皆さん良いお年を! 


こんばんは
いよいよ大晦日、今実家から更新です。

天気は大荒れ、夕方みぞれ混じりの天候に変わりました。

強風がハンパなく、ずぶぬれになりながら帰りました

家に帰って飲み会開始

妹家族と弟家族のバトルが始まり、収拾は私



波乱の年の瀬になりました。(笑)


もう寝ます


皆さん良いお年を

いや~、久しぶりの更新ですね 

こんばんは

いよいよ押し詰まった12月29日。

久しぶりの更新ですが、塾の方は冬期講習が始まってまして、これが尋常じゃないほど疲れまして。
午前中4時間半の授業を終えるとぐったりするわけです。

で、それ以降はPC前の事務仕事がせいぜいでブログの更新にはいたりませんでした。
疲れまして、夜はぐっすりです。

前回の更新から起こったことを思い出す限り書いてみましょう。


まずは前回の記事の翌日。
20日(土)。記事にも書いたように立川談春の独演会に出かける。
東京では最もチケットが取れないとうわさされる噺家ですが、やはり大分でも超満員でした。
幸い前回の志の輔さんの時と違って席が前の方で肉眼でも表情が確認できるほどでした。またホールもそれほど大きくなく十分満喫できました。
昔懐かしい立川ボーイズ以来ネット以外では拝見したことはなかったんですが、やはりうまいですね。
志の輔さんは新作でしたが、今回二席はしっかりと古典。志ん生師匠で有名な「替わり目」。
おちにはいくつかあるようですが、いつか動画で見た志ん生のパターンと同じで、のろけて独り言を言っているのを奥さんに見られて照れるという、あれですね。

で、二席目は年末らしく「鼠穴」
これは1時間前後の熱演でした。さまざまな描写で趣向が凝らされ、どうも談春さん自身は出来に納得されてないようでしたが(おちの後のトークで)、十分なものでした。いや多少失敗してもいいので、こういう地方の寄席で実験をどんどんしてほしいとすら思いました。

3時に始まって終わって外に出たらもう真っ暗でした。
クリスマス前の繁華街、あちこちのLED電飾がきれいでした。

翌日の日曜日は関数特訓。
朝から夜まで中3の生徒を対象にして比例・反比例から二乗に比例する関数、また入試レベルの難問まで多い人は百数十枚のプリントをこなし、充実した会でした。

翌日は二学期最終日。欠席はなかったものの中1で冬期講習欠席の生徒が数名出る。
もうめんどくさいから切っちゃおうか、とも思う。
さらには中2の生徒がとある理由で冬期不参加。
それがまたあきれる理由でもう勝手にしろ、というレベル。

本当に最近こんなのが増えた。というか私がそういうのを引き寄せてるのかもなあ、と。

翌日の23日から冬期講習開始。

休みは終業式の24日のみで本日まで。

なんかいろいろありましたが疲れ果てました。

今日昼過ぎにバイトの先生に任せて、銀行へ。

いや~混んでる。

支払いモノを済ませどうにか今年も越せました。
断腸の思いで親戚の子供連中のお年玉も封筒に詰めて、あとはお土産買うだけです。

いや~本当に物入りだ。

ああ、広島に黒田投手が帰ってくるそうで、日本シリーズで広島VSソフトバンク見られるかなあ。


あと一回更新するよう頑張ります。

みなさん、よいお年を!

明日は今年最初で最後のご褒美 

20141220012722655.jpg


こんばんは

今日は金曜日

冬期講習目前です。

テキストを大体作り終え、昨年ミスったテストの発注も済ませました。

明日は二学期最後のお休みです。

実は明日は今年最初でたぶん最後の自分への贅沢の日。

大分には明日某所で落語家の立川談春氏が来て独演会がある。

それを数か月前にCMで見て本能的に注文してしまいました。

落語が小学生のころから大好きで、子供のころはカセットに録音してたくさんの話を覚え、もしボクが集団行動できる人間だったら間違いなく大学時代落研に入っていたであろう私ですが(事実スカウトには来た。たぶん部員不足で、自己紹介欄に落語好きって書いたのを誰かが見たんでしょうが)、こと九州のしかも大分に住んでると有名な落語家さんの話を生で聴くことがない。

