09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

何を食べたら…

2010.09.15 (Wed)

こんばんは
今日は水曜日。
曇りだったこともあって比較的過ごしやすかったです。
銀行経由郵便局経由で塾へ。

ニュースも大事件と呼ばれるものはなし。
ただし、変なニュースもあります。

今日のはまあいろいろご意見もあるでしょうから、興味のある方だけ。
教育に興味がない方、様々な価値観を絶対に認めたい方はご遠慮ください。

More・・・

以下引用
愛知県岡崎市内の小学校に勤務する男性教諭(45)が今年七月、担任する学級の授業で
「殺人事件」を題材にした算数の問題を児童に出題していたことが分かった。
学校、市教委も事実を把握し、すでに「厳重注意」処分としたが、保護者は
「冗談にしてもひどすぎる。教育者として許されない」と憤っている。

学校によると、教諭は三年生の学級担任。算数の授業で、割り算を教える際、
「ここに十八人の子どもがいる。一日に三人ずつ殺すと、何日で全員を殺せるでしょう」
と、口頭で出題した。

保護者とともに取材に応じた児童は「みんなびっくりした。怖くなってだまりこんだ」。
別の児童は「思い出すだけで気持ち悪い」とショックを受けている。男性教諭は、
これより前に、担任する学級の女子児童をたたく問題も起こしている。学校が七月、
二つの問題を併せて市教委に報告。市教委は校長を同席させ、七月十六日付で
厳重注意の処分をした。教諭は「ついやってしまった」と話したという。

*+*+ 東京新聞 2010/09/15[07:59:02] +*+

引用終わり

何と言うか、いえ、善し悪しは今さら言いません。悪いに決まってますから。
ただ、45歳ってことは私より一つ上。学級担任にもなってるところを見るとそれなりのキャリアもあるんでしょう。

確かに最近の子供、特に算数が嫌いな生徒は普通の問題には興味を示さないことは多々あるでしょう。
そして、昨今のゲーム流行りの時節柄そういう問題を思い出したのでしょう。
そこまでは分ります。

でもね、仮に百歩譲って「この問題で生徒たちが興味を持った」として、それに何の意味があるんでしょう。そこに意味など「全くない」ことに教師なら気付くべきでしょうね。
そういう小手先で表面的な問題のいじり方で生徒の理解を深めようとすることには全く意味がない。

先生でもわかるように言うと、お給料で生活費が足りないからと言って人から盗んだお金でその場を取り繕うことに意味がないのと同じです。

そう、「犯罪」よりも「学力」が大切などという考えは前提がおかしい。

立派な?先生であるはずがそのような単純なことに気づかない。この先生がしでかした「興味を持ってもらうために(結果を出すために)、多少不適切な経緯をたどっても仕方がない」ということは、生徒が不正しても結果として出来ればよいという考え方を是認するものです。もちろん価値観の一つとしてそういう考えは否定はしません。しかしそれを教育機関に入れてしまい世の人の多数がそうなってしまったら、この日本はどうなってしまうか。
小学生の教師はその子の将来に多大な影響を与える。そんなことは知っているはずですし、もし知らなければ「教育に携わる資格」がない、かと。

要は工夫の方向性が180度違うんですよねぇ…

私も長いこと塾の先生をやって来て、特に若い先生が生徒の興味を引き、理解を深めるために問題や授業に様々な工夫をしているのを見てきました。中には「それはちょっと…」というようなものまでありましたが、さすがに「割り算」の説明を「殺人」でする人を見たことがありません。
彼のこれまでの人生の中で何を食べたらこんな馬鹿げた問題が思いつくのか、知りたいくらいです。

この先生への問題
「先生が18人います。校長のパワハラで毎月3人の先生が自殺したとすると…」
どうです?いかに品がなく劣悪な問題であるか大の大人なら分るでしょう。しかも子供相手に子供の殺人ですからこれよりひどいですけどね。この先生の釈明のように「つい」で済ませることなど出来るはずもありません。

しかも「全員が死ぬでしょう」ではなく「全員を殺せるでしょう」ですからね。もう殺す気満々か、と。

馬鹿な政治家よりも、劣悪な教師の方が国をより劣化させるような気がします。
22:02  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

こんな先生が出てくるのは…

教育のせいなんでしょうか?
指導要領が悪いからなんでしょうか?
それとも成績さえ上がればよしとする親の責任なんでしょうか?

僕にはその先生本人を含め係わりのある人間全員の責任のような気がします。

自分で考えると言うことと…世の中には考えても答えが見つからないことが有るって事の意味を理解して欲しいですね。
沙羅パパ |  2010.09.16(木) 05:09 | URL |  【編集】

沙羅パパさんへ

お疲れ様です。
このニュースは今年のニュースでも指折りの嫌なニュースです。
起こった出来事は幼児虐待などに比べたら小さいかもしれませんが、たくさんの今の問題点を含んでること、そして、子供たちへの影響などを考えるとやり切れません。

誤解を承知でいえば、体罰の問題などは小さく感じるほどです。

切ないですね…何か…
ほりまさ |  2010.09.16(木) 23:43 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/1591-162f222e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。