07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

親の言葉、子供の言葉、先生の言葉

2011.02.22 (Tue)

こんばんは
今日は火曜日。
学校では今週中に志望校の最終決定をしないといけないらしく、多分先生方も大忙しだろうと思う。
うちの塾でも全員の父兄に電話をしまくり、最終の意思確認、現状の結果予想などをした結果、いろんなことがあって結局全員志望校の変更なしになった。
全員合格はかくも…

さて、今晩そのうちの生徒の一人にどうしても言いたいことがあって、授業終了後話をする。
お母さんには昨日の段階で今日話たいことがあるので帰りがすこし遅くなることは伝えてあります。

内容は書けませんが、途中で生徒が泣きだす(声に出さずにすすり泣く感じ?)ような話。

こういう仕事をしていると、親子の意見の相違はしょっちゅうです。で、私たちはどちら側にもつかない、ってかつけない。
親には親の言葉があり、子供には子供の言葉がある。たとえそれが正しくても正しくなくても、可哀そうでもそうでなくても、その二つの言葉は時として平行にすれちがう時があります。

同様に私にも塾の先生の言葉がある。例え親に同情しても、子に同情しても。

今回は親の言葉が子供に伝わらず(大人であれば普通にわかる言い回しですが)、子供が親に言うべきでないことを言った、と。私は他人ですが、そこだけは生徒のために教えてあげなくてはいけなかった。先生の言葉を使って。

約30分の話の中で、声を荒げることなく話しました。伝わったかもしれないし、伝わらなかったかもしれない。

で、いま改めて思います。

親には親の、子には子の言葉がある。人間って難しいな、と。

昔まだTBSが家族ドラマをきちんとやっていた頃(それでも晩年だと思います、この後辺りから…)、日曜日に東芝日曜劇場がありました。そこで、「ボクの就職」という連続ドラマをやってて毎週見てました。

主演は渡瀬恒彦、緒方直人
かたい親父と就職になやむ息子です。
子供がもう一人いてそれは確か×1の女性(姉)で小さい子供が一人。その再婚相手が忌野清志郎さんが演じる、売れないミュージシャンで、まあそのお姉さん(つまり奥さん)に喰わして貰ってるヒモの寸前ですが性格は良い人です。ただ親父だけは職についていないのが気に喰わない。まあ一人娘をそんな相手に嫁にやりたくないわけですね。でもいい男なので文句を言いながらもなんとなく暮らしてる。ちゃんと仕事をして嫁と子を喰わしてやれれば文句はないって立ち位置でした。

最終回、忌野さんがライブを開くから見に来てほしいと伝えます。
以下記憶する限りですが
父「やっぱり音楽続けるんですか?」
忌「…すみません」
父「生活は?」
娘「私が働きに出ます」
父「私が言ってるのは男の責任。お前たちが結婚した時にした約束。きちんと働いてきちんと養うってそのこと。私いい加減なの嫌いです」
忌「夢を追うのはいい加減でしょうか?」
父、立ちあがる
忌「ああああ、す、すみません」
緒方直人(息子)「義兄さん謝ることないよ」
父「お前は黙ってろ」
息子「義兄さん良い人だよ」

そこで、お父さんの渡瀬さんのセリフが出てきます。私は15年ほど前のこのセリフを今でも、おそらく正確に覚えています。

父「親には親の言葉がある」


そして、忌野さん
「わかります。しかし夫には夫の言葉があります」


結局、長女夫婦は出ていきます。

数日たって、このドラマのエンディングで、この型物の渡瀬さんは義理の息子(忌野さん)のコンサートを見に行きます。

それぞれが、それぞれの立場で、本音がどうであっても「言わなければいけない言葉」がある、または「言ってはいけない言葉」がある。

TVからそんなことを学ぶのは変かもしれませんが、まだ若くて子供の方ばかり見ていた青い私が少しだけ大人になったきっかけの言葉です。

キチンと伝わったかなぁ…あの子(生徒)に…
23:07  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

公害を撒き散らしたり…

単なる金貸しや株屋でいくら稼いで…偉そうにしも…そんなモノは男の甲斐性にはならないと思います。大体世の中の男ってのは紐になって女に喰わしてもらうだけの甲斐性が無いから日々働いてる…つ~意見もありますからね。
沙羅パパ |  2011.02.24(木) 00:45 | URL |  【編集】

沙羅パパさんへ

お疲れ様です。
まあ確かに私のように女性に見向きもされない人よりは紐のほうが…(自虐:笑)。
ただ、最近は夢も希望もない紐が増えてますから、それよりは上かな、と(自分で御謙遜:笑)。
ほりまさ |  2011.02.24(木) 17:18 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/1753-fb17fc80

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。