08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

酢漬け玉ねぎのブームに乗る

2015.09.30 (Wed)

こんばんは

今日は火曜日。天気は良好です。

先日本屋に行ったら、酢玉ねぎでダイエットという本が山積みになっていて、どうやら流行ってる様子。

手に取ってパラパラ。

玉ねぎを薄切りにして水に少しさらして、酢とはちみつ(+レシピはいろいろ)で漬け込む。
それを食事の度に食べることでダイエットできて、血圧も下がる、と。

玉ねぎはいくらでもあるし(実家経由で)、酢とはちみつは先日買い込んできた。

で、2週間前作って、ここ数日食べてます。

まあ効果は・・・まだ・・・かな。

今日実家に帰って母に「玉ねぎある?」と聞くとぞくぞく出してくる。
まあありがたく頂戴しました。

実家からかえって授業、小6、小5、中3と火曜日は相変わらずきついです。
まあ人数は少ないですけどね(涙)。

そういえば明日で9月も終わり。
今年も四分の三が終わり。

入試まで半分を切ったと。

毎年書いてる気がするけど・・・

はえ~な。おい。
01:04  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

福山さんの結婚と10.19

2015.09.28 (Mon)

こんばんは

今日は週明け月曜日

父兄から自習に関しての問い合わせの電話が1件

小学生の授業のあと、中2の授業。
一人だけ今週中間テストの子がいるので、バイトの先生にやりっぱなしにならないように注意する。
中2は中間テストを落とすと期末の復活が難しいのです。
なぜなら、期末の直前に修学旅行があるからです。
日程がやばい時は旅行から帰ってすぐ期末になるので、どえらく点数が下がることがありますから。
なので、ちょい不安が残ってます。

さて塾に来てPCつけてヤフーのニュースをみてビックリ。
独身男性の希望(苦笑)、イケメン歌手の福山雅治さんの結婚。

そうかあ、そうだろうなあ。

で、お相手が女優の吹石一恵さん。

この女優さんにはほとんど思い入れは無いんですが、どうかお幸せに!

女優さんに思い入れはなくてもこの方のお父さんは良く知っていて、その方のお子さんが女優さんになったということを知っていた。

吹石徳一さん

小学生の頃からパリーグは猛烈な近鉄ファンの私にとって吹石さんは重要な内野手でした。

近鉄バッファローズ

その球団は私が小学生の時、弱小球団から西本監督により二連覇したころで、とても魅力的なチームでした。とはいえTVでは巨人戦しか放送が無い時代。野球雑誌(週刊ベースボール)や夜のスポーツニュースで見る程度でしたが、勝てばうれしく負ければやっぱりなあ、という感じで生活の一部でした。

第一のピーク。西本監督時代。このうち最初の79年は江夏の21球で知られた年です。

そしてそれからしばらく低迷の時期に入ります。関口監督、岡本監督と続くもパッとせず、ついにあの監督がやってきます。

仰木監督

常勝西武と最後までもつれ、伝説の10.19を経て敗れ去ります。
あの試合の日はよく覚えています。
というのも当時大学生の私はその日バイトで某ファストフードで働いていました。
夜の6時からバイトに入り30分の休憩時(確か9時頃だったと思います)、近所のコンビニに飲み物を買いに行くと店内放送でラジオをやっていて、コーヒーを買いに行ったのにそこから出られなくて結局店内で休憩時間を過ごしたんです。
後にTVなどで映像を見て予想以上にすごかったんだな、と。
で、翌年、西武を倒して優勝しました。(ちなみにこの時の相手が巨人で、わが軍の加藤哲郎さんの発言もあり?3連勝のあと4連敗をやらかします)
次の年にあの野茂英雄さんが入団しますが優勝には恵まれず、鈴木啓示監督とそりが合わず後に大リーグへ行きます。

