07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

何かおかしい

2010.11.03 (Wed)

こんばんは
今日は水曜日。
祝日ですので塾はお休みです。
本当は、○谷大塚主催の全国学力テスト実施日ですので、全国的に、それに参加している塾ではそれをやっていると思います(TVCMで有名子役の子が出ている奴ですね)。

確か昨年「貴方の塾も参加しませんか?」みたいなDMが来たんですが、参加しませんでして。
すると今年はDMもきませんでした(笑)。

いえ、別に来ても対応は同じですし、必要があればこちらから申し込みする訳で、全く問題ありません。

本質的に受けるテストで止まるのであればあまり意味がないため、テストの類はその後のフォローが大変重要になります。しかし、一般生が自由に参加できるテストではそのフォローがやりづらい、やればやったで自塾の宣伝だと言われるでしょうし、正直めんどくさい。人の評価は気にしないんですが取り合うのが嫌なんで、生徒からの要望がなければ申し込むつもりもありません。
ただ、テストそのものを否定するものでもなく、中身はきちんとした物だと思いますから、あくまでも生徒の希望待ちですね。

さて、今日ふととあるコンビニに行きました。
買ったモノは4点。会計をする時店員はいつもならこう言いますよね。
「お会計は(4点で)○○円になります」

ところが、その店ではレジの液晶画面を差して、こういったのです。

「お会計がそちらの金額でよろしければ『承認』を指で押してください」

液晶をみると、買った点数、金額が出ていてその左側に大きく『承認』と書かれた画像があります。要はそこの液晶をタッチすると、こちらがその金額に納得したとみなされるわけですね。

目的はおそらく後々お金でもめるのがめんどくさいということなのでしょう。
そこでふとわいた疑問。

お昼時などの忙しい時でもそれをやるのか?
もしやる時間とやらない時間があるのならそのシステムに意味はないですね。
あの短時間の間に金額を本質的に納得して『承認』するためには電卓片手に買い物しなくてはなりません。
コンビニは本来「便利さ」が売りだったはず。一部の強烈なクレーマー(ヤカラと言ってもいいですが)のためにその便利さを放棄して、金額の責任を客側にもっていくのは、一部のコンビニの本質的なサービスの放棄ではないのか?
確かに人間の質の低下によって変な客は増えていると思います。
しかし、それに対峙することで本質的なサービスやスキルが向上するのではないのかと思うのですが甘いんでしょうかね。

このシステムは良く言えばトラブル回避。悪く言えば客に責任を丸投げしてるだけって気がします。

幸い?というより今のところその店だけのことでしたが同じチェーン店でも早晩導入されるでしょうね、多分。

ちなみに、私は不可思議な気持ちで『承認』を押しましたよ。クレームなど全く付けてません(笑)。
だって、金額を一々チェックなんてできないですしね。
後ろにレジ待ちの客もいましたし。

でも一体どこに向かって行くんでしょうね。

っていうか、店員のだした金額を客が信用しない「前提」で店が対応するなら、コンビニはセルフで良い気もしますけどね。
品物を持っていく。自分でバーコードに当てる。金額を出す。承認する。金額を機械に入れる。出入り口にはゲートがあってバーコードに当てていない(清算していない)品物があった場合ゲートが開かない。

万引き防止のために、入口に怖い警備の人立たしとけば無問題ですね。人件費も安い。1日中一人で済みます。

まあ技術の進歩はクレームによって生まれる側面もあるので、要は「金額にいちゃもんをつけるバカ客」と「金額をごまかすバカ店員」がいかに多いかということでもありますけどね。
あ~いやだいやだ…
19:29  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

セルフサービスコンビニ

有りかも知れませね…でも本末転倒の様な気もします。
沙羅パパ |  2010.11.05(金) 04:57 | URL |  【編集】

沙羅パパさんへ

お疲れ様です。
私のような中途半端なサービスを嫌う人間からすると、無人のコンビニの方がありがたいですし、警備面からみてもそっちの方が好ましいと思うんですけどねぇ…
ほりまさ |  2010.11.05(金) 18:47 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/1639-fd6f0ade

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。