09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

失言と辞任と言葉狩り

2011.10.19 (Wed)

こんばんは
今日は水曜日。

天気も良く秋めいてきましたね。

塾の方は何も変わったことがなく、と言うより電話の1本もならず、携帯が壊れてるんでは?と音がなるか確認した位です(笑)。

さて、塾に何もないと、自然とネットの閲覧が多くなるわけで(だめじゃん…)。


また、政治家の失言があったようです。
あったようですが…ここまで大騒ぎするのもどうか、と。

要は先の津波の時に、復興相のご友人も亡くなられた、と。で、非難して助かった人もいるが、そのご友人は非難しなかった(できなかった)ので亡くなった。だからバカなやつだ、と。

まあいきさつはどうであれ「バカ、あほ」ってのは良い言葉ではありません。ありませんが良く芸能人の葬式で弔辞の時「俺より先に逝きやがって、ばかやろう!」って感動を誘うことがありますから、詳細を別にすれば変な使い方でない「可能性が」ある。

そもそも、政治家が下らない失言で問題になったことは数限りなくあります。
もっと言えば、古くは吉田茂氏の「ばかやろう」や池田勇人氏の「貧乏人は麦を食え」発言もあります。さらには森氏の「選挙に行かずに寝ててくれたらいい」ってのもありましたし、小泉氏の働いた実績がないのに厚生年金を受けていた問題の時。「人生いろいろ、会社もいろいろ、社員もいろいろです。いい社長さんでしたねぇ~。会社なんかこなくていい、というんだから」ってのもありました。さらには先の松本復興大臣も上から目線の失言で辞任しましたし次の復興相も非公式の場で放射線を移す発言でやめましたね。自民政権末期、農水相が鬼門だったように、民主政権では復興相が鬼門なんでしょうか?

でもこれはご異論があるとは思いますが、程度の問題こそあれ失言で辞任ってループはいかがなものだろうと思います。
まずもって何もしゃべらないことが最大の功績などということは政治家の本業ではないと。もちろん暴言を肯定するわけではありません。でもこんなことで一々やめていたら誰もいなくなるか、何もしゃべらなくなるのでは?

そのうちマスコミは失言を追うのが仕事になり、野党も与党議員の言葉尻を追うようになる。「今、言ったよね、吐いた唾飲むなよ~」ってのは政治の矮小化を招く気がします。

元より政治家の質の低下は即日本人そのものの質の低下を意味します。
評論家は良く政治家を批判し、昔の政治家を引き合いに出しますが、昔だって政治家はマスコミに相応の非難を浴びていたはず。よって評論家の質も落ちているってことでしょうかね。

使ってはいけない言葉がどんどん増え、時代劇の再放送もカットされることが多くなり、日本人が言葉に敏感になる割にそれほど世相は良くはなってない気がします。
言葉狩りみたいに感じることも良くあります。

今必要なのは、何もしゃべらないこと、や「きれいなだけの」言葉ではなく、継続した行動力のはずです。
どうせ次の選挙では審判は出るんですから、よい意味で世論など気にせず、しっかりと仕事をすべきです。
新聞の世論調査、支持率、「総理にふさわしい人:笑」などは全く無視して良いと思います。


それどころかマスコミの世論調査をどっかやらないかな?

貴方はどのTV局を支持していますか?
どの新聞社を支持していますか?
支持する理由はなんですか?
不支持の理由はなんですか?
TVや新聞を見ていますか?
見なくなった理由はなんですか?

果たしてマスコミが「以前」のような潔癖なジャーナリズムをもって仕事をしているのでしょうか。尤も「以前」がどこまでさかのぼるのかは個人差がありますが(笑)。
政治家よりも一層、マスコミの方が大衆迎合の傾向が強い気がします。ええ、私見です(笑)。
22:04  |  ニュース  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/1977-de234044

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。