07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

私の着眼点はおかしいんでしょうか??

2009.12.13 (Sun)

こんばんは
今日は日曜日。
本来なら補習日ですが、今日は中3を対象にして朝から晩まで一日関数特訓です。
120枚くらいの小分けにしたプリント(全て関数)をレベル1-1からレベル5-10まで自分のペースでどんどん解いていく。わからなければ答えをみる。答えを見てわからなければ教える、という、わんこそば型の勉強です。
一斉の授業だけでなくてこういう自学型も意外と生徒が集中します。

良くあるサラリーマンの漫画の残業のように、処理済みのプリントがどんどん机の上にたまっていきます。
一枚あたりの問題は少ないので本当にわんこそばのように次々いけます。

2009121318040001.jpg
2009121318040002.jpg
2009121318040000.jpg

で、進度表に私がスタンプを押していき、最後に認定書にどこまで進んだかを書いてお母さんに見てもらう、というわけです。画像上段から(表紙、進度表、認定書)

で、朝の9時から8時までなんですが、私は途中抜けてバイトの先生に任せてお見合いへ(苦笑)。
父兄が聞いたらびっくりしそうですが(汗)。

で、まあ内容やお相手の方のことはまあ良いとして、今日そのお見合いの場所で二つ気になったことが。

一つ目は相手の方。
私より10ほどお若い。
まあそれは問題ありません。
で、非常に無口。
これも私が商売がら頑張ってしゃべりますから、なんとかなるでしょう。第一、初めてで緊張する気持ちもわかります。

ただ、飲み物代を当然私が払うわけですが、その後も無言。
「ごちそうさま」とか「すみません」とか「どうも」すらなし。

これはどうなんでしょう?

いえ、私が払うのは良いんです。払うのは当たり前とすら思っています。

でも、当たり前のことをされたとしても、そして、自分が無口であったとしても、いっぱしの社会人としてお礼ぐらいは言うものではないか、と。

もちろんお礼を期待しているわけではありませんよ。でも、なんか釈然としません。

そしてもう一つは、それを払う時、ホテルの喫茶室のレジ兼ウェイトレス?の女性。
ホテルの職員らしく、ものすごくきれいな女性です。
で、私がいつものように「領収をお願いします」と。

で、領収を書き始める。
普通のカーボン式の領収書。
代金は1620円。

16、と書いて、カンマを打ち間違える。(1,620のところを16,と書いてしまう。というより普通金額を書いてから位どりのカンマは打つんじゃないの?まあ良いけど。)

で、普通その書き損じた領収どうします?

①新しく書き直す(私的な正解、というよりほかの解答があり得ない。うちのようなしょぼい塾でも書き直します)
②二重線を引いて訂正印をおして、書き直す。(う~ん、見た目が…)

そのすご~~~くきれいな女性は…
③二重線を引いて訂正印も押さず、そのまま後ろに正しい金額を書いた(驚)。

2009121320110000.jpg

これ大丈夫なんでしょうか。

ってか、私が細かいだけ?
着眼点が細かすぎるんでしょうか?
さっきの支払いの件にしろ、領収の件にしろ、世間の人はもっとおおらかなんでしょうか?
両方とも場所柄もありますし、初対面ですから何も言わずにお見合いを続行しましたが、もうその時点で私の気持ちはカラカラの乾燥状態です(笑)。そのきれいなホテルの女性にも「なんだかな~」という思いでした。

で、これをご覧の数少ない方々、やはり私の着眼点が細かすぎるんですかね?
結婚したいのなら、こんな小さなことには目をつぶるべきなんでしょうか…

もしそうなら、反省ももちろんしますし、見解も変えますけれども…結婚できる自信がなくなってきました(笑)。


で、心身ともに疲れ果てて(この部分はお互いさまかもしれませんが:笑)塾に戻ってきて、後半戦の特訓をした、と。

今日はもうすぐ帰って寝たいです(苦笑)。

こんな日は牙狼にも裏切られそうですし(笑)。まあ時間も9時過ぎですしね…
21:03  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

Comment

お疲れさまです。

ん~どうなんでしょうな?
僕の場合、仕事として極々当たり前のこと…
スーパーでレジ係が品物を袋に詰めてくれたり…
飲食店でウェイターがオーダーした料理を運んでくれたりした時も必ず軽くお礼は言う様にしています。

ただその習慣をヒト様に強要する気は在りません。
やって当たり前のコトだから一々お礼を言う必要は無い!

そ~考えるヒトもいるかも知れません…
ただ僕的にはそ~ゆ~とは友達にはなれないと思います。

ホテルのレジ…これはもうそのホテルの『格』の問題…つ~か、マニュアルはど~なってる?
と言うか…従業員教育がなって無い…
としか言い様が在りませんね。
沙羅パパ |  2009.12.14(月) 03:52 | URL |  【編集】

お疲れ様です。

〉着眼点

え? どちらも普通のお話ですよね。

領収書の件は少なくとも、

①訂正印で良いか訊ねる。

②書き直そうとしているので、こちらから斜線で良いと伝える

のどちらかと。

また、ご馳走になったのであれば、例え社会通念上、当たり前のケースであってもお礼は言うべきでしょう。

細かい細かくないではなく、人として。社会人として。

そういうところはバリ厳しいですからね、私はw
無記名Mk-Ⅱ |  2009.12.14(月) 18:59 | URL |  【編集】

沙羅パパさんへ

お疲れ様です。
>軽くお礼は言う
お礼というのは「単なる儀礼」であろうが「本心」であろうが、その人を表す重要な一部になっていると思います。
お礼を「いう」ことよりも「いえる」人間と私も接していきたい、と。
一事が万事などとは申しませんが、あの女性とは無理だな、と。

>従業員教育
まあ、これも同じようにそういう面を見せることで、ホテルの格や私の見方が変わってしまうだろう、と。
改めて他山の石としたい、と思います。
ほりまさ |  2009.12.14(月) 22:04 | URL |  【編集】

無記名Mk-Ⅱさんへ

お疲れ様です。
>どちらも普通のお話ですよね
もちろん事実も事実です(笑)。

>細かい細かくないではなく
そう!そうですよね~。いえ、本当は一日のうちにしかも同時間にこのようなことが連発で起こると、私の方がおかしいのではないか?と疑心暗鬼で不安になるわけですよ(笑)。

>バリ厳しいですからね
私もこういうちょっとした所ですぐ冷める人間なので(笑)。もう少しおおらかであるべきかな、とも思うんですが、一度覚めるとお付き合いは…(笑)。
ほりまさ |  2009.12.14(月) 22:08 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/1309-653d061f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。