明日はお見合いなんで早く帰ります 

こんばんは
週末金曜日。
雨のせいで少し肌寒い感じです。

塾でも暖房入れました。
何でもかんでも異常気象というつもりはありませんが、4月にしては寒い感じもします。

明日はお見合いなので早く帰ります。
といっても仲介のいないものなので、なんというか出会うだけという感じですかね。

さて、今日はニュース記事。
こち亀の両さんの像が壊されて、今日だか昨日だか本人が出頭したそうです。

まあ、もちろん弁護する気はないんですが、両さん自身が実際に生きているとしたら、多分笑って許すだろうな、と思います。

こち亀は私が小学生の時に始まったロングセラー漫画で、第一話、それこそペンネームが「山止たつひこ」名義の時からリアルタイムで読んでいます。第一話の道案内で田舎者のおじいさんに切れるところなどは、元祖切れ芸とも言える妙味でした。また後輩の中川や麗子、大原部長、最近は見てないんですがご無沙汰気味の寺井、戸塚などの同僚などと繰り広げるドタバタ劇は本当に見ていて飽きないものでした。
登場人物が増えるにつけ、また私も漫画全般から遠ざかるにつけ、見なくなった口ですが、単行本で100巻位までは毎回買っていましたし、実家に行けば山止たつひこ名義の単行本もあります。少なくとも100巻のうち80巻分はあります。
ですから、両さんファンとして考えると、あの両さんの破天荒さを考えれば、もちろん自分のモノでない像を破壊することはいけないことですけれども、よって何らかの罰はうけるべきでしょうけれども、多分、両さんは許してくれるんじゃないか、と。しかも笑いながら。

両さん自身も漫画の中でたくさんの像を壊してきましたからね。
まあ法治国家ですから、ペナルティとして罰はうけてもらいますけど(苦笑)。

これが他の像であればそう思わないんですけど、両さんの像だけは、ああいうキャラで有名になった人だけに・・・と思います。

ええ、犯罪はもちろん駄目ですけどね(笑)。

Comments

お疲れさまです。

『こち亀』がジャンプの良心と呼ばれていた頃…
集英社の某男性週刊誌でちとトラブルがありまして(ある連載記事を…作家サイドにはフィクションとして発注して沖ながら、誌面での扱いはノンフィクションだった)。
こりゃ『こち亀』はもはや集英社の良心ですね!

と言ったら集英社の編集に物凄い目で睨まれました。

  • [2010/04/24 05:31]
  • URL |
  • 沙羅ぱば
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

沙羅パパさんへ

お疲れ様です。
まあ良心かどうかはともかく、ドル箱であることは間違いないでしょうね。

大手出版社はプライドも高いんでしょう。もしくは冗談も通じない?

  • [2010/04/24 18:03]
  • URL |
  • ほりまさ
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/1445-20ee6247