07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ありがちな事件

2011.01.07 (Fri)

こんばんは
今日は金曜日。
今日は朝の車の量が多かったです。
世間では今日あたりが仕事始め?それとも来週頭からでしょうか?

冬休みの授業は今日で終わりで、あとはテストや補習があるのみです。

さて、今日は今年初めてのニュース記事。
昨日のニュース記事ですが、以下引用です。
>「怪盗ロワイヤル」アイテム詐欺多発、中傷も


携帯ゲームサイト「モバゲータウン」などで人気のソーシャルゲーム「怪盗ロワイヤル」で、ゲーム内で使う武器などのアイテムをだまし取られるトラブルが相次いでいる。


 アイテムはゲーム内の仮想通貨で購入できるものだが、インターネット上のRMT(リアル・マネー・トレード)では現実の通貨で高値売買されており、識者からは「原則無料の携帯ゲームは子どもの利用者も多く、運営者側が対策を急ぐべきだ」との声も出ている。

 「相手と連絡がつかず、手の打ちようがない」

 怪盗ロワイヤルのプレー仲間に交換を持ちかけられ、1万円相当のアイテムをだまし取られた千葉県の主婦(27)は悔しがる。

 怪盗ロワイヤルは、自分の分身のキャラクター(アバター)を育成しながら、武器などのアイテムを集めたり、仲間を募ったりして、他のユーザーと宝物を巡って闘う人気ゲーム。

 他のユーザーにアイテムを贈ることができる「プレゼント機能」もある。主婦はこの機能を使って昨年10月、プレー仲間とアイテムを交換することになり、まず自分のアイテムを渡したという。

 ところがその直後、相手は特定のユーザーからのメールやコメントを拒否できる「ブラックリスト登録」を悪用し、主婦との通信を一方的に遮断してしまった。

 アイテム売買が原因となって、ゲーム内で中傷を受けるケースも。

 福岡県の30代男性は昨夏、知人に頼まれ、アイテムをネットオークションに出品し、計約11万円で売ったところ、その直後からサイトで自分のページに「早くアイテムを返せ」「詐欺師の仲間か」といった中傷メールが殺到。結局、男性はゲームをやめてしまった。

 男性は取材に対し、「出品したのは、知人が『交換』と称してだまし取ったアイテムだったようだが、自分もだまされただけ」と話す。

(2011年1月5日14時54分 読売新聞)

引用終わり。

人気?の無料ゲームの中でも芸能人を使って盛り上がってますからね。

まあタダほど高いものはない、ってことですかね。
私もミクシイで一時期釣りしてましたが一切お金は使わないもんで、ルアーや竿は普通の奴ばかり。場所も川やら池ばかり。よって釣れる魚も限られます。
でもお金なんてかけたくない。ですからもっぱらフナやナマズばっかり釣ってました(笑)。
アメブロも含めてお金は一切落とさないわけで嫌な客ですが(苦笑)。

そういう私はこういうアイテム集めの楽しさはわからない半面、こういった被害にもあいません。

ってか起こるべくして起こった事件のような気がします。

ん?でも、怪盗何がしでアイテム詐欺にあったんだから、不謹慎ながらテーマには即してる気も…

いえいえ、やっぱり詐欺は駄目です!
20:12  |  ニュース  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

仰る通り…

泥棒のゲームで泥棒にあったんだから文句は言えませんな。
僕も携帯ゲームにはビタ一文使いません。
沙羅パパ |  2011.01.08(土) 02:41 | URL |  【編集】

沙羅パパさんへ

お疲れ様です。
何と言うか、ゲームとはいえ(というかゲームだとしても)泥棒を楽しんだりキャバ嬢になるのを楽しむのが健全ってのも…
まあ私には理解を超えた話です(苦笑)。
ほりまさ |  2011.01.08(土) 11:59 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/1706-4bc2057b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。