何とも辛いこと 

こんばんは
今日は月曜日。
一部の私立高校では前期試験の合格発表があったようです。
前期試験はいわゆる特奨試験でもあるので合格は結構きついですが、案の定今のところうちの塾では合格はないようです。まあうちの場合人数が人数なので奨学生としての合格はあっても例年1人ですけどね…

何しろ本番の公立高校試験の前哨戦として、来週行われる後期の私立入試には頑張ってよい成績で突破してほしい、と。

さて、昨日の夜母から電話があってかなりショッキングな出来事が。

かなり遠い親戚なんですが、私の親戚でもあり、かつて実家に泊まりに来たこともある人が亡くなったと。
私よりも若くて、子供もいる人で結構かっこいい男性でした。
実は亡くなったのが、自殺だそうです。

う~ん…身の回りで、少なくとも友人まで入れても自殺した人は初めてです。
もちろん世間的には多いのかもしれませんが、かなりショックでした。
事情も分らず、もっともそれほど近い親戚でもないので調べようもないんですが、ただ驚くだけです。

お若いので親もまだご存命でして、かなりショックだったらしく。

どんな事情があったのか知りませんが、ご冥福をお祈りするしかありません。


ただ…やはり自ら命を絶つこと自体には同情はできても、肯定はできません。

残された人の気持ちや、これまでのその人の人生とそれにかかわった人々を否定することにもなりますから…

実家にお越しいただいたのは、数年前のお盆だったと思いますが、明るい人だったんですが…

自殺は駄目ですね、やはり。
ダメージが大きすぎます。いろんな意味で…

Comments

お疲れさまです。

なんつ~てもこの國は年に三万人も自分からこの世にさよならする人がいる『GI殺大国』ですからね…

政治家は選挙で変える事が出来ますが…実質国を動かしてる『高級官僚』つ~ヤツらはどれほど失政を繰り返しても市民には報復のしようが無いから困りもんですな…

学校の成績が良かった…つ~だけで人間的には殆んど無能で無価値な人間がのさばっている国で世をはかなむ人が多いのはある意味当然だと思いますよ。


  • [2010/01/26 06:56]
  • URL |
  • 沙羅パパ
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

沙羅パパさんへ

お疲れ様です。
確かに世の中には自分の力ではいかんともしがたいことはたくさんありますね。
それらのものに抗っても結局勝てる見込みはないわけで。

でも…でも…やはり自殺は駄目でしょうね。私は別にクリスチャンではないんですが(苦笑)、最後の一手はいつでも必ずある気がするんですよね。私みたいな何にもない人間がふらふら生きていけてるんですから…

  • [2010/01/26 22:23]
  • URL |
  • ほりまさ
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/1353-21c93ce7