次の優勝は2001年。この年は対オリックス戦でプロ野球史上初で(多分もう出ないでしょう)代打北川が「釣銭無しの代打逆転サヨナラ満塁優勝決定本塁打」で優勝します。で、今度こそはと臨んだ日本シリーズでは若松ヤクルトにほぼ何もできずに惨敗。

近鉄バファローズは敗北の似合う球団なのです。でもどの球団の敗北よりも記憶に残る。
江夏の21球
10・19、翌年の優勝(ブライアントの4連発)、そして巨人に3連勝後の4連敗
そして釣銭無しの代打逆転サヨナラ満塁優勝決定本塁打

巨人のように優勝回数は多くないものの、優勝に関するほとんどが球史に残っている、しかも「主に負けた方側」として残っている。

よりによって近鉄というチームのファンになったばっかりに日本一の夢は叶いませんでしたが、でも今でも上記のエピソードは簡単に動画でも記事でも見ることが出来るし、時折今でも特集番組がある。
近鉄は最期、よくある球団買収という形ではなく、吸収という形でなくなってしまう。これもまた近鉄らしい。

マニエル、ブライアント、ローズと優良外人が多く存在し、野茂、吉井、岩隈など大リーグにいって活躍している選手もほかの球団と比較しても多い。まあ大麻不法所持で逮捕された外人(デービス)や家にゴキブリが出たりしてホームシックになって速攻帰った外人もいましたけどね(ドン・マネー):汗。

吹石さん

この名前を聞いて近鉄を一番に思い出しました。

ああ、福山さんと吹石さん、お幸せに!
23:29  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

大臣辞任

2015.09.26 (Sat)

こんばんは

連休はなあんにもしませんでした。
3連休のうち外に出たのが1日だけ。
GW以来の引きこもりでした。(笑)
仕事がなくなったらマジで引きこもるかもしれません(苦笑)。

さてシルバーウィークの間に安保法案関連だけでなく五輪関係も変動が見られました。
私はあまり一大臣のことでどうこうはないのですが、今日はちょっとだけ。

塾という仕事は学校と違い文科省とのつながりはさほどありません。
省庁で言うならどちらかというと経産省の方だと思いますが、かといって縛られているということはありません。
まあ自営業の中の一つということでしょう。

で、塾の仕事というのは学校の先生に比較して一段低く見られることも多く(特に田舎では)、まあ社会的地位は今一かもしれません。
でも、国会議員には塾経験者が数名います(もちろん大学時代のアルバイトではなく)。
私の小倉時代の知り合いの塾の社長もいつの間にか国会議員になっています。まあ面識は皆無に近いのですが。

で、今回安倍内閣で文科大臣になった下村さんも大学在学中だと記憶していますが塾を開いた人です。
よって塾関係の人々の一部からは期待された人なのです。現に、私のような弱小塾ではなく、大、中の塾の協会だか協議会だかの会合に来賓として来たり講演したりした姿を業界紙で見ました。
まあこの大臣だったことで塾業界、特に私には1ミリも恩恵はなかったのですが(笑)、本業とは幾分ずれた五輪問題で引責辞任というのもなんだかなあという話です。
まあ塾と言っても勉強を教える進学塾からメンタルも鍛える塾まで幅広いですからね。



とはいえ、教育従事者でありながら潔さのない処理が続いたこの五輪問題は実は厄介なのかもしれません。
そもそもJOCがあり、実行委員会(例の森会長)もあり、所管は文科省でありながら、別に五輪担当大臣がいて、さらには1000億をこえる建築物をたてるのに建設省ではないなどのバランスの悪さ。今回の問題は起こるべくして起きたのかもしれません。

まあ陸上競技(特にマラソン)以外ほぼ興味がない私としては、夏の東京の酷暑の方が問題かなあ、と。

日陰の多い場所に、東京にあるのかわかんないけど、コースがなればいいですね。
00:12  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

シルバーウィークと決心

2015.09.19 (Sat)

