02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

こつこつやって10周年

2015.03.25 (Wed)

こんばんは

最近はやなこと多いっす。

前向きな思考回路にできないっす。

そんな中、うちの塾の前に最近できたTという全国展開の個別指導(ハイジ系)、斜め前に大分で中堅伸び盛りのRという塾。右隣には全国展開の個別指導N。少し離れて地方塾だが本部が別のところにある分教場O、さらにそこの近くに以前私が勤めていて引っ越したTとほとんどいじめのように塾が乱立。

で、もうすぐ塾を開いて10周年になる。

まあ大きな会社だって倒産する昨今、こんな小さな塾で10年もったのでよく頑張ったとはいえる。

で、最近、自分の歴史を書き始めてる。このまま独身で死んだら何も残らないので、せめて実家には何か残しておきたいので。で、それに使う写真を整理してます。

私自身はお見合い用の写真しか発見できませんでしたが、生徒の方は卒業する度に撮っているので、それを集めた。やはり10年分あった。

人数を数えると、バイトの先生は10人。そして途中でやめた生徒を除いて、最後までいた生徒の総数は123人(語呂がいい)。

小さなことからコツコツと…

そう考えると小倉時代を入れて23年。
毎年平均15人として(小倉時代や前の勤め先は30人以上は送り出してた)23×15=345(語呂がいい)。

思えばよく頑張ったなあ。

私は自慢するわけじゃないが頑固です。

やり方を時代に沿って曲げることが出来ません。

それでもこれだけの生徒が付き合ってくれました。

もちろん最初のころは塾の規模や名前で来てくれた人が多かったと思います。

ですが、この10年分の123人だけは周りに大きな塾があるにも関わらず、うちに来てくれたのです。

この今作ってる自分史みたいなものは何物にも代えがたい(他人には無価値ですが)ものになるかなあ、と。


先週の土曜日、送別会でバイトの先生の3人を送り出した。

残っているバイトは1人。そして新しく加わったのが1人。

今日小学生の春期の体験が一人来ました。
どうなることやらの新年度が始まります。
スポンサーサイト
01:12  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

今年一番の訃報

2015.03.20 (Fri)

こんばんは

今日は良いこともあった日でしたが(卒業生の弟の体験が決まった)、最後のこのニュースですべてが吹っ飛びました。

桂米朝さん死去

私は小学校のころから落語が好きで、特に古典落語が大好きでした。
東は柳家小さんをはじめ先代の三遊亭圓楽、古今亭志ん朝、立川談志、橘家圓蔵の四天王をはじめ当時もう故人だった桂文楽、古今亭志ん生もラジオで聴きあさってました。
そして西はやはり桂米朝がダントツでした。当時は今や文枝を襲名された三枝さんがまだ若手から中堅くらいで、米朝さんのお弟子さんのざこばさんは朝丸という名前でそしてなんといっても亡くなられた枝雀さんが最強で、連日のようにTVで見かけたものです。

しかしやはり米朝さんは別格でした。ある意味では東の小さんさんよりも私にとっては重要でした。その理由は小学校のころ図書館で読んだ米朝さんの本「落語と私」を読んだからでした。

あの本を読んで、「芸人とはこんなに志の高いものなのだなあ」と子供心に思いました。

もともと子供や青年向けにかかれた本でしたが伝わり方が尋常ではなかったと思います。

中でも最後の方に出てくる、米朝さんの師匠米団治さんの言葉

「芸人は、米一粒、釘一本もよう作らんくせに、酒が良えの悪いのと言うて、好きな芸をやって一生を送るもんやさかいに、むさぼってはいかん。ねうちは世間がきめてくれる。ただ一生懸命に芸をみがく以外に、世間へお返しの途はない。また、芸人になった以上、末路哀れは覚悟の前やで。」

製造業や農家の人々は自分で何かを作るという証拠もあり、それに対してしっかりとした評価がある。それに対してこの言葉の中の「覚悟の重さ」

皮肉は言いませんがすべての芸人さんに読んでほしい本です。


そして今では私もこれを心に刻んで仕事をしています。

いやあ、もうご高齢ですから仕方ないとはいえ、数ある芸人さんの訃報の中でもダメージが…

謹んでお悔やみを申し上げます。

私を落語に導いてくれたことは感謝してもしきれません。

ありがとうございました。
00:48  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

今日の名言

2015.03.19 (Thu)

