知ってる人もいるのでまあかけることと書けないことがある訳ですが(笑)、今日はそのうちの一つをご紹介(秘密のうちでも最もどうでも良いランク)。

皆さんリングプルというのをご存じですよね。

そう缶コーヒーの口の部分の輪っかです。

数年前姪っ子からあれを集めるとワクチンになるので集めろ、と言われた。

私はベルマークなんかはともかくリングプルでそんなご利益があるとは知らないので、全く本気にしなかった。

それどころか疑っていた。

で、つい最近その動きが姪っ子の学校で拡大していると聞き、調べてみると、一応そういうことはあるようだった。ただ、単純に昔銅線を鉄くずとして持っていくとお金になったが(歳がばれるな)、あれと基本は同じで、リングプルを集め、ある組織にもっていくと、そこが再生アルミのリサイクルとして一旦お金に換えてそれをワクチンなどに変えるらしく、途中に組織が入れば入るほど金額が落ちていきそうな話だった。

また、再生アルミなら空き缶回収でもよいのでしょうがかさばるのとアルミ缶とスチール缶の区別が必要だ、と。

ところがリングプルの部分は全てアルミらしいので分別がいらないとのこと。

尤も、重さがリングプル一個は多分1gにもならず(手元のはがき用の秤では3個で1g)、ワクチンやら車いすのお金にするには尋常ではないほどのリングプルが必要らしい。

そんなわけで、姪や親族に内緒で集め始めている。

画像の通り糸に通しながら集めて結構集めたつもりだが、まだ100gにも届いていない。(約80g)

せめて100g位になったら1本の首飾りのようにして姪っ子に渡そうと思うが、いつになるのか?と。
単純計算で3個で1gとしてあと20gを集めるには60缶。
毎日缶コーヒーと缶ビールを飲んで1カ月、ギリギリお盆に間に合うか?

っていうか暇だな、俺、と(笑)。
00:13  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

夜中の豪雨

2012.07.07 (Sat)

こんばんは

今日は週末金曜日

銀行、郵便局経由で塾へ。

なんだかむしむしする。

曇り空なのに暑い感じがする。

で、案の定授業が終わった夜の10時過ぎ雷を伴った豪雨が、であっという間にやんだ。

でも雷はまだなっています。

梅雨明けはまだ先なのかなあ、と。それとも夏がきた証拠か?

塾の方は中1のみの授業日

今度の日曜日、体験希望の生徒が一人来る予定です。
ラッキーなことに層の薄い中1です。

ただボリュームの多い中3が抜けるまでに中3の人数分を補てんしないといけませんからまだ勝負は続きます。

この雷は…塾の…将来を…(悲観的:笑、えたらいいなあ)

週末はお休みです。
00:09  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

忘れ物

2012.07.06 (Fri)

こんばんは

今日は木曜日。
今週末は七夕です。

七夕と言えば、子供の頃から学校を除き自分で笹の葉に短冊でお願いを書いたりしたことがありません。

お願いが無かったから未だ独身なのか?と思いながら(かなり重症:笑)、おり姫星と彦星のエピソードがなぜ「みんなの願いごと叶えます」になるのか、この歳になるまで全く意味不明なのですが、まあ調べる気もないのでパス(笑)。

願いは自分で適えるものだぜ!なんてロックテイスト満載なことを言ってみたりする今日この頃です。

塾ではわすれものについて、大爆発。

筆箱、宿題、テキスト。
まるで息をするかのように忘れる生徒がいて、お前何食ったらそんなに忘れるのか?ミョウガか?ミョウガのせいなのか?などと(それは言ってない)、徹底糾弾。

言わなきゃ分らない人は言っても分らない。
人間そうそう変わるものではない、と、分ってはいても、ここまで忘れるとほおっておく訳にもいかない訳で。第一それ(指導)でお給料をもらってる側面もある訳で。


私は忘れ物は少なかったと思います。
先生から怒られたことやビンタされたことはある訳ですが、それはうるさかったり、テストの点が悪かったからだったりであり、宿題忘れとかはないですねえ。

第一宿題を「忘れる」ってありえないですもん。出るの分ってるし。
私は謝るのが嫌いなので(笑)、こんなこと(たかが宿題忘れ)で謝るの嫌いなんです。


それにしても、わざわざ塾に来といて宿題忘れるってのも…

そんなに勉強嫌なら高校行かなきゃいいのに…
00:55  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

暗記の方法

2012.07.05 (Thu)