こんばんは

今日は週末金曜日

国会は混乱中、セリーグは大混戦、そんな中私は昨日の夢でなぜかわからないけれど元AKB48の大島優子さんが出てきた。別に怪しい役ではないのだけれども、なぜ出てきたのかが不明。AKBの動画や写真、ましてや大島さんのものなどいつ見たか忘れたほどで、別にファンだったわけでもない。(かといって嫌いでもないけど。)ファンの人すみません、こんなアラフィフの人の夢に出てもらって。決してやましいことはしてません(爆)。

で、世間では明日からゴールデンウィークならぬシルバーウィーク。
だれがつけたかこの名前。

だいたい秋の連休は私の場合無視してきた。
でも今年は休みます。

気力が落ちてきてるのもありますが。

で、休んでどうするってもんでもないんですが。

というわけで次回のブログは来週の木曜日の更新です、多分。
00:26  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

祝!優勝!

2015.09.18 (Fri)

こんばんは

今日は木曜日

色々あった一日ですが、申し訳ないけど今日はこれです。

祝!パ・リーグ優勝!
ソフトバンクホークス

今年は途中までそんなに強そうな感じがなかったのに、やはり交流戦前後で強くなりました。

後半は連敗らしい連敗がなく、若手も活躍し、ベテランも頑張り、と、ここ数年で一番強かった感じです。

なんでもパリーグ最速の優勝らしいです。

今日は酒がうまそうだ。録画した映像見ながら一杯やります。
王会長もうれしそうでした。王ファンの私は王さんが喜んでいるのを見るのが一番です。

あとはセ・リーグ。
何とか広島も紙一重残ってますが明日から12連戦。

ホークスだってまだCSがありますからね。

頑張れ!
02:01  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

本当に怖いのは

2015.09.17 (Thu)

こんばんは

今日は水曜日

結構な雨模様です。

世間ではなんといってもあの法案が大詰めですね。
今日社会の授業で皮肉にも憲法だったのです。まあ職務上平等性を保たなければいけませんので(笑)、この法案の是非や自分の立ち位置は言いませんでしたが、今日は国会は大変だよ、とだけ言っときました。

ちなみに横浜で地方公聴会が1時から行われ、同じく横浜で某アイドルグループのじゃんけん大会が行われ、いろんな意味で横浜が熱かったのでしょうか。


尤もこの法律自体が怖いのではなく、こんな決め方がまかり通るなら、これから後どんな違憲含みの法律も通過しちゃうなあ、と、そっちの方が怖いかなあ、と思います。
法律自体が違憲(含み)でもとりあえず成立することはできることが今回で証明されそうですしね。
で、いざとなったら「違憲合憲は学者や議員が決めるのではなく(最高)裁判所だ」と言えばいいわけですよね。違憲判決が確定するためにはなにがしかのことが起こって、誰かが提訴し、さらには最高裁まで行き違憲判決が出なければいけないわけですから、結構な時間がかかります。その間法律は法律として生き続けるわけで。

まあ安全保障が重要だ、ってのはわかりますが、こっちがいくら準備しても、喧嘩売られたら戦争になるんじゃない?って不安もわからなくもない。そもそも戦争ってのは見方によれば、自国の平和を守るために起こす場合だってあるわけで。
あと、戦争に行きたくない、という気持ちを国会議員が非難するのだけはやめましょう。
「国のために自分は何ができるか」を考えることは大切ですが、それを「だから国のための戦争を嫌がるのは利己的」というのは悪質な論理のすり替えです。例え真意と異なっても「権力者」が言ってはいけません。まあ言論の自由を振りかざせば何でもいいんでしょうけどね。

で、総理もこれに懲りて法律ができる前からアメリカで約束(じみたことを)するのはやめた方が、と。
私的にはこれにつきます。まあアメリカ議会でちやほやされたのはうれしいのはわかりますけどね。
00:47  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

国家ぐるみのブラックジョーク

2015.09.15 (Tue)

こんばんは

今日は火曜日

日曜日に面談した生徒が体験で来る。

授業前に早めに来たその生徒とお母さんに体験前の話をする。

果たしてもつかどうか・・・


それはそうと、昨日帰るとポストではなくドアの状差しから大きめの封筒を半分ほど突っ込んであった。

引き抜くと国勢調査の封筒。

で、中身を見ると
20150915214639421.jpg
インターネット用のパスワードなどが入ってる

こんな引っ張ったらすぐ抜けるようなところに、しかも封筒に封もされていない状態で、パスワードやIDなどが記された書類がある。
で、その下にこう書いてある。

20150915214639f33.jpg

「この利用者情報は、配布された世帯のみでご利用ください。また第三者に渡らないように取り扱いなどには十分ご注意ください
ほぉ~、あんな入れ方しといて、第三者に渡ったらこっちの方が悪いってか

さらにはもう一枚の紙にはこう書いてある。
201509152146052c9.jpg

あなたの回答は守られています

すごいブラックジョークだ!

日本もアメリカ並みに国がジョークを飛ばすようになったようですな(皮肉)。
23:08  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

親と子供と先生と

2015.09.14 (Mon)

こんばんは

日曜日の昼過ぎ、電話がかかりました。
6年前卒塾した生徒の父兄でした。

なんだかかなり慌てているようでした。

すぐにお母さんが来て曰く成績が悪いので体験を、ということでした。

それはまあいいとして、その方からは上の生徒の最後の月のお月謝をもらっていません。
まあ、いわゆる未納ですね。もちろん高校には合格しています。

お母さんは覚えているのかいないのかは不明ですが。
ただ、「どうしてうちの塾だったのか」はわかりません。
単純に未納のことを忘れて上の子が行った塾だからというのならともかく、うちが小さい塾だからなめられているかもしれません。

点数が悪いので合格するのはかなりむつかしいと思います。
子供には罪はありませんから本当に頑張るのなら受け入れようとは思います。

ただ、もし小さい塾だから軽く考えているようなら、いやそういう父兄を「私の今までの対応」で作ったとしたら、やはり考えどころかもしれません。

正直をいうと私は子供の成績や合否以外にはほとんど興味がありません。本来そういう人は塾の先生には、ましてや経営者にはなってはいけないと思うのです。
成績は家族によって作られるものですから、家族の誰かが歪んだ考えをしていれば成績が歪みます。往々にして「そういう人たち」は子供の成績が悪いことを自分のせいだと思っていないのですが。いや思っていないからこそ問題が残ったまま、子供を責めるのかもしれません。

10年間で月謝未納は3名。卒塾生が140名程ですから2%ほどです。これはまあ今まで経験した塾の未収金と比較しても多いわけではありません。
ただ、私が仏心をだして卒業した後請求しなかったことが、また、子供にはお金の話をすまいと思って黙っていたことが、「そういう」親の発想を生んだのだとしたら、やはり私の責任が0とは言えません。

この1~2年、この仕事について考えることが本当に多くなりました。尤も今までなら会社を辞めることが出来るのですが、自分の塾ですからそうはいきません。

いっそのこと私へのニーズが0になってくれた方が楽なのに、とすら思います。

やっぱ、どんな仕事も、なめられたら終わりだなあ、と。秋の夜長に半ぐれのアラフィフでした。

22:32  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

最近の電話

2015.09.12 (Sat)

こんばんは

今日は金曜日。

台風の雨の被害が東日本に出ているようで、被害にあわれた方にはお見舞い申し上げます。

九州にも数回台風は来ましたがこれほど大きな被害にはなっておりませんでしたので、びっくりしています。


さて今日は電話が全くなりませんでしたが(苦笑)、最近思うのは欠席連絡だけでなく入塾などの電話でも固定電話ではなく携帯電話からが多くなったということ。
私は携帯を持ったのが40前だったこともあり、どうも携帯から仕事で電話する(出先なら別ですが)ってのに少し躊躇があります。
またこちらから連絡事項を電話するのも、まずは固定電話に数回かけてってのが普通で、いきなり携帯にかけるってのに抵抗が・・・

一つには電話料金が携帯は高いというイメージが強いんでしょう。まあ最近はかけ放題などもあってそうでもないんでしょうが。
また携帯はプライベートなモノっていうイメージがあるのかもしれません。

塾の電話はナンバーディスプレーにしてますし、転送されても携帯に番号が出ます。履歴を見るとほとんどが携帯です。

これも時代の移り変わりかもしれませんねえ…

週末はお休みします。
01:22  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

サンダーV復刻記念「刺さる音楽グランプリ」

2015.09.11 (Fri)


こんばんは

久しぶりに通常更新をすると何か書くことが無いような気がします。
以前、このブログを書き始めたころ5年ほどは毎日更新してましたが、よく毎日書くことがあったなあと思います。

さて木曜日。

塾に行くと早々と自習する中3生が2人来ます。真面目なのは大いに結構ですが、そういう生徒が少ないことが問題です。
小学生、中2生の数学の授業を終了して、夜、ネットで旅館検索をする。

実は今年は母の70歳の誕生日があります。
毎年なにがしかのプレゼントを渡していたのですが、私の弟の奥さんのお母さん(要は義理のお母さん)が誕生日の時に県内で有名なホテルに家族で出かけた、と。で、私は今年70歳だ、と。今年はホテルだ、と。

全く弟夫婦も罪作りです。

とはいえやるとなったら母親に恥をかかすわけにもいきません。

県内には別府、湯布院と温泉どころは多いですが価格も千差万別です。

こういうめんどくさい話は必ず長男の私に回って来る。11月中に間に合うか・・・

さて後半は昨日予告した企画です。
00:23  |  パチンコ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

サンダーV復刻記念「刺さる音楽グランプリ」序章

2015.09.10 (Thu)

こんばんは

夕方中学受験希望で、でも成績が今一なのでとりあえず塾の話を聞きたい、という電話がありました。

では、今晩、ということで電話を切る。

夜になって、キャンセルの電話が入る。

何なんだ。(子供がNGらしいが先にわかりそうなもんだ)

別に怒ってはないけど人騒がせな。資料を集めたのがバカみたいだ。

まあこういう無駄な仕事も仕事のうちか、と。

今日は久しぶりのパチンコ企画を後半で
00:30  |  パチンコ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

部活の王道は?

2015.09.09 (Wed)

こんばんは

今日は火曜日。
小6、5、中3の授業日
バイトの先生がこれないため結構大変でした。

さて中3の授業中。
オリンピックの話から世界陸上の話になって・・・

私は太っているくせに陸上競技が好きです、
何だったら野球にも勝るとも劣らないほど。

で、生徒にこういったのです。

部活の王道は陸上部だ、と。

(自分は美術部のくせに・・・汗)


で、生徒のリアクション

ニヤニヤ・・・

君たちにはまだ早かったね。うんうん(涙目)。
02:10  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

法事が終わって

2015.09.08 (Tue)

こんばんは

今日から久しぶりの平常更新します。
塾の方は先週の木曜日から平常に戻っています。

で、週末の法事も無事に終わり長男の務めは最低限果たせました。

日頃仕事で鍛えているだけに、法事の席でのお礼では声が出ましたが、やはりそこは神官さんはじめ重厚な親戚の方々ばかり。
平均年齢も60を優に超えるのでとにかく緊張しました。
そして何より足の手術以降正座が出来なくなっており、今はひざ痛が半端ない状態です。
とはいえ、法事後の飲み会で来ていただいたみなさんが喜んでいただけたようで何よりでした。

