07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

土地持ちが金持ちとは限らない

2010.05.24 (Mon)

こんばんは
今日は週明け月曜日。
塾は今週から運動会も終わって平常通り。

今週から来週にかけてチラシで動こうかな、と。
その前に原稿を早く上げないと…

さて、先週父が死んだときに相続した土地の固定資産税のお支払いの用紙がやってきました。
弟にも少し相続させたんですが(正直誰も欲しがらない:笑)、実家の宅地と田畑、山林、そして…原野(汗)。

これが全部で…46778平方メートル…ってことは一坪3.3平方メートルだから…なんと14000坪ちょっと。

なんかこれだけ聞くとすげ~土地持ち、お金持ちのようですが、何しろ評価額が安い。
まあ山の中ですからね。
しかも、やはりというべきか、宅地や田畑も山林も安いですが、「原野」坪あたり…激安(笑)。
この匿名ブログにも書けないくらい安いです(爆)。
こんな安くても土地持ちは土地持ち。

ちなみにこれが全部都心の土地だったら…と思い電卓たたいたらエラーが出ました(笑)。

結論、土地持ちがみんなお金持ちとは限らない。特に1坪で100均の缶コーヒーすら買えない土地をもっていても、売れないし、融資も受けられそうにないし(笑)。でも税金はちゃんととるんですね。役所は。しかも1円単位まで(苦笑)。

そういえばバブルの頃、原野商法ってのがありましたね。確かに別荘かなんかでうちの実家の原野を手に入れても困ると思うし(笑)。あれで儲けた人は半端ないんでしょうね…だって単価が(汗)。
23:10  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

お疲れさまです。

お言葉ですが『原野商法』は七十年代にも流行りましたよ。

某民放局の不動産部門子会社(TV屋がそんなもの作るなよ)が○暴さんがらみの不動産屋に騙され…

蝦夷地の弩田舎の土地をごっそり買わされた。

なんて話しがありましたからね…。

『沙羅パパ』君、賞与出たんだろ?
北海道に出物の土地があるんだけど買わないか?

嫌ですよ。ど~せ熊でも出るんでしょ?!


僕がそ~ゆ~と、某局から下請け制作会社に出向になってた部長(某局で『課長』出向して『部長』)は…

…熊か…熊が住めればいいね~…
と、寂しそうに呟きました。

後とから聞いた話では件の土地は明治初年から三回も開拓団が入り…二回は全滅。
三回目は全員が逃げ出した…

と、言う曰く付き付きの場所で…
広大な湿地帯だったそうです。
夏場は藪蚊が大量発生…冬場は全面的に凍結。じゃがいもも蕎麦も粟やヒエも育だたず。
部長が言うとおり熊も居ない(住めない)場所で地元(アイヌ)の言葉で神が見放した土地と呼ばれていたとか…

沙羅パパ |  2010.05.26(水) 10:46 | URL |  【編集】

沙羅パパさんへ

お疲れ様です。
さすがに湿地帯ではありませんが(笑)、でもすごく安いので賞与どころか給料で普通に買えますね、うちの実家の原野。

でもやはりそんな前からあるんですねぇ。
悪いこと考える奴がいるもんです。
っていうかそんな詐欺まがいの奴すら買いに来たことがないうちの実家の原野って…(涙)。
ほりまさ |  2010.05.26(水) 22:15 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/1476-74ed7878

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。