07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

夏期講習後半、まとめてUP(後篇)

2013.08.31 (Sat)

まとめて、と言いながら間が空いてしまいました。
夏期講習が今日で終わりました。
今日は補習日でしたが、面談一件。
夏期講習から参加した生徒、1人不安でしたが結局全員入会が確定しました。また夏期講習休んでいて不安だった(と言うより半ばあきらめてた)生徒の父兄から二学期はいつから言ったらよいのか?という確認の電話が。
明日か明後日電話する予定でしたが拍子抜けでした。(でも未だに疑心暗鬼。なのはなぜだろう…)

総じて体調面以外はまずまず100点満点でいえば60点でしょうか。
マイナスは体調面20点
営業面10点(売上ダウン)
バイトの管理面10点

まあそんなわけでどうにか本日夏期講習を終えました。


さて、体調面ですが、お盆の間どえらい痛むもんで21日(学校の登校日)に例の病院へ。

症状を先生に話す。

その日は下半身の動脈、静脈のエコー検査で状態を調べる。
以前県立病院でも調べたが異常なしだった。でも1年前と言うことで変わってるかもしれない。

結果、異常なし、ただし痛む部分に水がたまっているそうです。

通常はこれほどの痛みは少ないそうですが、私は不運にも皮膚病を同時に併発していて、皮膚が硬化している所に水がたまっているので痛みがひどいのではないか?と。

結局薬を4種類貰いました。

これで内科系の薬4つ/1日
皮膚科系の薬2つ/1日
で、この痛み(形成外科系)で薬5つ×2/1日(痛みどめ含む)

なんと薬は16個/1日

ひどいのは朝食後で16個中11個

薬だけで腹いっぱいかよ!


現状小康状態ですが、痛み止めがきいているのか、少し和らいでいます。

やはり手術は不可避の状況です。


人生真っ暗かよっ(さま~ずの三村風)


明日から3日ほどお休みをいただきます、って今まで散々休んでますけど(滝汗)。
スポンサーサイト
21:27  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

夏期講習後半、まとめてUP(前篇)

2013.08.26 (Mon)


こんばんは

いや~、連日暑いですね。
皆さんご無事でしょうか?
この原稿を書いている本日(26日)、というより前日から少しまとまった雨が降っていまして、今朝がたなどは寒かったほどです。久しぶりですエアコンなしで寝て汗をそれほどかかなかったのは…

さて、前回の更新から約二週間。

とりあえずお盆ですね。
いつも通りの帰省でしたが今回は同窓会の裏幹事がある。
いつものようにお盆の初日は飲んだくれて寝る。
翌日は恐怖の地区ソフトボール大会
朝8時過ぎにグラウンドに行くと結構集まっている。
すでに足が痛み始めている私はキャッチャーなどができない。
さらにはゴロをとるためにしゃがむこともできない。

結果エラーしまくるという(笑)。

もう死ぬんじゃないかという感じで灼熱の太陽の下1時間ソフトボール。
そこで代表の人から「じゃあこの辺で…」

良かった終わりかあああ


「休憩しよう」

ずこっ(吉本新喜劇)

でも足が痛いのでこけられない。

グラウンドの隅の方の日陰の用水路の網の上で完全ダウン

でも用水路の上なので涼しかったっす。

で、10分ほど求刑じゃない休憩した後、さらに1時間のソフトボール

足の痛みはピークに。

もう小走りもきつい状態

ようやく10時過ぎに終了

その後は懇親会と言う名の飲み会

ただし今日はその後同窓会があるのでビール1缶だけ。でもそのビールが旨かった…


さて2時間ほどの懇親会で足が少し復活した。

なぜそこまでして毎年地区のソフトボール大会に出るのか?

やはり「つなぎとめておきたい」ってのが大きい。

今や地区にいない自分にとって、もし、塾をたたんで実家に帰ることになったら、確実にこの地区の人たちの世話になる。

しかも母は実家に一人で住んでいる。
このままでは「ほりまさ家」がすたれてしまうようで、一所懸命がんばってます。


さて、飲み会の後、いつもは夜に行くはずの親せき廻り。
母の実家とその親せき。いつもお世話になってます。

さすがに今日はお酒も飲めず(また勧められもせず)2時間ほどで終了。

家に帰り服を着替え同窓会の会場へ。

35年ぶりの再会です。

出席者は生徒8人、先生2人
8人とはいうが、生徒数13人のうちの8人。
さらにはそのうち3人は連絡先が不明(すでに実家に人がいないなど)。
よって10人中8人なので出席率80%(笑)。