こんばんは

今日は水曜日

梅雨まだ開けず、はっきりしない天気です。

バイトの先生が来て、夏休みのスケジュールをもらう。
うちで3人の先生がいますが、これがまた見事にばらばら。

どうすんの?これ。

まあ元は私とバイト一人で始めた塾だからなあ、いいかあ、と。


夜になって授業。
社会の小テストの点が良くない。
ってか、中2になって日本の県の名前全部書けないとか…

さすがにダメでしょ、とは思うけれども、問題はこれを覚えさせる方法。
要は暗記の方法です。

昔なら単語帳とか単語カードとかに書いて通学途中で暗記ってことでしょうが、最近は車の通行量が多いしなあ。

その後いわゆるチェックペン&チェックシートが登場します。

さらには最近なら携帯ゲーム機でも暗記もできますが。

でもやはり王道は書いて覚えるのが一番ではないかと思うんですよね。

生徒がいくらダメな人でも、いくら時代が変わっても、書いて、暗記し、チェックし、覚えてないのをまた暗記。
これを繰り返すのが最短ではないかと。

ただ、毎回一からだときついでしょうから、覚えたものは外していく。

そうするとどんどん減っていく。

宿題が減るとやる気がわくように、暗記もゴールを決めるのがよいかなあ、と。

でも最近の子供は暗記道具が多すぎて、結局眺めてるだけってことが多いんですよね。

眺めて覚えるほど頭良くね~だろ、と(笑)。
00:37  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

最近思い出すこと

2012.07.04 (Wed)

こんばんは

今日は火曜日。
銀行経由で塾へ。

梅雨が明けたかと思いきや、九州地方を中心に大雨。
今年は梅雨が長いですね。

幸いというか、私の地域では小雨でしたが。

被害にあわれてた方お見舞い申し上げます。


今日は小ネタです。

最近ネットの広告で京楽の新台CR機ウルトラマンタロウを良く見ます。
リアルタイムの放送が1973年の4月から1年間ですから、私も世代なんです。
正確にはその前の前の帰ってきたウルトラマンからほぼ毎回見てました。

主人公の東光太郎役の篠田三郎さんはイケメンでそれ以降バリバリ出てきた俳優さん。しかも大好きな仕事人にも仕事人役で出てました。(私の基準はそればっか:笑)

ウルトラマンタロウで何を思い出すかというと沙羅パパさんのことです。
沙羅パパさんにはたくさんのコメントをいただきまして、沙羅パパさんの得意分野の特撮についてもたくさん教えていただきました。中でもウルトラマンは私も見ていたこともあり交流の共通項だったのですが、沙羅パパさんの口癖がウルトラマンタロウ以前と以降の脚本の変化でした。
以前の特に初代ウルトラマンからセブン、帰ってきたウルトラマンまでのいわゆる硬派路線に比べて、タロウ以降は子供に照準を合わせたためか少し違和感を持たれてたようです。ほかならぬ私も、タロウは小学校高学年でしたが小学館の漫画雑誌などの付録に急に出だしたので違和感がありました。

今時々セブンや帰ってきたウルトラマンの動画を見るんですが、テーマが重い物が結構あり、大人でも十分面白い物です。ただ正義ものというのは子供がターゲットであることも事実なので、当時のスタッフが一種のメディアミックスとして宣伝し脚本もそれにのせたのかもしれえません。

沙羅パパさんのコメントでも何回かタロウの世間的な高評価に辛口でした。

今パチンコのタロウのコマーシャルを見るたびに、沙羅パパさんのことを思い出します。

もうホールには出てるようですが、スペックがスペックなんで…パスかな(笑)。

京楽のMAX機はウルトラマンまでは何とかなってましたがそれ以降メタメタですので…

あの確率、引けそうにありません。

ミドルの仕事人でも手いっぱいですから(汗)。
00:38  |  パチンコ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

税金とは

2012.07.03 (Tue)

こんばんは

今日は週明け月曜日

塾の前に今日は月に一度の通院日。
県立の病院に朝9時30分から受け付け。

朝一で採血、そして今回お願いして検査してもらった腰のために整形外科へ。
レントゲンをとり見てもらったところ、特に以上も無く、ヘルニアでもないとのこと。
就寝時の腰の痛みは不明ながら一安心。
ただ体が尋常ではないほどかたいらしい(苦笑)。
柔軟体操を勧められました…

