ノートの取り方 

こんばんは、ていうかこんにちは。

今日はちょっと早い更新です。

日曜日。天気は悪く、昼ごろは尋常でない土砂降り。
うちの塾の薄い屋根をものすごい音の雨粒が叩く。

塾の方では中3生の日曜理社講座をみっちり。
今日は社会で明治以降の歴史のおさらいしました。
明治以降の歴史は学校で尻切れトンボで終わることもあり(2年の終わりに駆け足でやる為)、その割に出題率が高いんで毎年重点事項にしてます。

さすがに明治大正昭和は量が多く、ほとんどしゃべりっぱなしの4時間でしたが、それでも大正までしかいけませんでした。

うちの生徒はまじめ?で言われたことはやるんですが、ノートの取り方など、創意工夫にかけることが多いんですよね。

昔はノートは貴重品でしたが(運動会の徒競走の1等の商品でした)、今は100均で3冊セットで売ってますからね。
ですから余裕を持って使えるはずなのに、生徒のそれはぎちぎちで字も小さく工夫もない。
っていうか、ノートの取り方を統一させるってのは無理があるし、かといってこのままでは全く意味のないノートになってる子もいるし…

答えを写すだけならチラシの裏で充分なわけですからね。
ノートは書くためでなく、後でみるためにとるべし、ってのが私の考えなんですが。

よって私はノートやメモは捨てないですからね(だからゴミがたまるんですが:笑)。

明日は一番で面談がありますので早く帰ります。寄り道は…むふふ…

Comments

構成はともかく…

生来悪筆の僕のノートは最悪でした。
いまだにワープロを開発してくれた技術者各位には感謝しております。

  • [2010/10/25 12:07]
  • URL |
  • 沙羅パパ
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

沙羅パパさんへ

お疲れ様です。
確かに技術の進歩はすさまじいですね。
20年前のワープロの大きさと価格は尋常ではないですが、今ではワープロ単体機の製造が無いということですからね。
そういう意味では、パソコンに変わってからはハード面でスペックが向上している位でワープロからPCほど大きく変わってない気もします。

  • [2010/10/25 19:22]
  • URL |
  • ほりまさ
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/1630-315be80d