羽根物天国 セカンドシーズン 第二夜 上 

こんばんは

今日は週明け月曜日。

銀行経由で塾へ行く前にPCショップへ。
実は私のパソコンのハードディスク、もうパンパンです。
正確に言うと二つに分かれているCドライブとDドライブのうち優先的に使われるCドライブが40G(ギガ)のうち残りがほとんどない状態になってまして。
もちろん自分の作った様々なデータや写真は抜いた上でです。
こうなるとどれを消去していいか素人では分らない。

数件のPCショップに電話連絡するとまあいろんなアドバイスを。中にはウィルス説まで飛び出して。
結局PCを買った所にもっていくことに。とっくに保障期間は切れていますので、有料覚悟。

見積もりは無料。
20分ほど待ったあげく、圧迫しているファイルは分ったものの、それは削除できないもので、結局仕方が無いという結論に。
改善策は二つ。
一つはハードドライブをもっと大きい新品のものに変えて、データを全て入れ直す。これ全ての作業が30000円。
思ったよりは高くはない。でも30000円ってのは微妙な金額。
今はPC結構安いので新品でも4~50000出せばある時代。

迷った挙句にパス。

もう一つはパーテーション?とかいうやり方。
あまり使っていないDドライブとパンパンのCドライブの間の仕切りをDドライブ寄りにするというか、要はDドライブからCドライブに移動するというか。まあ有効活用。でも全体のギガ数は変わってない訳です。

値段は6300円。

まあとりあえず、と言うことでそれを採用。
それが出来上がるのが今日。
そんなわけで町の中心部のPCショップへ受け取りに。

塾について進路面談を1件。

夜になって中3生の授業。

来週にかけて中間テストでありながら、週末に模擬試験が控えてます。
頑張れ、受験生。

後半はいつもの企画。

more...

広島 CS おめでとう! 

こんばんは

ついに、広島が16年ぶりのAクラスとなることが確定しました!

CSはさすがに阪神ですし、甲子園ですし、まあ難しいでしょうが、爪痕を残してほしい。
後半投打がかみ合ってきたので、できれば5割以上でCSにいってほしいですね。

今日は家に帰ってモロきゅうと豆腐とチュウハイのダイエット酒宴をやります。

ある意味楽天の優勝よりすごいと思います!

ああ、今日は先日完成し送付した同窓会の写真集が到着したらしく、その反応の電話やメールが数件ありました。

頑張った甲斐があったな、と。

世間との温度差、2連発 

こんばんは

今日は火曜日

9月は知らない間に3連休が2週あったんですね。
私は二週とも土曜だけのいつもの休みのみ。

何しろこう月曜休みが多いと同じ月謝いただいても月曜日が授業だと損に思えてくるでしょうからね。

世間の連休ムードを横目で見ながらいつもと同じような生活をやってました。

横目で見ながらと言えば、世間では結構ニュースになってるのにブログに出てこないことが2つありました。

まあいくらへそ曲がりブログでも1回ぐらいは触れておこうと。

まずは東京オリンピック
私は思考的にオリンピック反対の人間ではありません。興味は正直ない方ですが(一応陸上だけは好きなので見るが、録画してまで見るのはマラソンのみ)、それでもそれで日本のどこかで誰かが喜ぶのなら、まあやればいいではないか?と思う方です。

でも東京はいただけません。
理由は二つ。
一つは単純に東北、あるいは宮城でやってほしかった。そうすればあと数年ある訳ですから合理的にインフラなどの復興ができる。確かに先日のフランスの風刺漫画のように残念ですが福島には未だ不安のある外国人もいるでしょう。でもせめて宮城、岩手、青森あたりで東北オリンピックとなれば、また最悪県単位なら宮城オリンピックなら、大賛成でした。それが東京。一応震災もテーマに入れてるようですが、現実どれほど東北が潤うかは疑問です。まあ東京が五輪後「多額」の寄付でもすれば話は別です。ああ、もちろん立候補がそんな短期間で出来ないことや前回から東京は立候補してることは知ってますよ。その上で「東北」でなかったことが残念、というより無念です。
二つ目。
御承知の通り、1964年ですか、東京五輪が開幕されました。戦争でダメになった幻の五輪を除けば初めての日本での夏季五輪です。それからおよそ50年で(実施は56年)二回目の東京。
前回は私の生前ですが話を聴くだけでも日本全体が初めての五輪を祝うムードだったらしいですね。
自国で五輪はそうそうありません。仮に日本が50年くらいで一回とすると、次の50年後も東京と言うことになるんでは?東京が嫌いなわけではありません。でもこのままじゃ日本での五輪=東京になるんじゃないか、と。
50年後また東京の都知事が、半世紀ぶりの東京招致ってことで躍起になるんでは?と。

正直九州でなくても良いから、二回目は別の所でやってほしかった。

マラソン以外多分見ないので、(眺める程度はあるかもね)TVにかじりつくってことはないでしょうが、東京での開催でも盛り上がらない奴は非国民っていわれるんだったら、まあそれでもいいです。

次、今日のヤフーニュース。
ドラマ半沢直樹ってのが高視聴率だったとか。
私の日曜日は将棋、囲碁、サザエさん、鉄腕ダッシュ以上で終わりなので、1秒も見てないのですが(録画もなし)、多分面白いんでしょうね。見ればね。
家政婦のミタ?でしたっけ?あれも1秒も見ていない。

思えば相棒以外のドラマは見ていない。
ああ、もうすぐ科捜研の女が始まったら録画で見ます。

見てないので感想はない。
ただ、TBSが息を吹き返したようで何よりです。

昔ドラマ特にホームドラマはTBSだった。
ありがとう、肝っ玉母さんの木曜日、寺内貫太郎一家の水曜日
時代劇もTBSの水戸黄門、大岡越前の月8枠(そんな言い方はないけど)
学園物も金八先生枠
刑事もキーハンター、GMEN75の土9枠(そんな言い方はないけど)
そして日曜日の東芝日曜劇場

世間はどうだか知らないけれども、TBSのドラマは良く見ていた。

そして今でも動画サイトで見るし、DVD化されてればレンタルなら必ず見る。買ってまでは高いから…

それが今ではどうでしょう。

まあボクも今のTBSの番組は録画してまで見ていないのであれだけど。

ちなみに渡る世間の奴。あれは僕に合わない。
よくありがとうや肝っ玉母さんと同系と見る人もいるが、比べるべきではない。

まあ今回の半沢効果でTBSのドラマが息を吹き返してくれれば結構ですね。

ただ、続編乱発して評価を落としたりしないでほしいですねえ。まあ続編出すでしょうけど。
そこら辺は弁えてほしいけどどうでしょうね。

やっぱこう見るとボクってずれてるなあ、世間と。別に良いけど。

父の万年筆 


こんばんは

今日は週末金曜日

夕方来て見ると勉強部(まあ単なる自習ですが)が一人来ていました。
まあ別に遅刻した訳ではないのですが、学校帰りで即来たようで、来週から入室を早めようと。

今日は銀行と郵便局でちょいちょい払い物を済ませて遅くなった。

貧乏人は広く薄くを地で行く感じですねえ。

消費税増税も良いですがいっそのこと、消費税を50%位にして所得税や他の年金や何かを0にしてほしい。
そしたら堂々と節税ができる。
食品以外は消費しなければ税金払わなくていいし、税金払わなくても脱税じゃなくなるし。
ちびちび3から5、5から8、8から10
行きつく先は15でも財政は苦しいとのたまう。
いやいやいや、そんなに借金したのは誰なのか、と。

宗教から何から税金の構造を作りかえるべきじゃない?

昔インスタントラーメンのCMで、私作る人(女性)、ボク食べる人(男性)ってのがあって、女性団体からクレームが来たらしいけど、それとかぶるなあ

ぼく納める人(国民)、ボク使う人(キャリア、政治家)、ボク分け前もらう人(だれでしょう?)

