09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

生きているのにいない人、死んでいるのにいる人

2010.08.05 (Thu)

こんばんは

今日は木曜日。集中講座も3日目。体のきつさも快感に…変わりません(笑)。
塾の方はとりたてて語るべきことがありません。私の足に張るサロンパスの数が増えた位です。
明日は広島の原爆忌のため学校の登校日ですから塾はお休みです。少し体も休めます。

それにしても世間のニュース…
もともと1件の事件がどんどん拡大してニュースになるのは正直辟易するんですが、まあこればっかりは仕方のないことでしょうかね。ニュースに携わる方もお忙しいでしょうから(ニヤニヤ)。

さて、所在不明の高齢者の話。
そのうち、一人暮らしで身寄りが全くない人はまあ仕方ないかな、とも思います。ところが子供もいて(場合によっては複数)、孫までいて、で住んでるはずの親がいないのに、届も出さず、挙句の果ては年金引き出すってどうよ!って。職員きたら「会いたくないと言ってる」って隠ぺい感全開です。

子供手当を親が、子供以外の目的で1円でも使うのは、また年金を「世話」という名目で当人以外の人が使うのもいけないことである位分るはずですよね。
また、失踪した家族を、行方不明になった家族を何の手当てもせずに放置し、さらに口座に振り込まれる年金だけは使っちゃうってのは立派な犯罪です。いえ年金を使わず、自治体から贈られる長寿の祝いを辞退したからといって無罪か、って~とそういう訳ではありません。

これも最近時折ニュースになることですが、葬式代がなくて親が死んでも仕方なくそのまま放置したり、家の一画に埋葬したりして、死体遺棄か何かで(厳密な罪名は知りませんが)逮捕され服役する人がいますが、そういう人が逆に「損」になってしまいませんか?だったら「失踪したけど、届は出さなかった」「今はどこにいるのかわかりましぇ~ん」って言い逃れ、市の職員に「プライバシーの侵害だ」とか言って逆切れした方が得ってことになります。

もう20年以上音信不通ってどうですか(苦笑)。私他界した父とは反目し合ってた時期もあり決して和気あいあいって訳でもなかったですが、生前最低でも数カ月に一回は電話で連絡はしてました。まあ盆暮れには帰ってますしね。普通じゃないですか。年単位で親戚ならともかく親と声も聞かないなんて事は、うちの親なら怒鳴りこんできます(笑)。

人間は生まれた以上死にます。そして生きることは無論、死にも当人と周囲の人間は責任があります。

あなたを生んでくれた親じゃないですか、なんて善人めいたこと(とは思わないけれども)は言いません。好きであろうが嫌いであろうが、邪魔であろうがなかろうが、そこに「自分」がいる以上親の生死には責任がある。それは自分の存在責任と同義語だからです。もちろん諍いや反目で疎遠絶縁になることはあるでしょうし、その人の気持ちを分らなくもありません。しかし、「誰かが」責任を取らねばならないのです。
自分の親をほったらかしで、心配もせず、孫にあたる子供の弁当を作っている(ここは想像:笑)親の感覚は私はおそらく百回生まれ変わっても理解できないでしょう。なぜならほったらかしにされている親と自分の関係は、いずれ来る自分と子供の関係の前倒しかもしれないんですから。「私の子供はそんな薄情じゃない」って思います?でも親をほったらかしで心が痛まない人に育てられた子供ですよ。充分予想できる未来ではあります。

もちろん私などお金がない自営業ですから母親に盛大な葬式は約束できませんし、数年後へたすりゃ生活保護って可能性もある訳ですが、やはり母の葬式は親戚や兄弟に頭を下げてでもやるでしょうね。だって私の生きてる価値の一つでもありますからねぇ。

そうかと思うと、今日のニュース。
失踪宣告して長時間たって死亡扱いにされてた人が(まだ63歳)生きてた、と。家族の元をでて流浪の生活をして、花屋に盗みに入ったところを捕まったらしいですね。これは死んでたはずが生きてたと。
正直家族も困るでしょうね。まあしばらくは懲役でしょうし、本人も今さら家族の元にも帰れないでしょうし。
私が家族だとして、引き取って!と言われたら…やっぱ嫌かなあ…でもそのまま放置って訳にもいかないでしょうし、今度お盆に帰った時兄弟で酒飲みながら相談します(笑)。

結局、こういった問題ってのは家の中でどういう躾を親がしたか、そしてそれが最低限受け継がれているかで決まる部分も大きいのかもしれません。そういう意味では、まあ皆お金持ちじゃないですが(笑)、親兄弟の仲もそれなりで、親戚関係も上手くいってる方の私はかなり幸せな部類で、それも亡き父の残した財産のおかげなのかもしれません。

やはり、感謝すべきなのでしょう。

何にしてもやり切れないニュースが続きますね…
22:24  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

やらずぶったくりの…

社保庁のやり方だけ見てるともらえるモンは取り敢えず…という遺族の気持ちも分からないわけではありませんけどね…
沙羅パパ |  2010.08.07(土) 10:08 | URL |  【編集】

沙羅パパさんへ

お疲れ様です
>社保庁
まあ、私の払っている年金が払われるかどうかも分らないんですが(笑)。
ただ、本来の目的と違う使い方をする人が出るとまた非効率になるんですよね~
ほりまさ |  2010.08.07(土) 22:42 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/1549-8195ad42

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。