こんばんは

今日は水曜日

昼過ぎ、郵便局へ来年度の保険証を取りに行く(サラリーマン時代は結構なカードだったのに、国保はペラペラです)。
そして所要で市役所に印鑑証明を取りに行く。

さて多くを語ることもないのですが、最近、というわけでもないのですが政治家の不祥事が多いですが、今日たまたまTVシリーズの名探偵ポアロを見ていたら、こんな名セリフが。

これ以上政治家の本質をついた言葉はないと思うので今日はこれをご紹介して終わります。

それは「謎の盗難事件」というお話で、国家機密の軍用機の書類の一部が盗まれてそれをポアロが解決するのですが、その中で、議員と飛行機開発に携わったお偉い人(ただし一般人)の会話。

「どうして政治家は我々(国民)をバカ者扱いするんですか?」
すると議員さん
「我々に投票したことが第一の理由だな」

つまり自分が大した人間ではないのに自分に入れた国民は人を見る力のないバカなのだからバカにして当然、と。

なるほど(笑)。非常に納得します。



帰って相棒の最終回でも見ます。
01:31  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

いろいろあった一日

2015.03.18 (Wed)

こんばんは

今日はいろいろありました。
某所から電話がある(これはまあいいこと)
某所に行く(これもまあいいこと)
最後の最後で体験で来ていた生徒の父兄から見送りの電話(心が折れそうだ…)

順番が大切ですね、何事も…

今日は心が折れそうなのでこの辺で…
01:28  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

マルホン工業について考える

2015.03.17 (Tue)

こんばんは

今日は週明け月曜日

バイトの先生がインフルエンザで休む、と。

仕方ないので、先日バイトに応募してきた卒業生に電話をしてとりあえず頭数は確保。
とはいえ授業は無理なので、生徒にインフルエンザの件を正直に言い、これまでのチェックテスト+答え合わせということで何とかしました。

人を使うのもむつかしい。

さて今日は久しぶりの昭和レトロ企画をしようと思っていたのですが、パチンコ博物館の館長さんのブログでどえらい記事を見ました。
「マルホン工業(株)(資本金1億円、春日井市桃山町1-127、代表和泉靖氏ほか2名、従業員165名)は、3月12日に名古屋地裁へ民事再生法の適用を申請した」

今日はパチンコ企画なんですが、あながち昭和企画とも遠くないので、マルホン工業の思い出でも書こうと思います。

尤もまだ倒産したわけではないので今後復活するなり、他の会社によりブランドが残ることはあるかもしれません。
ですがマルホンを思い出すにはいい機会だと思いますので。

続きは後半で。興味のある方はどうぞ。
01:14  |  パチンコ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

合格発表

2015.03.13 (Fri)

こんばんは

今日は週末金曜日

8時に携帯のアラームで起きる。

今日は合格発表の日です。
発表は全校一斉に9時に行われます。
とはいえ、それをリアルタイムで見に行くと生徒や父兄に会うかもしれません
合格してればいいですがそうでないとかける言葉がないので、いつも少し時間をずらしていくことにしています。

ではなぜこんなに早起きしたのかというと、中1、2の生徒に見せるために合格発表の様子をビデオに撮ろうと。とはいえビデオなんて持ってませんので、デジカメの簡易録画で短時間の録画です。で、市内で一番競争率が高い学校へ。

いつもなら10分あれば着く距離なのに、渋滞になってます(笑)。

学校の運動場を臨時駐車場にしているのですがそれでも足りない人数が押し寄せてます。
学校の先生も誘導にフル動員。

で、10分過ぎに到着。それでも悲喜こもごもの光景が。
で、塾やら予備校やらがパンフ配布に余念がない。それどころか携帯会社もここぞとばかりに資料配布です。私を父兄だと思ったのか渡されました。ただ塾の先生オーラがあったのか?塾のパンフはもらえませんでした(笑)。ま、いらないんですが。

