運命のドラフト 

こんばんは
今日は木曜日。

ドラフトがやばいことになったようで。
時間的に授業の時間なので見られませんで、授業終了後ネットで見たら1位で結構なことが起こったようで。

我がホークスは無風状態で(笑)、相変わらず地元九州の選手だったようですが、某YG系の球団が単独指名と思われた所へ昔は同じ球場をシェアしていた球団が入って来て…

で、あろうことか二分の一のくじを外すという…

そういえば中日の1位指名も残りくじでしたが、やはり残り物には…と思ったらBIG3の1人藤岡選手は最初に引いた球団がすでに引いていたりもしてました。

何と言うか私の世代でドラフト事件と言えば、江川事件、桑田・清原事件が記憶に残るんですが、「行きたい球団に行きたい」という気持ちもわかるんですが、完全自由競争にするとお金持ちの球団や、人気のある球団に流れてしまいますし、難しいですね。

ただドラフトで起こったトラブルはその人の野球人生で良くも悪くも一生ついて回る訳です。野球選手たるもの野球で名を残すべきなんでしょうがね、やはり。


逆に球団譲渡で揺れる某横浜系の球団に指名されたら結構複雑ですよね。まあ大方次の親会社は分ってますけど下手したら入団が決まった後一転して自分の大嫌いな会社が譲渡先になるかもしれませんしね。

そういう意味では、地元密着、長期経営で人気と安心感を担保するしかないんでしょうかね。

まあ何にしろ今夜はあちこちで悲喜こもごものやり取りがあるんでしょうね。

ただ、今夜指名された選手の何人が5年後、10年後選手としてやれるのか、それを考えると切ないですねぇ…

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/1985-8bd8d719