お次は皮膚科。
どうも進捗状況が良くないようで薬を二倍にしてみるとのこと。
ただしステロイド系の薬なので太る可能性があるため、食事の管理をきちんとすること。

そして内科へ。
朝、採血した血液検査を見せてもらいました。可もなく不可もなく。
体重はピーク時から3kg減ったものの数値は普通。

さてさてどうしようかと。

で、終わってみるとちょうど昼ごろ。

結局4時間ほどかかりました。


病院の待合室のTVで、例の方々が離党すると。

まあ仕方ないでしょうな。

政治家が「嘘をつくの、つかないの」ってのは今に始まったことではない訳で、仮にあの法案が通らなかったからと言って、早晩消費税はあがる訳です。
たかだか1年消費税が上げるのをあの人たちの「おかげで」止めたからと言って、それがどうなるのか?
別にありがたいとも思わないし、国民の生活云々言うのなら、消費税0にしてほしいくらいです(苦笑)。

5なら良くて、10ならだめと「言うこと」が国民のためである筈がない。

ぶっちゃけ、所得税などを全て廃止して全て消費税にしてほしいくらいです。税率は50%でも100%でも構わないですよ。もし税金が全て消費税になれば、私には「消費しない自由」により堂々と「納税を避けることができる」。確定申告も無くなるし良い事だらけ。

今上げなくても、という意見もありますが、ではいつ上げればいいのか?

役人や行政の無駄遣いをなくしてから?
一部の役人は何をどうやっても無駄遣いする生き物だと思っているし、無駄遣いをなくしたかどうかを「誰が判定するのか」。また少なくとも戦後、税金の無駄遣いが0になったことなど1度でもあったのか?役人や政治家の質など終戦時よりも上がった様子もない。そうこうしているうちに、年金や医療、福祉のお金は増え、芸人やその家族は生活保護を加速し(皮肉ですよ当然)、一般論として財政は圧迫されつづける。
こんなことをいうと、「お前はそんなに税金を払いたいのか?」「財務省の犬か?」と、どこかで聞きかじったご意見を言う人がおります。
先ほど言ったように私見としては、あの政治家や役人に流れる可能性のある税金は1円たりとて払いたくありません。ですが私は日本人です。(一部の傲慢な日本人はともかく)日本が好きである以上税金を払う義務があります。だから決められたものは払うだけです。そこに変な右巻きや左巻きの思想はありません。

ただ、生活保護を受けている人ももう少し国のためを思って謙虚になるべきでは?と思います。
国が苦しい時くらいは、現物給付に協力するとか、減額を自分達から提案するとか。1年単位の更新性にするとか。

「ああ、あの人はかわいそうなんだよね。だから皆で加勢しようよ」

生活保護は本来そういう意思を国が変わってお金にしてきたのではないか?と思います。(まあご異論は認めます)
よってお互いが「ずるい」VS「貰わな損」で対立するような生活保護の在り方は果たしてどうなのかなあ、と。

よくTVのコメンテーターがこう言うきれいごとを言います。
「(生保は)本当に必要な人には行くべきですが…」と。

では「本当に必要かどうか」に一般的基準があるか?と言えば違いますね。

仕分け作業でいみじくも出てきた税金の周辺にいる人々。それは実は政治家や役人だけではなく、学者もいました。スポーツ選手もいました。古典芸能に携わる人もいました。
今、日本は様々な意味で大変な時期です。
今こそ、そう「税金を上げようとする今こそ」、「税金を使う側」のメンタリティについても考えるときでは無いでしょうかね?

血税なんですし。それは言葉の上でも、本質的な意味でも。

今日離党した方には幸あれとは思いますが、仮にあの人たちの奮闘で政権が倒れても、また再度政権交代があっても、それが政争としてあの人たちの運命にどのような結果になっても、私たち国民は淡々と明日の生活をしていくしかないのです。仕事もあるし、電車も走る。何も変わらない日々が続く。

ただ、今から約20年前の1994年、細川内閣の折、3%だった消費税を唐突に2倍以上の7%に「国民福祉税」として上げようとし、とん挫したことがありました。その時「増税目的」の糸を引いていたのは今回「増税反対」と唱えた小沢さんだったことは広く知られています。時代と目的が違うとはいえここまで立ち位置が逆になるとは、政治とは複雑なものですね。まあ政治が、というより人間が、またはあの方が「複雑なのかもしれません」。(笑)

とにかく、税金は「きちんと」使いましょう。それができていれば国民は「きちんと」払うものですよ。
01:49  |  ニュース  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |