07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

久しぶりの独断、パチ批評!

2011.09.18 (Sun)

こんばんは
今日は日曜日。
世間ではシルバーウィークらしく、連休中。

塾は今日はお仕事で、明日は休講です。

台風が近づいている割には天気が日に日に良くなってて、なんだか不穏な空気です。

さて、今日の塾は自習日でした。

さすがに二学期になると受験生を中心に塾に来ますね。
もちろん中3生は静かに自習するようにしつけてますので、手がかかりません。

私は小学生の授業へ。

今日は早く終わって約1カ月ぶりに例の場所に行こうか、と。

思えば8月の25日辺りから緊縮財政に入ってまして、相当久しぶりです。

まあどうせ羽根デジですけどね。

久しぶりなんで、今日は独断パチ批評でも。

意見には個人差がありますのでどうかご気分を害されませんように。

あと好きな台を悪く言われるとカチンとくる方は見ない方が…(笑)。

では、後半で!

More・・・

では、今日は3機種。
1つ目は最近好んで打っている機種
CR華牌II「ミスター麻雀」小島武夫の戦略PK

画像なし。
私はマルホンの機種を相当打ってませんでした。
先日ひょんなことからこの台を打った時、あの筺体になってから打ってないことに気づきました(笑)。

この筺体になったのが記憶が確かなら(なんかの本で見た)研ナオコさんの台あたりからなので、調べたら2007年位らしい。
ってことは少なくとも4年近く打ってないということになる。
で、最後に打ったと思われるのが、この前身機らしい「CR華牌・井出洋介の華麗なる麻雀」なんですよ。

で、つい手が出た、と。

打ってみて牌の動きなどの不自然さが少なくなってました。前のこの手の麻雀機種は「そこでそれ切るかね~」ってのがあったんですが。

この機種のは3R、5R、10R、16Rしかも、アタッカーをわけることで親と子の得点差(実際は1.5倍)を再現しています。この辺の工夫は素直に面白い。
右アタッカーで当たる時は羽根デジなのに出玉も多いし、かつ速い。
等価なら一撃の勝負が羽根デジでも出来ます。

欠点もあります。通常のリーチで全く当たる気がしないこと。
またスーパーリーチも色々演出が組み合わさらないとしょっちゅう外れること。

でも、この機種の最大の魅力(個人的に)はですね…

液晶の右上に本当のデジタルがあるんです。
一応一~七?まであるんですが、止まる時の外れは大体「一四七」などの「筋」ではずれます。

問題はリーチがかかった時。
七七七のみが当たりですから、リーチがかかれば七のテンパイになります。
中デジタルは回ってます。

で、液晶上でツモれなかった時は六かなんかで外れて、一瞬「七六七」になります。

で、少し(1~2秒?)時間が立つと真ん中のデジタルが再び動き出す訳です。これでスーパーリーチ、なんですが、画面上の演出より少し早くデジタルが動き出すので「スーパーリーチ」が液晶上より速くわかります。


ええ、それだけです(笑)。

ですから私、リーチがかかったら演出見ずに、右上ばかり見てます。で「お~動いたよ~」って(笑)。

まあ本来の楽しみ方ではないでしょうが(爆)。

評価です
出玉5(アタッカー周りで店の差が出るだろうけれども台の工夫としては良し)
演出3(熱いものに少し偏らせ過ぎて中間がないような気がする。当たらないリーチはほぼ無理)
相性4(今のところ)
総合評価4(工夫と言う意味では満点に近い。羽根デジのスペックを上手く使ってると思う)

次の機種
CR八丁堀の七人FPW

ついにホームからは無くなったが羽根ヤマトあたりから藤商事の台を良く打っている。
相性は普通だと思うが、こてこてリーチで外れたり、あっさりリーチでやはり外れたり(笑)

ただ、いろんなことを考えられる機種になっている。

ヤマト以降の羽根デジしか打っていないけれども、原則王道のスーパーリーチが3つ~4つある。で、それ以外にも余禄系のスーパーが2つ位。途中でカットインあり、しかも色の違いあり。ギミックもあり、と言う意味では藤商事の機種は応用がきく。
ただし、さっき書いたようにこてこてでも外れるので、強い意思が必要か?

この機種の良さは羽根デジなのに賞球数が多いため一撃があること。
また何と言っても大当たり中の曲。ビリーバンバンの有名な曲を聴くだけで十分。

ただし、藤の羽根デジで私が好きな機種のほとんど全てで、古スペックというかMAXになるとク●台になる気がする(笑)。

この八丁堀でもそうだが、羽根デジだから確変50%でもいいだろうが、フル(というかミドル)で55%はきついだろうと思う。ヤマトに比べて時短での引き戻しが薄い気がするのと(オカルト)、時短中のリーチは実写リーチに特化したため、ほとんどリーチにならず、淡々と時短が進む。で、30回転などはすぐ終わる。
一応救いとして時短90回もあるので、格上げになるとうれしい。

しかも個人的に最近通常絵柄5連中、かつ12R確変は2カ月以上引けてない(笑)。

なのにこの機種が好きなのは…よく理由がわからない(笑)

理不尽なのに打ってしまう台?(実際ホームでは2台位の台がいつも埋まってる)Mの方に最適か?(爆)

評価です
出玉4(12Rの引き次第では相当速いと思う)
演出3(青とか緑系ではほぼ無理。でも実写リーチを4つ位に絞ったのは良い)
相性3(下降気味)
総合評価4の下(ヤマトの方が上だが、でもあのボーナス中の歌が神)


最後に打ってない台
CR花の慶次~焔 L2‐V
今どんどん増えている台。
某格闘家が気持ちよさそうに美声を披露しているPVが流れたが、リーチだかギミックがさらに複雑化して、よせばいいのにキセル演出も何やら工夫を加えたらしい。慶次は2代目で打ち止めにしているので打つことはないが、おそらく駄目駄目で終わると思う。もちろんホールのやる気で変わっては来るだろうが、過去ギミックやらリーチやらを多様化してヒットした機種はまれである。初代のインパクトに縛られた台で、ある意味悲運な機種。
外れて長寿機種になったらごめんなさい。
私的には某格闘家のために出した台としか思えない。
あと、キャンペーンガール3人組もTVで一所懸命活動しているが、セリフくらい覚えた方が良い。ちらちらとカンぺを見ながら告知されてもしんどいだけである。プロならプロらしく、たとえキャンペーンガールでもすべきではないか?あと彼女たちの来ている虎の着物は安っぽい。かわいそうである(笑)。

少し前に出た(これは1000円だけ打ってお腹いっぱいになってやめた)CR浜○あゆみもそうなのだけれど、最近の機種で度々思うことがある。

「誰のために作った機種なのか?」浜○さんに阿って作ったとしか思えない仕上がりで熱いリーチ2回でもう満腹でした。(決して外れたから恨んでる訳ではない:笑)


最近は分らない事だらけです。

ちなみに出来なら同じ三共の CR KODA KUMIの方が浜○あゆみよりマシだと思う。
19:42  |  パチンコ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/1946-4e5e58a8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。