さ~て気を取り直して、私の塾の合格発表を。

行く学校は全部で5校(数名同じ学校を受けている)。ただし広範囲に散らばってます。

結果は…1名不合格…

塾に戻って窓用の張り紙を作り、数件の電話(父兄から合格挨拶)も受けながら、夕方不合格だった生徒の家にお詫びの電話をかけます。
本当に気が重いんです。私もそうですが、不合格の生徒の家の様子を考えるとどうしても気が重い。

でもこれは私がもう20年弱続けているしきたりなのです。
生徒の痛みをやはり教えた側も受けなければいけない。
私の痛みなどはすぐ消えるけれども、生徒はそうだとは限らない。

もちろん私にも言いたいことはある。なんで言うことを聞いてくれなかったのか、なんで高校を変更してくれなかったのか。
でも生徒の言い分もあるでしょう。いやきっとある。


昔見た白い巨塔というドラマで主役兼(やや)悪役の財前五郎が医療ミスで告訴されたとき、とある場所で原告の弁護士と言い合いになる場面があります。
その際「私はこれまでたくさんの命をこのメスですくってきた」と財前が言うと、弁護士はこのような趣旨のことを言います。

「たとえ何千、何万の命を救っても、たった一つの命を落としては意味がない」

※はっきりとセリフは覚えていませんが趣旨はあってるはずです

私はちょくちょく医者と患者の関係を先生と生徒の関係になぞらえて考えます。

もちろん全員合格させて一人も不合格を出さない、というのはほぼ不可能に近い。塾の先生が長くやればやるほど、塾の規模が大きければ大きいほど、どうしても不合格は避けられない。

でもだからと言って不合格を「しかたない」と言ってしまっては、塾の先生としては終わりだろうと思う。
(意見には個人差があります)

幸いその電話をした父兄(お父さんが出ました)からは、これまでの指導のお礼まで言われてしまいました。ありがたいことです。

長くやってると、塾の電話とわかると切られたケースもありますし。

厳密にはそうやって自分ですべてしょい込むことはよくないかもしれません。でもこれは「人を教える」という職業についた人間の業というか宿命なのだと思います。

尤もそういう重い考えは昨今の父兄や子供のニーズに合っていないように感じてもいます。
それがここ数年私を悩ませていることも事実です。


とにかく独立して10回目の入試が終わりました。

今日は早く帰ります。講習会以来の13時間労働でした。
22:47  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

入試

2015.03.11 (Wed)

こんばんは

今日は火曜日

県立高校の入試日です

朝から外は風が強い荒れた天気

夕方になってネットから問題用紙と模範解答を入手。
ほんの数年前までは翌日の新聞でないと問題は手に入らなかったが、今はネットで入試終了後の数時間後に手に入る。
すごいことです。

今日はたまたま中3の日。
つまり開店休業。

手に入れた入試問題を解いてみる。

理科と数学は満点!エッヘン!(ってか当たり前だろ!)
社会で痛恨の間違いが2つ。
国語は・・・著作権の関係で小説と説明文の掲載がなかった。

わかるんですけどね、でも入試問題くらい著作権勘弁してもらえませんかね。
塾のテキストとか模擬テストなんかはもろ商売なので仕方ないと思います。
でも入試問題しかも公立高校くらいは一定期間は勘弁してほしい。

というわけで国語はやった分はできました。

ただ、年々解くのに時間がかかってます。
もちろん制限時間内には解けるんですが…

これも年齢でしょうか。正直言うと若干のボケなのかもしれません。

数ある病気の中で私は痴呆が一番怖い。

もう一つ気になることが。それは黒板の字が少し乱れてきている。

PCのやりすぎかな・・・
00:32  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

明日はいよいよ入試の日

2015.03.09 (Mon)

こんばんは

今日もはっきりしない天気の週明け月曜日

明日はいよいよ入試の日。

東京や大阪の大都市は私立の方に上位校が多い向きもありますが、地方都市ではやはり公立志向が強い。

中3生徒はこの日のために頑張ったといってもいいので、明日は運命の一日になります。

塾は本来授業日ではないのですが、前日ということで最後の勉強会を午後2時から開催。
とはいえ明日の本番を控えて6時で打ち切りますが。

数名の生徒が4時間自習をしていました。

この性格が良いとは言えない私の叱咤激励を一年以上受けた生徒ですからきっと頑張れます。

頑張れ!みんな!