一生に一度は大好きだった小さん(先代)や談志、圓楽(先代)を聴いてみたかったと思うものの、今となっては皆亡くなってしまった。

そんな中、東京ではチケットが手に入りにくい落語家で有名な立川流四天王のうちのトップの1人、立川志の輔さんは昨年聴くことが出来た。生で著名な落語家は初めてだったので感激した。
やはり素人の話の旨い人とは全く違う、圧みたいなものを感じた。ちょっとした間や声の大小だけで面白い。弟子の志の輔さんでこれなら談志さんを生で聴いていたらどえらいことになっただろうなあ(もちろんTVやラジオCDでなら何度も聴いたし、CD持ってる)。

そして四天王のもう一人、これも東京ではチケットがとりにくい落語家で有名な立川談春の独演会。もうおそらく一生聞けないだろう独演会に明日行ってきます。

大分で立川流の二人を二年連続で聴けるなんて幸せだ。

今晩眠れるかなあ…

昭和ナイト 昭和のTV番組 

こんばんは

今日は水曜

寒いっすねえ。
でも外の地域の寒さに比べればましなんでしょうね。

昼過ぎ、塾に来る前にとある定食屋に寄るために駐車場に停める

なんか違和感。

フロントガラスにぽちっと

雨?

違いました雪でした。

おきてる間に確認できた初雪です。すぐやみましたけど…

寒いなあ。

塾に来て明かりをつける。

エアコンもつける。
そういえば昨年はエアコン不調でストーブでした。

少し残った灯油があるけど、腐らないだろうか。

さすがに新しいエアコンは壊れないでしょうから、今度実家に持って帰ろうかなあ…

さて今日は伸ばしていた昭和ナイトですが、特別篇です。

more...

もうすぐ冬休み 

こんばんは

今日は火曜日

面談のため早めに塾へ

少し手間取ったものの特に問題なく終了。

そのあと小論文の添削をして夜の授業の準備。

夜は目前に迫った冬期講習に向けて気を引き締めるためのお話。

来週の火曜日から冬休みの講習会です。

そういえば日曜日に飛び込みで体験の電話がありました。とはいえこの時期に中3生。

今のところ更なる電話がないので、どっちにしろ望み薄だろう。

今日は毎週の企画でしたが、ちょっと急用ができましたので、またの機会に。
では!

年賀状 

こんばんは

今日は週明け月曜日

昨日は選挙でしたね。

昨日は塾に行く前に投票を済ませてきまして、某小学校の体育館を出たらすぐに腕章をした男性がいた。
おおっ。これがうわさに聞く出口調査というやつか。
で、華麗にスルー。

まあ結局自民党公明党は現状維持。(自民微減、公明微増でトータルほぼチャラ)
民主党がやや増、でも党首落選。
維新は分裂して本家?の橋下維新は微減、石原維新(次世代)は大敗
生活も大敗、社民は現状維持ですがもはや風前の灯か?
で、共産が大躍進(とはいえ元のベースが低いですが)。

結局大山鳴動してなんとやら。
多額の税金を使って衆院の任期を2年延ばしたのと変わらない感じです。

とはいえ、それらの多くは予測できたこと。

投票率も低く(ってか低すぎじゃないですか?)夜の選挙特番も盛り上がりにかけ、「この投票率の低さはどうにかなりませんかねえ」と司会がいうものの、そのテレビ局の途中でフィギュアスケートの放送を挟んだり、今日の昼のワイドショーも選挙の話題はそこそこに天気の話題や食べ物の話題になってましたし、しらけてたのはマスコミもいっしょじゃねえか、と。

でも選挙には100%は無理でも70~80%は行ってほしいですね。
子供のテストでも及第点ってこれくらいでしょ?

そのうち選挙に行くのは何かの組織に属してる人だけってことになり、当選するのは組織に入ってる人だけってことになりませんかねえ。

うちわを配って大臣やめた人も、ワインや歌舞伎で世間を騒がせた人も結局余裕で当選。

日本では犯罪を犯さない限り当選するんじゃないかって人が多すぎでは?

組織力>親の力>知名度>資質

こんな並びでしょうかね、今は。
でも「そうやって当選しているから」政治家が国民からどう思われているかに政治家が気付くべきでは

これこそまさに大山鳴動して何とかですね。


さて昼過ぎに塾に行く前に金券ショップに行く。

年賀状を買うため。

冷やし中華みたいに「年賀状あります」と張り紙がある。

世間でよく聞くうわさで郵便局員に年賀状のノルマがあり、結構な枚数を買わされて・・・

それが本当か嘘かはわかりませんが、これだけ暑中見舞いも年賀状もほとんどの金券屋に出回るってことはなにがしかのことはあるんでしょう。

1枚あたりにして数円安く買える。

郵便局で買うメリットがほとんどなくなってきています。

ただでさえメールの普及で年賀状を出す人が減っているのに、その下支えをすべく局員に買わせてそれを金券屋に流せば結局正規の金額で売れる枚数が減ってきます。

しかも年賀状なんて普通のはがきと違い時期が来れば価値が下がる。

私見ですが年賀状と紅白歌合戦の視聴率はもはや歴史的役割が変わってきているのだと思います。

枚数が減ってもいいじゃない。
視聴率が減るのも仕方ないでしょ。

枚数低下を避けるために職員にいりもしないはがきを買わせることで起こるこの値下げは(自分が買っておいていうのもあれですが)決して正常な姿ではない、と。

紅白歌合戦だって、昔のようにTVが一家に一台しかなくて、7時からレコード大賞、9時から紅白を一家そろってみるという時代でない以上、視聴率が下がるのは当たり前。むしろ40%以上ある方が奇跡です。
しかもネットもスマホもあるわけですし。

なくせ、と言ってるんではないですよ。
枚数や視聴率で大騒ぎするのはやめた方がいいと思うのです。

どちらも儀式に近いものですから、やりたい人がやればいいのです。

数が多くても少なくてもそれによって大騒ぎするのがおかしいかなあと。

月曜日のいつもの企画は明日やります(多分)

出なくて困る 

こんばんは

今日は週末金曜日

今日は月一の県立病院の日
懸案の自律神経失調症の検査を内科の先生に相談。

モノがモノだけに「はっきりとわからないかもしれませんよ」と釘を刺されるも磁界神経内科に予約を入れてもらう。

それはそうと、今日は数か月に一度の検尿の日。

採血を済ませて、カップをもって採尿室へ

でない・・・

普通はそれなりに出るはずだが、全くでない。

仕方なくあきらめ自販機で水を買い500mlの水を飲みしばし待つ。

出ない…

結局40分でないのであきらめて、受付でその旨を告げる。

なるべく粘ってください、と指示を受け(笑)、診察ぎりぎりまで待ってトイレへ


ほんの少し出ました(お食事中の方すみません)。


こんなに出なかったのは人生初です。


病院を出て、食事をして、薬局に行って塾へ。

夜父兄の一人が冬期講習の友人紹介の話を持ってくる。
捨てる神あればなんとやら…

さて週末は休みましょう。

電飾セット完了 

こんばんは

今日は水曜日

銀行経由で塾へ。
今日は先生たちの給料日。
今年も何とか先生たちへの給料は払うことが出来ました。
当たり前のことですが、業者への払いと先生たちの給料を払い終えて年末を迎えるのがすごくほっとする。

まして給料遅配は倒産の前触れと言われますが、私の場合バイトの先生が卒業生ですから不義理だけはしたくない。

さて銀行から塾へ向かう途中ディスカウントストアで週に一度の食材買い出し。先週牛肉の細切れ。今週は豚コマ。

塾について、トイレ掃除、窓に冬期講座の張り出し、そして年に一度のLED電飾の飾りつけをする。

きらきら光るうちの塾の完成です。

中3の生徒の父兄から冬期講習欠席の電話が入り売上減に泣きそうになる。

今日は料理をしながら泣こうかな(涙)。

面談を忘れられる 

こんばんは

今日は火曜日

中1の生徒の父兄の面談が入っていたので2時前に塾へ。

待てど暮らせど来ない。
このパターンは面談を忘れられてる。

とはいえ家に電話をするのも催促がましい。

で、夜になったらかけてみようと思ったら夕方お母さんより電話が入る。

完全に忘れたわけではないようで一安心。
来週に持ち越しとなりました

夜は中3に冬の連絡物配布。

あとは母から電話があったくらい。

いつもより1時間ほど起きるのが早かったせいで眠いので帰ります。

昭和ナイト、音楽編「70~80年代の100曲」⑩ 

こんばんは

寒いですね。

あちこちで雪の被害が出て、お亡くなりになった方も出ております。ご冥福をお祈りするとともに、被害を受けた方にお見舞い申し上げます。

私の実家は九州の…もう明かしてもいいかな(苦笑)、大分県の某ド田舎でして。

山のてっぺん付近に3件ほどの小さい集落があるうちの一軒です。
なぜこんなところに、というくらいの場所です。ちなみに父が他界した時に金目のものはすべて母が、土地は私が相続することになりましたが、世の中でよく聞く兄弟間での相続トラブル、これが全く起きず、私が土地を相続すると決まった時ダチョウ倶楽部のネタよろしく、弟妹その家族からは「どうぞどうぞ」といった塩梅でした(汗)。

そりゃあそうです、税金は払うことになるわ、売ろうにも売れないわ、売っても安いわ(ブロックによっては110円の場所もある。坪じゃないですよ。その区画全部で)

そんな山のてっぺんですがいいことが全くないわけでもない。
まずは景色。すぐ前に池があるのですがこれに天然の蓮が咲いていて毎年きれいな花が咲きます。
山の風景は新緑、紅葉とまさに絶景です。

で、反面悪いこともある。
九州なのに雪が降り、山の上の集落なので雪が降ると陸の孤島になること。

しかも微妙な深さで降るのでたちが悪い。

年に数回起こることなので母が一人になって停電にでもなったらやばいんですよ、本当に。

さて、塾のほうは週明け、変わったこともなく、電話もなく、冬期講習の準備を着々と。

で、夜はとある生徒の父兄と立ち話。すぐすむつもりが意外と長くなりました。塾の入り口でしたものだから、バイトの先生が帰れなくなってました(汗)。

さて、月曜日は恒例?でもないいつもの企画。音楽に興味のある方だけ続きをどうぞ。

more...

どこまで上げればいいのかなあ。 

こんばんは
昨日は週に1度の自炊調理の日でしたから、ちょっと更新できませんでした。

12時前に塾を出て、24時間開いてるのスーパーに行き、食材を購入。

帰ったのが12時半。

買い込んだのが、ニンジン、ジャガイモ、玉ねぎ、きゅうり、乾燥わかめ、肉、キャベツ、食パンなど。

で、家に帰って早速調理開始。
いつものわかめ、きゅうりの酢の物、ポテトサラダ、キャベツとリンゴのサラダ、カレーの5品を数日分。

終わったのが3時半。やはり煮込む料理があると時間がかかりますね。

二三日は大丈夫だろう。

それはそうと乾燥わかめってのは大体150円くらいなんですが、昨日気付いたのが原産地が中国だったこと。メーカーは日本製。

こんなに海に囲まれた国なのに。

で、ふと目線を上げると日本産が置いてある。それが100円ほど高い。
なんか複雑です。

一応国産のほうを買いましたが確かに国産のほうが肉厚。

でも割り切れません。

円安で食品だけ値段が上がって、車なんかのメーカーだけ残って、国内は裕福層と貧困層に分離して、大衆車は売れなくなり、自動車メーカーは輸出と国内高級車だけで成りたつようになる。
外国の安い食品に対抗して、国内も大規模農家を国が補助するようになり、田舎の段々畑のような田んぼはどんどん荒れていく。

田舎から都会に人口が移動し、国内は正社員の比率が落ちていき、高齢化も進む。社会保障費は上がるのに社会保障自体の水準は下降する。

いや~暗い想像を始めると止まりません(苦笑)。

でもこれらがすべて外れるとも思えません。

今回の選挙でぜひ誰でもいいから聞きたいことがある。
消費税を10%にしないと社会保障費がどうのこうの言ってる人がいました。A元総理もそうですが。
でも8%から10%にするよりも、5%から8%にした方が上げ率は大きいはず。もともと消費増税した分は社会保障に使うといってたはず。ということはこのたびの増税で社会保障費は楽になったはず。

まあ実際は増えた分の税収はまだ国に入ってないでしょうが。

でももし増税により消費が減って税収が減ったのでうまくいかなかったのなら、今度10%に上げても同じことのはず。


もういい加減に小出しにあげるのはやめるべきでは?

きちんと国が成り立つ税率を国民に提示して、その代り無駄遣いをしたり税金を不正に使ったりしたら、終身刑ぐらいの罪にする方が健全化すると思うんですが。

税金がたとえ20%であろうが30%であろうが、国民が行政や政治家を信用し、国が国民にきちんと老後までの暮らしを提示するのなら、文句は少ないはず。
また逆に社会保障をほとんど面倒見ない小さい政府で行くのなら税金は上げるべきではありません。
議員も組織も公務員も小さい政府ならそんなにいらないし。

政治家のみなさんはこう言ってほしい。

国民のみなさんのご協力で8%になり、これだけ社会保障費が潤う予定です。それでもまだ足りませんのでゆくゆくは10%にさせていただきたい、そうすれは社会保障の問題はこれだけ片付きます、と。

今の政治家の人たちは、「足りない、足りない」とお小遣いばかりをねだるバカ息子と同じではないかと思います。でも小遣いをあげたところで、またしばらくして足りない足りない、と言い出して、その裏でその上げたお金はろくでもないことに使われている
お気を悪くされたらすみませんが、正直な私の感想です。

週末は休みます。

師走に入って早くも3日目 

こんばんは

今日は水曜日

銀行経由で塾へ

毎年年末に通帳の残高を見て嫌になるが、なんとなく年が越せている。
いい年のおっさんが借金なしで年を越すだけでいいのか?とも思うが、まあ借金まみれで越したり生活保護で越すよりはまだましか、とも思う。まあ考えだしたらきりがない。

昨日今日と九州は寒い。

昨日とうとう家のエアコンの暖房を入れた。

塾のエアコンは半月前に暖房運転してる。


インフルエンザも流行ってる。

今日はロケットも打ちあがった。

選挙も始まった

うるさい

とはいえ、急な解散だったためか立候補者が3人しかいないので一日一回ぐらいしか音が聞こえない。


総選挙 景気がいいのは 議員だけ

結構うまいな。


夜は中3の社会の授業。

ちょうどいいので私の投票用紙(というかはがき)を見せながら、選挙の仕方と国民審査のことを教えた。

入試の範囲でもあるのでちょうどいいな。


夜、中3の面談。

明日が三者面談なのでその前の打合せという感じ。


終わったのは11時まえ。

ぐったり。

帰る

悪い予感は当たるものでもミクロな良いこともある 

こんばんは

昨日は更新をさぼってしまいました。

理由はタイトルの通りです。

前回の記事で書いたように退塾した生徒の友人だった子がやめることになりました。

まあそれでも今回の退塾は予想内だったのでそれほどのダメージはありません(売上的なダメージは甚大ですが:涙)。

でも捨てる神あればなんとやら。
今日は少しだけいいことがありました(残念ながら入塾ではないんですが)

結局ですね、僕は生徒にいろんなものをもらって生きている。

その分ダメージも受けている。

もう12月ですが、自分の塾を開いて10年目のシーズンも終わろうとしています。

塾の先生も25歳からだからもうじき25年。

つまり人生の半分、塾の先生をやっている。

小さい頃、塾の先生になろうとか、まさかこんなに長く同じ仕事をするイメージがなかったなあ。

小6の時の卒業文集の将来の夢は喫茶店のマスターだったので、当時からサラリーマン志向はなかったのがわかる。

今もこの夢はあきらめてはいないけど、自営の大変さだけはこの10年でいやというほどわかりました。たぶんいきなり喫茶店してたら失敗してたな。

ちなみに子供のころ少年チャンピオンで750(ナナハン)ライダーという漫画がかっこよくてふつうは主人公に憧れるところを、私は喫茶店のマスターのほうに傾倒したのです。この辺は僕っぽい。

でも今は喫茶店も大変だろうなあ。大きなチェーンカフェやファストフードだけでなくコンビニもおいしいコーヒー押してるし・・・

でも、せっかくの人生、せっかくの独身(?)、なんか第二の人生ってのも悪くないかな、と。

別に今の生活が嫌ってわけじゃないですよ(汗)。