大国なのか?大人なのか? 

こんばんは
今日は火曜日。
進路面談があるので早めに塾へ。

お父さんでしたが、もう回数お会いしているので取りたてて大きな問題もなし。
ただ、入試も半年を切るとそれなりにお話しすることもあります。

何と言ってももう9月も終わりですからね。早いな、と。

世間では中国やら検察のインチキやらで大騒ぎのようですが、私にとっては入試の方が一大事。
っていうか相も変わらず中国せこいっすね~。
昔の王様があの世で泣いてますよ、知らないけど(苦笑)。

まあ昔と違って戦争で国境を変えるのが難しいですから、外交というか難癖で既成事実を作って変えたいんでしょうけど、あんだけ領土広いのに、せこいな、と。
まあ地下資源が関係してるんでしょうけどね。

おおらかなかつての大陸思想はどうした、と。

で、検察のインチキ。

先日塾の授業で「子供と大人の違いは一つ。すぐばれる嘘をついてるうちは子供」って生徒に話したばかりです。
そういう意味では、あの検察のエースは子供なんでしょう。証拠資料、しかもデータ改ざんって…
壊したパソコンのデータも復元できるこの現代であんなずさんな改ざんで有罪にもってこうとするのはどうか?と。
検察が正義の味方、なんてことは思ってもいませんが、証拠をいじるようになったら終わりではないか、と。
こんなことがあると検察側のもってくる証拠がいちいちあやしくなってくるわけで…

エース、だめじゃん、と。

Comments

最近の大中華帝国は…

確かにおかしいですな。
国民何人で一人の官僚を養うかと言う役人扶養指数が文革以来売以上に悪くなってます。
ま、曲がりなりにも共産主義(僕はそう思ってませんが)の国に小さな政府つ~のも無茶な話なんでこの先地方での反乱が広がらない事を祈るばかりです。
あ、でも共産主義の国で農民革命ってのも面白いかも知れないです。

検察スキャンダル…大官僚帝国たる本朝で…その官僚支配の一角を担っている…
検察・警察ラインに小さいけど穴が開きました。
ま、その穴をどう広げられるかはこれからなんでしょうがね。

  • [2010/09/29 10:08]
  • URL |
  • 沙羅パパ
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

沙羅パパさんへ

お疲れ様です。
今日になって急に圧力を弱めるあたり、まだ協調しようとする意志はあるようですね。どっかの北の国と違って。まあおそらく米国や東南アジアなどが一斉に中国批判を始めたからビビったんでしょうけど…

検察の方は自分のミスであんなことになったんですが、これからしばらく裁判がしづらいでしょうね。とくに裁判員の裁判では、検察の出す証拠が全部眉唾に見えて…(笑)。ま、自業自得です。

  • [2010/09/29 18:59]
  • URL |
  • ほりまさ
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/1604-d668e19d