私は親戚が多いこともあって結構ひんぱんに会っている方だと思う。

今回の主役(前回辺りのブログで紹介)の人とは35年ぶり
あとは男性一人は中学以来なので32年ぶり

それ以外とは5年以内に最低会ってる(汗)。

それでも一同に会すのは久しぶり。

気合いを入れて塾のコピー機使って横断幕をつくる。
さらには同窓会のしおりも作成。

会場へ行って会計をやって裏の幹事の仕事は終了。

後は表の幹事の人が司会進行をやってくれる。

同窓会はつつがなく終了

さらには二次会ということで親戚の家で飲み直し
先生を除き、皆出席。

大変盛り上がる。

それは良いけど、この辺りから足の痛みが尋常ではなくなってくる。

座ってもだめ、寝てもダメ、尋常ではないふくらはぎの痛み。


ここでどういう痛みなのか説明します。
ふくらはぎの裏側に水がたまっているのですが、通常の場合そんなに痛くないそうなのですが、私の場合運悪く皮膚病と合体したため皮膚がカチンカチンの所へ水がたまっているため、痛みが増すそうです(by医者)。
つねられるような、足がずっとつってるような、こむら返りが続いてるようなそんな痛みです。

二次会の最中我慢できず隣の部屋の固いソファーというよりベンチで寝ていましたが一向に痛みが取れず寝がえりばかりうっていました。その間同級生たちは会話に華が咲いてました。っていうか良く話すことあるなあ、と(苦笑)。

続きはまた明日。
画像は同窓会の横断幕でサイズを失敗した奴(笑)。
21:08  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

久しぶりの更新ですが、重大情報発表!

2013.08.08 (Thu)

こんばんは。
前回更新が7月23日でしたから、丸々二週間ぶりですね。
この間になんだか本当にいろいろありました。
体のことも含めて…


まずは夏期講習の方は特に変化も無いまま、日々の辛さだけ年齢分加算していますが(汗)。

さすがに朝は起きられるようになりました。
ただ、今年からよせばいいのに夜9時までやることにしたため、体のきつさが倍増したのと、人件費がアップしたのが予定外。生徒の人数は減ってるのに必要経費増えるとかどんだけMなんだ、と。

さて、それ以外は35年ぶりの同窓会は私が裏幹事(電話連絡、会場予約など)、親戚でもある同級生が表幹事としてどうにか恰好がつきました。

あとは会計の仕事くらいですかね。

さて問題は体の方です。

これがやばい感じになってきました。

まずは先日の記事のMRI検査から。
MRIで脳の検査ってのを私は初めて受けたのですが、耳栓してても「がががが、ごごごご」とうるさいんですねえ。で、自分の脳や脳の血管を立体的に見ました。

検査は異常なし。血管も異常なし。時々起こる頭のしびれの原因は不明ですが、とりあえず一安心。

が、しかし、いつもの足の皮膚病の診察で新展開。
県病の先生に足の痛みのことを伝えて、世間で言うリンパマッサージを受けてみて良いか?と聴くと
「う~ん、そうですねえ、リンパの異常かもしれませんね。静脈の異常はなかったので…」と言い、「S病院の先生で九州でもリンパの手術で有名な先生がいますから、そこにかかってみますか?紹介状書きますから。」と。

しゅ、手術?

第一、県病ってのは県で一番大きな病院です。(一応、自県には国立病院、大学病院もありますが)その先生が他の病院の先生に紹介する、と。

おれ、死ぬの?もうダメなの?

そうは言っても足の痛みを何とかしないといけません。

で、お願いしますと紹介状を受け取ったのが前回の更新の翌日。

でも講習会中はそうそう時間も取れない。
で、ちょうど8月の2日が補習日だったのでバイトの先生に頼んで、行こうとすると、肝心の病院の先生が手術で検査できないと。

で、6日の広島の原爆の日は学校の平和授業で登校日なので塾は休みになる。そこに予約をとって、紹介状持ってS病院へ。
6階建て位の結構大きな病院です。

形成外科へ通されて簡単な問診のあと点滴、血液検査。その後リンパの蛍光検査(感動しました、足に注射した蛍光液?がリンパ管を通っていくのが見えるんですよ)。

結果:リンパの液が漏れている。いわゆる「リンパ浮腫」という病気らしい。女性に多いらしい。
最初「リンパ腫」と聴こえたので本当に死ぬのか?と思った(苦笑)。

で、手術ですかねえ、と。
一応手術しなくてもいけるケースもあるらしいが手術の方が短い期間でかつ効果は高いらしい。水を抜くだけではなくリンパ管を静脈につなぐ手術らしい。


嗚呼、自営業のかなしさ。
どうしよう。

医療保険には入ってるので一週間程度の入院でも何とかなる(ちなみに高額医療制度を利用できるので上限が決まっているらしい)。ただ費用よりも入院すれば塾を開けないというのがネックだ。とはいえ手術しなければ直らないし悪化する(悪化してぶくぶくになった足の写真を見せられる。写真を見たい人は「リンパ浮腫」でクリック!)。

ではするにしても、9月いっぱい手術のスケジュールは詰まってる、と。

年が明けると受験がある。身動きできない。

結論:11月の末に手術、一週間(最大)の入院決定です。


もう嫌だ…

慰めていただけるという奇特な方は、無事を祈っててください(苦笑)。

皆さまが健康でありますように…


追伸)お盆に毎年やってる地区のソフトボール大会。死ぬかもな(爆)。
23:00  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。