それぞれの行方 

こんばんは
今日は木曜日。
面談が一件。
その面談後あれやこれやといろいろあった一日でした。
まずは面談後、通院日の為病院に行こうと階段を下りると、懐かしいお顔が入ってくるのが見えました。

まあ業界紙みたいな本の営業の方なんですが、前の塾に勤めていた頃から知ってる方でした。
というより、私が前の会社を辞め(一応名目上は首)今の塾を開いたいきさつなどをご存じの数少ない方です。
その方がほとぼりが冷めた頃を見計らって久しぶりにお話がてら営業をしに来ていただいた、と。

小一時間お話をしている中で、その後の前の職場の様子、当時の上司のその後の様子など、うかがうことができました。
その一つ一つを書くことはできないわけですが、かなりの変わりようだな、と。

ただ一つだけ確かなことは、私のようなアナクロな人間ではどう逆立ちしても辞めるのが避けられない運命だったようです。
それの証拠に、私と比較的考えが近く、けれども私が驚くほど当時の社長に尽くしていた方(もちろん社内ではかなりの地位にいましたが)で、超我慢強い方ですら退職していますから。
いわゆる若返りの一環のようでもあり、同族会社のパワーゲームの果てのようでもあります。
小さな会社とはいえそういった政治の力は働くわけです。私は純粋に生徒や父兄に対峙していたかったので、そういった政治力はゼロの人間ですから、5年前に辞めてなくても、確実にどこかで辞めてただろうと。

そう考えると、傷の浅いうちに辞めることができて、細々とでも食えている私はラッキーなのかな、と。

いえもちろんそういった政治力がサラリーマン、とりわけ役職の上の人間には、必要なのだと思いますし、それを持っていない私が未熟なのだと思います。そういったものを持っていないことを誇るような青臭い人間ではありませんし、そんなに若くもありません。

今まで会社でお世話になった人々と再び会うことがあるかどうかは正直分りませんが、では、会いたいか?と言われれば、そうでもないというしかありません(笑)。
ただ、自分のしてきた仕事や人生の清算はどこかでされるのだろうか、と思ったりもします。

ちなみに、そのあと病院に行って、いつもと違う先生の対応が若干無礼だったので切れそうになり、血圧が上がりました(笑)。来週精密検査をします。

Comments

お疲れさまです。

人生の精算…う~ん…そろそろまじで考えなきゃいかん時期なんですがね小生も…

ま、貸しも借りも死んじゃえばちゃらと言う事で一つ…

  • [2010/01/15 05:47]
  • URL |
  • 沙羅パパ
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

沙羅パパさんへ

お疲れ様です。
>ちゃら
確かにそういうことですね。
ただこれから過去に交わった人とのその後が、プラスマイナス両方出てきて自分に関連が出てくることもありますから、意外と厄介かな、と思ったりします。
まあ避けられないですが(笑)。

  • [2010/01/15 21:44]
  • URL |
  • ほりまさ
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/1341-49fb24cb