いろいろ手につかない私です。
23:18  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

末は博士か大臣か

2015.03.06 (Fri)

こんばんは

今日は市内の多くの公立中学で卒業式でした。

数ある卒業式の中でも中学の卒業式は特別でしょうね。特にご両親にとって。
今世間では親殺し子殺しがニュースになりますが、普通はやはり子供がかわいいわけで。
でも可愛いからと言っても15年間の義務教育だけ見ても山あり谷ありだったでしょう。中学の卒業は義務教育という最低限ではあるのでしょうが子供に親がしてあげる大きな区切りなのですし。
それは未婚の子無しの私でもわかります。

まあ一般的には今の時代、高校くらいまでが最低ラインなのでしょうが。

今日はあちこちで卒業祝いの宴をしているのだろうなあ、と。

あいにくの雨模様でしたが、きっといい卒業式だったでしょう。

さて、そうはいっても来週の火曜日が入試ですから、まだまだ今週末はゆっくりできません。
それは私も同じこと。
明日明後日と最後の追い込みがあります。

世間では株価高で得意満面の内閣が揺れてます。先日の献金騒動からとうとう不倫騒動へ。どんどん下世話な方向へ行ってますな。
まあ株価高といっても私にはまったく関係ないわけですが。

不倫はダメでしょ、不倫は。

昔は「末は博士か大臣か」という言葉もあり、男子たるもの大臣になることが「夢」の一つでした。

でも今は国会議員はへたをするとやや軽蔑の対象として見る向きもある。
それを国民のせいにする向きもありますが、でもねえ、「知らなければ問題のある献金でもOK」とか「返金すればOK」とか法治国家の根幹の法を決める国会議員が「不倫」なんてやらかしといて、お国のためにやってるんだからもっと尊敬しろ!ってのは無理があるんではないか、と(苦笑)。

でも、この手の話は昔からあるといえばある。リアルタイムで知っている中ではU野元総理の愛人騒動とか、T中元総理の愛人とか、つい最近も女性の国会議員でもあった気が。

まあ、世間ではやりたい盛りの20代ということで、40過ぎたら少しは下の方も落ち着くものですが、やはり国会議員という野心家のみなさんは下の方もお元気なのでしょうな。いえ、別にそれは悪いわけではない。少なくとも私は歳とっても頑張るおじさんおばさん(あるいはおじいさんおばあさん)は、頼もしいとすら思う。

でも不倫はダメ。愛人よりある意味ではひどい。私が男だから言ってるのではない(第一愛人どころか本妻もおりませんし)。不倫では向こうの奥さん(旦那)、子供にダメージを与える。自分のミスによるダメージなら乗り越えられるが、自分以外のしかも家族のそれでは救いがない。まあ愛人だってこちらの奥さんと子供にダメージがあるけれども。

そして、このブログで何回か書いたが、私が一番ダメだと思うのがこの人の釈明の文章。
酒席の後であったとはいえ、私の軽率な行動により、皆様方に大変ご不快な思いをさせたのではないかと、誠に申し訳なく思っております」

この「酒を飲んだ後だから多少緩和される」的な感性の人間が法律を作ってるのが嫌いなのです。
この赤字の部分いらなくないですか?
酒の後だったら多少のマナー違反は緩和されるの?酒の後だったら周辺の人はそれを許さなければいけないの?
こういう感性の人間は酒を飲むべきではないと思う。酒を飲んでやったAということと、しらふでやったAということに違いがあってはだめじゃないですか?

一例で言うと「まだ嫁に行かないの?」という言葉が素面だったらブラックなNGで、飲んだ上ならグレーっぽいNGって言ってるのと同じです。いや片方がブラックなら両方ブラックだし、片方がグレーなら両方グレーでしょ。

言いたくはないが先年亡くなった故中川昭一氏も酒のトラブルはあったしそれで非難も受けたが、さすがに不倫はなかったような。もうね、酒を断った方がいいですよ。本当に。
ただ、政務官の方ばかり矢面に立ってるが、家族持ちの男性国会議員はどうなったのか?片っぽがダメならもう片っぽもダメでしょ、やはり。

まあどうせ国会議員はやめないんでしょうが。良かったね総理が先だって総選挙してて、あと3年強は税金で食えますね。で、3年もたったら忘れてるかもしれないので、また当選だ!


で、こういう人たちに対しても国民は「お国のために働いてるから」尊敬しなくちゃいけないの?


最後に声を大にして言います。
「意見には個人差があります」

ただ、これを言えば意見のとげが緩和されるわけではありません(苦笑)。
23:55  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

確定申告終了! で、3月

2015.03.03 (Tue)

こんばんは

さぼりすぎだろ、と言わないで。
入試と確定申告が重なるのは毎年ですが、今年はどうもぐうたr・・・いや、ちょっとだらけ気味。

確定申告の入力は終了しました。

記帳も終わり、領収書との格闘も終わり、あとは所属している某団体の怖いお姉さんに経費や書式のチェックをしてもらい、そこからイータックスで送って、さらに翌日税金を納税して終わり。

何とか今年も少ないながら税金を納める側で終わりました。
もちろん額は大きな塾には及ばないが、税金を納める側で終れると少しホッとする。
年末の払いものが終わった時と、確定申告が終わった時は本当にホッとします。

さて、受験の方。

なんと今年は生徒の半分が県立推薦もしくは高専を受験していてそのうち不合格だったのが一人だけだったので、その子を含めて約半数強が来週に迫った入試を受けることになります。
さらには開塾以来初めてやや難関の国立高専二人合格達成しました。
うちみたいな小さな塾で高専が二人合格なのは結構レアです。

うれしいです。
ちなみに2年前、2人高専を受験したんですが一人は不合格でした(のちに県立高校には合格)。

全員国公立合格は少しむつかしいかもしれませんが、あと一週間です。頑張らないと。

で、中3は今週末が卒業式。

お別れといえば、うちのバイトの4人の先生のうち3人が大学卒業、就職決定につきバイトを辞めることに。

ちなみにうちのバイトの先生は歴代で9人いるのですが(短期は除く)、そのうち大学在学中の1人を除き全員就職が決まています。この不況の10年で就職率100%は縁起がいいな、と。まあバイトばかり来られても困りますが(汗)。

で、送別会をしないといけません。

就職祝いは夏に渡してます(バイト先で就職祝いを渡すのもあれだけど:苦笑)。
で、送別会の時に心ばかりのものを渡すのが私流。

社会人となるので文房具は良いものを使ってほしい、ということで、3000円~5000円のボールペンが多い。

今年は3人だったので、3人で10000円以上…

泣きそうになったが慣例は止められない。(別にやめてもいいけど)

で、アマゾンで購入することに。
購入したのは良いものの、包装が有料です(数百円)です。チリも積もればマウンテンデュー(昔のギャグ)。

というわけで、包装は私がやる!

とはいえ、素人丸出しの包装をしても失礼だろう。

よって練習することに。

まずは100均で包装紙(桜模様)、止めるためのおしゃれなシール、メッセージカード、小袋、リボンを買ってくる。
20150303014119bde.jpg

右上のボールペンが品物。ああ見えて結構する(涙)。

で、まずは塾に大量にあるコピー用紙で練習。動画サイトで「包装の仕方」で検索するといっぱい出てくるが、とりあえずななめ包みを練習。
これが意外とむつかしい。端がズレてしまう。
で、最初にできたのが、これ。
201503030140481b0.jpg
ずれまくりだよ…

で、結構うまくいくようにはなったのですが、どうしてもサイズが動画の見本より小さいため、最後の処理がうまくいかない。

で、結局妥協して、キャラメル包みという比較的やりやすいものに。しかも、メッセージカードをいれるポケット付の包装の仕方を練習。

で、できたのが、これ。
2015030301415422c.jpg
画像はコピーした裏面を使っています。練習ですので。
どうでもいいけど、メッセージカードがでかすぎた(滝汗)。

今更追加で投資もしたくないし、何よりメッセージはすでに書いてある。

で、これで行くことに。

で、本番へ。で、これ。
20150303014026a2a.jpg

これを袋に入れ、リボンをつけたのがこれ。
20150303014010d04.jpg

結構うまくできた。が、すべてが終わった後には練習しまくって試行錯誤したコピー用紙が死屍累々・・・
20150303014134956.jpg

何でこんなに頑張るのか…

わかりません。(汗)。

帰ろう。
02:47  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。