まあ、連立であれが噛んでるから宗教の税金は触れないな、多分。


夕方先生が一人欠勤で(ドタキャンではない)二つのクラスを一人で見ることになる。

それが終わって、やっと懸案の大仕事、同窓会の写真集が完成する。
あとは配布だけだ。長かった。

さて、引き出しの奥から懐かしいものを発見。
それは万年筆。
父の形見、ってわけではなく、高校に入る時に貰ったもの。
プラチナ製(メーカー名ですよ)のそれほど高くはないと思う。カートリッジタイプ。

少しかすれてきたので随分前(大学時代)使わなくなったもの。

このたび久しぶりに発見し、古いカートリッジを抜き、数日水につけておいて中のインクや塊を出してみた。

そしてネットで調べてプラチナのインクカートリッジを買ってみる。数百円なのに送料なし。良い時代だ。
ヨドバシ・ドット・コム。グッドジョブ。

今日、カートリッジが届く。

恐る恐る付けてみる。

そしてしばらく書いてみる。
最初は昨日つけていた水、そしてだんだん色がついてきて、すぐにインクの色になる。

そして、かすれない。大学時代あれほどストレスだったかすれが全くなくスムーズにインクが出る。

やはり何ごともメンテだな、と。

父の万年筆。っていうか、さすが万年筆。シンプルな物が少なくとも30年以上たっても全く壊れてない。

久しぶりにさらさらと筆記体書いてみたよ。


ほんわかした時間でした。

頭に来ること 

こんばんは

今日は水曜日。
県病の通院日

なんか医者ばっかり行ってる気がする(汗)。

手術の話をかかりつけ医に話す。
血液検査では異常なし。

今年は医療費が尋常じゃなさそう。
自営を始めて9年。
医療費控除と言うものにかかったことが無い。(実は医療費控除は額のハードルが高いし帰ってくるのもその高いハードルとの差額なのでまったくかかるようすもなかった)
所が今年は売り上げは昨年並みかちょっと低いぐらいだが、医療費が尋常ではない。診察はともかく薬がやばい。しかも追い打ちをかけるように手術。

本当に腹立たしい。もちろん僕が勝手に病気になったわけだし100%自分のせいだ。医者も原因が特定できていないので(もう2年近く通ってるのに)、ボクのどこかが悪かった、というわけでもなさそうだが。まああえて言えば運が悪い。
これが腹立たしいことの一つ目。

二つ目は昨日も書いたプロ野球。それもパリーグ。
見ていてイライラする。だから見ない。情報だけだ。でもイライラする。
ひいきのソフトバンク。
いつからこんなに弱くなったのか。
あんなに年俸高いのに。
というか、できて数年のチームに優勝されて悔しくないのだろうか?
そりゃ勿論球団成立時は金をかけない寄せ集めだったが、今は、特に今年はがっつり金を使った。多分強いんだろう。田中のマー君も負けないし、新人の投手も打たれない。
でも気持ちよ気持ち。
いや、選手たちは一所懸命なのはわかる。だが、「ファンである以上」正当な文句はいう権利がある。
ソフトバンク以外もそうだ。
ソフトバンクが弱いんならそこをつぶして西武や日ハムやロッテが行くべきである(オリックスは…)。

これが二つ目


3つ目
生徒の一人の中学が今週「中間テスト」をやる。

はあ?2学期始まったばかりですけど。

っていうか、テスト範囲のほとんどが1学期とかぶってますけど。
っていうか、どことどこの中間ですか?

夏休みの課題テストかよ。


4つ目
最近腹が立ちやすくなった。(涙)


5つ目
夏休みにやった同窓会の写真集。出席者のコメントを募集したのだがそのうちの1人の返信が未だにない。
だから写真集できない。

いっそのことそいつだけ抜いたろか。

6つ目
書きながら自分に腹が立つこと。

7つ目
こんな日は早く帰りたいのに、帰れないこと。


今日だけは誰かに「よしよし」としてほしい。

よしよしと してもくれない 夜長かな   苦行

羽根物天国 セカンドシーズン 第一夜 下 

こんばんは

今日は火曜日
昨日は祝日、世間では3連休。

塾は関係なしということで。

授業は通常通り。

そう言えば台風が大変な被害を残したようで、被害にあわれた方にお見舞い申し上げます。

つい先日まで水不足だった気がしますが、上手く行かない物ですね。

毎日薬を山ほど飲んでるおかげで?足の痛みは減ってきました。これ私信。

何と言うかですね、私はオリンピックなどよりも(言い方が失礼ですがご容赦ください。理由は後で)野球ですよ野球。
パリーグの我が親愛のソフトバンクはあまりのふがいなさにあきれはて、苦手な部類の楽天が優勝するという。
ちなみに昔は好きでした。田尾、野村位まで。寄せ集めの貧乏っぽい球団が好きだったのに(あの寄せ集めで2位になった時はすごく興奮しました)、今は結構お金を使ってメジャーの外人が入って大成功?
でも本当を言うと私はあの星NO監督が嫌いなんです。野村監督の贅沢三昧が話題になりますが、☆NO監督も結構な物。何よりあの忌まわしき北京五輪の結果とその後のあの方の対応。あ~もうダメ。まああの方の、(ケチな)オーナーからお金を引き出させる能力は12球団1かもしれません。まあ私の好きな貧乏路線とは全く合いません。

貧乏と言えばこのブログでかいたことが現実になりました!

広島ですよ。広島。

セリーグはどうせ巨人だろうと思いましたが広島3位!を夢見て4月以降やってまいりました。

まさか中日を上回るとは(まだ分りませんが)。

まさかのCSマジック8!

まあおそらくCSでは最初に当たる阪神に返り討にあうと思いますが(笑)下手すれば前ケンで1勝ぐらいはできるかもしれません。

何故広島か?理由はあの優秀には見えないかもしれませんが、監督が(分る人には分る)。

まさかあの(ケチな)広島がAクラスになる(可能性がある)日が来るなんて…

パリーグのソフトバンクは、もう知りません(怒)。
確かに杉内、ホールトンが巨人に、何してるか分らない和田と少し見る機会がある川崎が大リーグに行き、一気に戦力ダウンしたのが昨年。でもさすがに2年あったんですからもうちょっと何とかならなかったのか、と。
案の定ピッチャーがグダグダ…
年俸高いんだからちゃんとしろ、と。

今年の楽しみは広島だけです。

後半はいつもの企画。

more...

羽根物天国 セカンドシーズン 第二夜 中 

こんばんは

昨日は朝早くから病院だったので睡眠不足だったせいか、今日は少し寝坊気味で目を覚ましました。

朝食代わりにフランスパンを二切れとポテトサラダを食べ、大量の薬を飲む。
正直朝は食べない人間ですが、この薬の中には結構きついものもあるらしく、空腹時はやめといた方が…
と言われたため食べています。

要は薬を飲むための朝食、ってことでしょうか。

さて、銀行経由で塾へ。

とはいえ変わったことも無く誰も来ないので、同窓会の写真集作りをしました。
まあ裏幹事の最後の仕事でしょうかね。

夜になり、勉強部=自習の生徒が2人。
テスト対策の生徒が1人。

そして個別の生徒

中2の通常授業、とまあそれなりにバタバタした一日でした。

明日はお休みです。

後半ではいつもの企画を。

more...

羽根物天国 セカンドシーズン 第二夜 上 

こんばんは

例の如くラジオ人生相談を聴きながらこれを書いています(苦笑)。

ちなみに現在聴いているのは「浮気をしている亭主が、妻から離婚を切り出されて、でも離婚したくない。財産を半分盗られたくない」という(汗笑)

人間のカルマを感じます。怖いです。

さて、今日は診察の日。

痛みは薬のおかげでいくらかは減ったんですが、薬が高い!

保険がきいてるはずで1カ月8000円強!
しかも内科、皮膚科の薬が1カ月で5000円。
つまり薬代14000円弱。保険なしなら42000円!!!!

アメリカなら死んでるな俺…

手術まで二カ月強。

塾の方は中3と中1の日

バイトの先生が来ない…
代わりに国語の授業をやっていると、1時間遅れで先生登場。
生徒がいる前でバタバタしたくないので授業終了後、生徒が帰ってから今日授業に穴をあけたのは
①単純な遅刻(連絡なし)
②授業があるのを忘れていた
③学校などで遅くなった(連絡なし)

まあ①~③どれだってアウトなんですが(笑)。

私も若い頃遅刻がゼロだった訳ではない。
でもそう言う時に上司からきちんと叱られて今がある。

で、聞いたところ②だと。

ダメじゃん…

授業には穴をあけるな。父兄や生徒の信頼を一番なくすのがお金のことと、遅刻欠勤だ、と。

大手だったら減俸だよ、と。

原則ミスは1度は叱って許す
2度目は罰を与えて許す
3度目はアウト(辞めてもらう)

なんだか疲れる一日でした

今日はいつもの企画です

more...

何といことも無く 

こんばんは

今日は水曜日

明日は病院の日なので早く帰らないと。
相変わらず薬の量が尋常ではないですが、足の痛みは小康状態です。痛みどめってすげ~な。

塾の方は変わったことも無く。
「勉強部」はさすがに中3で活発化してます。

反面授業に少し遅れる生徒がいて、大説教。

連絡なしで授業に5分も遅れるのが慢性化すると、癖になる。

叱ったポイントは二つ
・遅れることで授業料を無駄にしている。
・先に来ている人を待たせることもあるので、その人の貴重な時間を無駄にしていること。ひいては真面目に来ている人の受験を邪魔していることになる。

人の心のわからん奴は馬に蹴られて…

ああ、あれは人の恋路を邪魔する奴は、か。


さて帰って早めに寝よう。

人生の正解 

こんばんは

今日は火曜日。
銀行経由で塾へ

気付かないうちに日中は結構すずしくなっていますね。

今日は中2の授業日です。先日から始めた勉強部、どう言うわけか今日は盛況?で5人も来ました。まあ全員三年ですけど。しかも来たのが8時くらいだったのでまだまだですが、まあ意欲は感じます。

さて、最近のマイブーム。
ラジオで毎日やっている人生相談があるんですが、それを某動画サイトで聴けるんですが、それを聞きながら仕事をしてるという(苦笑)。

様々な相談を聴いていて、相談者がスパッと解決する。

ただ私が思うのは、世にどれほどの悩みがあるか?ということと、人生の正解とは?ということです。

相談者の回答はもちろん一例にしかすぎません。当然的を射ている場合もあるし、的外れっぽい場合もある。
ただ、重要なことは質問者が納得していればOK、ということになるのでしょう。

そうなると相談の回答の精度よりも説得力を持つかどうかの方が重要、と言うことになる。


このことは私の仕事にも通用するかも知れない。
もちろん授業でやる問題の答は原則1つしかない。曖昧な答は許されない。

しかも将来の進路(高校、大学、就職など)の正解が1つ決まっているわけではない。

でも私たちは高校の進路指導をする時「人生はいろいろだから自分の自由にして良い」という身も蓋もないことを言うわけにもいかない(笑)。

「先生のご意見は?」と聞かれれば、様々な選択肢の中から何がしかの答えをしなければいけない。

その時に重要なのが何よりも「説得力」だろう。

正確に言うと「相手が選択するかどうかは別にして、相手が納得させる力をもつか?」と言うことだろうか?

進路相談の場合、実際は家庭の中に必要以上に立ち入ってはいけない。特にうちの塾のように中学部門までしかないときは見届けることがなかなかできない。だからうかつなことはいえない。
だからと言って入試には先日来言っているように「家族」「家庭」というパーツが不可欠だからややこしい。

こうして毎日様々な回答者の「くせ」のある(それは良い意味でも悪い意味でも)回答を聴きながら、果たして自分にこれだけ説得力のある回答を生徒に、父兄に渡せていたか?
答は多分ノーだろう。

どちらかと言うと私への信頼感、今までの実績、自塾への紹介者への信頼感に寄りかかっているのだろう。

これから先私が(塾の先生に必要なだけの)言葉の説得力を持てるかどうかは不明です。

私も迷いがあるんでしょう多分。

今度、テレホン相談室に相談してみようかな(汗)。

誰かが傷む入試とは? 

こんばんは

今日は週明け月曜日

昨日の補習日は面談が二件たて続けでどちらもヘビーだったので10時から2時くらいまでしゃべり続けでした。
その前に先日お母さんから退塾の相談があった所から正式に退塾の話が。
以前と同じでお母さんは辞めさせたくない。
でも結論が出ないままやめる方向で、と言うことらしい。

最後まで母子の意見の食い違いが直りませんでした。

話を聞きながら、お母さんが一人でしょいこんでいるようでつらそうに見えました。

母親だけが傷む入試。
やはりおかしいと思います。

入試はやはり家族でやるもの。

母親が一人でおろおろして心を痛め、子供は一人で好きにやる。

入試ってそういうもんではない。

過保護にやるのとは少し違います。

お互いが議論して、説得して、時には喧嘩し、時には泣き、そんな中で一つ決めたら、親はしっかりと見守る。

子供は親の意向をしっかりと背中にしょって、自分の夢を心に持ってしっかりと入試勉強をする。

これが普通じゃないですかねえ。


中3で体験が一人来ました。

それに応じて女子が多くなったので席がえしました。

入試って難しいなあ。

帰ってきた羽根物天国、セカンドシーズン 1-下 

こんばんは

今日は週末金曜日。

昼ごろ転送で電話が入る。
体験希望の電話だが、初めてHPを見てのメールで申し込みをされたらしい。
ただ、メールを送ったのが深夜らしく、私のメールチェック(夕方位)のタイミングと合わなかったらしく、電話をされて来たらしい。
ただ中3なのが今一…

塾に出勤してメールをチェックすると確かに見覚えのない名前でメールが届いている。
一応返信しておく。

その後、月謝袋を書いていたらミスを見つける。父兄あてのお詫びの文を書く。
夕方新聞の集金が来る。大体毎月5日前後だけど、ついこの前払った気がするが、領収の日付を見るとやはり1カ月たっている。

もう9月も1週終わろうとしている所を見ても時間がたつのは早いなあ、と。

あと昨日の記事の「勉強部」。
一人も来ないかと思ったら夕方一人来て夜まで自習してました。

夜は中2の授業。体験も込みで欠席なしでスタートできました。

何とか新学期の一週目は無事にスタートできた感じです。

さて週末はお休みです。後半ではいつもの企画の後篇です。

more...

帰ってきた羽根物天国、セカンドシーズン 1 

こんばんは
最近重い記事が多いので今日は久しぶりのあの企画を。

その前に本日の塾

今日は木曜日

入塾した3年も無事に来て、少し遅刻があったものの二学期最初の授業が始まった。

まあ先日の相談中の3年生の兄弟は来なかったが想定内。

そして授業の冒頭に衝撃発表!

本日より我が塾は部活を始めます。


その名も勉強部。

学校が終わってから塾に来る。

宿題、自習をする。
授業日以外も関係なく自習する

塾で自習すると、①勉強時間が増える②お母さんも安心③家族内でいさかいが減るのでストレス軽減④よって①の自習も効率的になる

さて早速張り紙だ。

さてどれだけ自習に来るか…

more...

入試は誰のものか? 

こんばんは

今日から新学期開始です。
とはいえ昼過ぎに不吉な電話が。

夏期講習欠席した生徒の父兄で先日無事に復帰する予定だった生徒の父兄から。

ご相談したいことがある、と。

パターン的にこのパターンは
80%が退塾(数時に根拠なし)
20%が科目数の相談(成績アップのための策を相談する)


さて塾に行ってみると、定刻に父兄が到着。

結局は前者のパターン。

この場合私は深くは追わない。
夏期講習に別の塾を受講してその塾の方にシンパシーを感じた場合、こちらに分はないし、そもそもそういう隙を与えたこちらが悪い。

お役にたちませんで…と終わるところがどうも話が変。

話を聞くとお母さんは塾を変わることに納得していない。
それどころか、生徒の方も向こうの先生の「二学期からもうちの塾で」という一種の決め台詞でやられた感じがある。

生徒の成績はもともと悪くない。でも夏休みその塾で今一結果が出なかったらしい。
テスト結果も今一で生徒は父兄に理由をつけて釈明してるそうだ。

お母さんが納得していないのはそういう塾や子供への少しづつの不信の積み重ねがあるようだ。

そうなると話は別だ。はいそうですか、と転塾をOKする訳にはいかない。
うちの塾でなくてもいいが、その塾にすることは少し危険がある。

いくら去る者は追わず、と言っても生徒の目の前に落とし穴があるのに、もう塾生じゃないから見て見ぬふりはできない。

その理由1、その塾の先生は夏休み今一だったことを自分の塾の夏期講習の若干の失敗だったと言ったそうだ。
これは潔いように見えて塾の先生、特に管理者にとっては、絶対だめな行為。
確かに全ての生徒が講習会あるいは塾のカリキュラムで上手くいくとは限らない。しかしだからと言って塾に決定的な瑕疵が無いのに、生徒を引きとめるために潔く謝るのはほかの生徒に失礼だし、自分の塾の価値を下げることになる。

その理由2、代表の一つ下の社員がテスト結果を返却する時に表の見方などを教えていない。
受験生にとって模試は大切なもの。ただ田舎の生徒にとって耳慣れない言葉や、判定の意味(A~Dの判定の違い)、個別の正誤表の見方など普通は返却しながら、しかも中3生なら簡単な個別面談でもして目標設定、得点をとるための見方など指導すべきだが、それをしていないのは受験担当者としては致命的である。

その理由3、その代表の一つ下の社員が生徒に「入試は自分のために頑張るんだ。親も関係ない」と言っている。
これが私にとって致命的にダメ。
いや一般的にはそれほど素っ頓狂なことは言っていない。確かに、入試は自分のためにやる「側面も多々ある」。
しかし、親家族を抜きにした入試は私にとって「価値が全くない」
例えば、お姉ちゃんが受験生だとする。
夜十時ごろ、お姉ちゃんは勉強している。弟はゲームをしようとしている。ここでお母さんが「お姉ちゃんが入試勉強しているから夜遅いゲームは我慢しよう。入試が終わるまで。お母さんもTVを見ないようにするから」と言って、弟はゲームを(最初は渋々でも)我慢したとする。

数カ月後姉が高校に受かった時、お母さんが弟にこう言う。「あなたがゲームを我慢したからお姉ちゃんが勉強に集中できた。あなたもこの合格に少しだけでも役に立ったんだ」と。

弟はどう思うだろうか。多分嬉しいのではないだろうか?

ことほど左様に一つの合格が様々なところで喜びの波になり伝わっていく。


要は、私の考える入試。「入試は誰のものか?家族のものである」

入試は確かに孤独な戦いである。だからこそ家族の直接間接の強力が必要なのである。そのことを指導する先生が否定するようなことを言ってはいけない(と自分は思う)。
塾の先生は子供だけ相手をすればいい訳ではない。
親はお金を出すだけの存在ではない。

生徒にしょっちゅう私が言うこと
「親は子供のATMではない」
「親は子供の奴隷ではない」=(子供だからと言って親が何でも言うことを聞くというものではない)
「受験生が偉い訳ではない」=(受験生だからと言って家の仕事をさぼって良い訳ではない)


今お母さんがすべきことは受験生を「見守る」視点を持つことだし、この子供は「受験が家族の物」であることを認識すべきである。

確かに生徒から見て「受験はお前らのものだ!親も家族も関係ないんだ!」という先生にある種引かれるのは分らないものではない。

しかし

人間は木の股から生まれてくる訳ではない

家族あっての自分でしかない。少なくとも同居している間は、あるいは独立するまでの間は、好むと好まざるとにかかわらず親は子に子は親に絡み合いながら家族として行動するしかない。それは様々な事柄が「家族の行事化」せざるを得ないことを意味する。それぞれがそこから逃げることに意味など全くない。

そのことが分っているはずの指導者が
「親なんて関係ないぜえ~」とやることが果たしてどれだけ意味があるのだろう。

無責任だと思う。
そんなことを言いながらどの面下げてお母さんと進路面談ができるのだろう。
そして、その「関係ない」親に何を語るのだろう?

私は言葉の勢いや「やる気」とか「情熱」とか気持ちでやろうとしてる入試が大嫌いである。

「合格したい気持ち」だけで合格するなら全員合格する。だって皆合格したいんだから。




結局お母さんとは2時間ほど話して、その塾に「お母さんが納得」しないのに、一番重要な入試の半年を預けて本当に良いのか?と問いかけて終わりました。その間お母さんが感極まる場面がありましたし、私も涙ぐんでしゃべってました。

でも同時にこうも思いました。こういう塾がはびこる(あえてこう言う言い方をします)ようではますます、私が異端化していくなあ、と。こりゃあますます私の出る幕は無くなるなあ、と。

お母さんは一旦話を持ちかえる形になり、家でもう一度相談することになりました。

まあ退塾は覚悟の上で、一体どうなっていくんだろう、と、ふと思いました。