あとは法事の写真を作り、来ていただいた方々に送ってとりあえず完全に終わりです。

次は20年祭らしいのですが、あと十年後どうなってるんでしょうね。
私も、家族も、そして世の中も…

未来と言えばオリンピック。
競技場に続いてエンブレムも使用中止になりました。

今回はネットのひまn・・・いや、もとい、熱心なみなさんが似ているデザインを次々と見つけたようで、とうとうコスタリカの博物館のロゴまで見つけてきました。日本のほとんど裏側の博物館まで、なんかいろいろすごいっすね。
佐野さんのもろもろのデザイン、言動にも怪しさがありますが、ネットやマスコミの対応もヒステリックというか怨念じみてます。
で、例のごとく似非正義感をもった暇人が全く関係のない同名事務所に非難の?電話をかけて迷惑するという。
さらにはTVコメンテーターもあやふやな知識でコメントして後に訂正したり。
本当に人間のさまざまなダメなところが伺えました。

私はオリンピックはマラソンしか見ないですし、先日まであった世界陸上などで十分と思っているので、高額な競技場やロゴなんてなんでもいいんじゃないかと思います。

ってかそもそも、あの五輪のマークの下に「TOKYO 2020」で良くない?と。

世界陸上のマラソンで若い選手が優勝して(残念ながら日本勢は振るいませんでしたが)オリンピックで重要なのは選手のパフォーマンスだけでよいのでは?と思いました。

まあお金、特に税金が絡むといろんな方々が出るのは今に始まったことではありません。
まあ今はこうしたネット全盛の時代。運営委員会の中に若い方を入れるべきでしょうか。

あと、みんな責任取りたがらないのも今までと同じ。

あと近況ですが、先日パチスロのゴッドイーターで神チェを2回引きました。出玉はその後の引きが今一で2500枚ほどでしたが、もう二度とないだろうな、と。いやあきらめない!本家のアニメだか、ゲームだかを知らないのであれですが。

さらには最近スマホ見てパチンコやスロット打ってる人多いっすね。
別に好きでやってるんだからいいんですけど、何が面白いのか理解できません。
先日見るともなしに見てたらスマホのゲームしながらパチスロ打ってました(汗)。ある意味すごいな、と。

ただ、メーカーは考えないといけませんね。それだけ通常時がクソ退屈ってことでしょうから(少なくともああいう人たちにとっては)。

以上です。
00:50  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2学期になりました

2015.09.04 (Fri)

あまりにさぼりすぎて愛想つかされそうですね。すみません。
まあいろいろありますが、とりあえず何とか二学期を迎えました。
皆さまお元気でしょうか。

私はとりあえず元気です。

夏期講習は何とか終了し、二学期も退塾なく(入塾もなく:涙)全員同じメンバーで突入しました。

さて、ブログの正常運転は来週からにしますが今日は私の話。

今から実家に帰るわけですが、その理由は明日が私の父の10年目の法事だから。
ちなみに私は神道(いわゆる神社神道で新宗教ではありません)なので十年祭と言います。

10年前といえばこの塾を立ち上げた年。
5月に立ち上げた時、父はすでに入院していました。
それでもその時は家族、おそらく医者すらも重篤な状態だと思ってなかったと思います。

現にその年のお盆には一時帰宅が許されました。

で、お盆明けに検査しに行くと一気に重篤化しており、集中治療室に入り、さらにひと月持たずに帰らぬ人となりました。

生前の父とは諍いがあったこともありますが、断絶するほどのこともなく、兄弟含めて「父とはそういうものだ」と思っていたのでしょう。

酒が好きで子供時代これで何度も泣かされました。
でも命を奪った病は全く関係ないものでした。

結局嫁さんの顔と孫の顔を見せることが出来ませんでした。
それだけが少しだけ悔やまれます。

酒でしくじったことが多々ありそれで去った友人もいるのでしょうが、葬儀の時は式場がいっぱいになるほどの人の参列を受けました。
その時、初めて父親の周囲の評価を知ったのです。そしてそれは私には逆立ちしてもできないことです。

この10年間、親戚づきあいをはじめなるべくまめに人との付き合いを大切にしてきました。
常に「父ならどうしただろう」と考えながら。

ともあれ長男としてこれで一つの区切りは全うできたと思います。

肩の荷は明日で下すことができます。
21:27  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |