07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

人権蹂躙とは穏やかでない

2011.10.30 (Sun)

こんばんは

今日は日曜日
塾は補習日+中3集中講座。

朝からしゃべり続け1時過ぎまできつかった。
外は雨です。

朝一で母から電話がかかる。

何事と思いきや、何やら母の友人が塾の先生を世話してほしい、と。

指定された番号にかけてみると、生徒ではなくお母さんの方が習いたいと。
しかも高校数学。

当然習いたいのは昼であると。

うちは中学生だけです、と告げ、浪人生を扱っている塾を数件紹介しました。

塾でもやろうというのでしょうかね…

さて今日はネタなしにつきニュース記事から。
先日のドラフトがらみ。

>菅野の祖父 原貢氏憤慨 日本ハムから「あいさつなかった 人権蹂躙」
大学球界最速157キロを誇る東海大・菅野智之投手(22)は相思相愛の巨人による単独1位指名とみられていたが、強行指名した日本ハムが交渉権を獲得した。
菅野の祖父で原監督の父である東海大系列野球部の原貢顧問は「日本ハムからは“(指名に)行きますから”というあいさつが一言もなかった。これは人権蹂躙(じゅうりん)。ドラフトにかけるなら、あいさつが両親のところに普通ある」と憤慨した。

スポニチアネックスより。

まず前提として、私は巨人ファンをやめて20年以上たちます。王監督の首を切ってから一時はアンチでした。でも王監督がパリーグに来てからアンチから無関心になりました。

で、今回のドラフト。
行きたいところに行けなかった無念は分ります。でもこう言うことを周りの大人が言えば言うほど本人への風当たりが強くなることが分らないんでしょうかね。私は子供や孫可愛さでこういうことをいう人間はあまり賢いと思えません。あろうことか人権蹂躙だと。人権だ、憲法違反だの言いだしたらプロ野球の過去の黒歴史はどうなるのか?また栄養費だ何だはどうなるのか?って話になる。
TVカメラの前で、報道陣の前でドラフトへの不満、某球団への不満を言えば言うほどそこがクローズアップされてしまい本人の意思が見えなくなってしまう。断りたくても断りにくくなる。またこんな捨て台詞を残して浪人して巨人に入ってもハードルを上げるだけになり、イメージも良くない。要は言えば言うほど本人の価値を下げている。

どうしても行きたくなければ「行かない」と断ればいい。行きたくなれば「行きます」と言えば良い。それだけです。大学生でいっぱしの年齢で親だ祖父だ叔父だがしゃしゃり出るのはいただけません。
縁故で巨人に行きたいのか?それとも江川氏のように監督が誰であれ巨人に行きたいのか?もはやそれすらも分りにくくなってしまってます。

取り巻きの人たちの無念さは理解できなくもないですが、所詮取り巻きは取り巻き。言えば言うほど「縁故」が表に出てくる気がします。

ましてや人権を持ち出してくる。

私の記憶が確かなら当の原監督もドラフトで抽選だったはずです。もしくじで当たっていたらあの選手は満面の笑みで記者会見を受けていただろうし、人権蹂躙とも言わなかったでしょう。でもくじに当たった外れたの違いで事の本質は変わらなくないですか?

何度も書きます。当人が行きたくなければ断れば良い。行く気になったら行けばよい。取り巻きが何を言っても関係ありません。


さて、そんな愚かしい取り巻きは別にして、ドラフトになったらこの手のことがよくおきますね。

本人の希望を入れると特定の球団が強くなる。でも行きたい球団に行けないのは辛い。

だったら、良い方法があります。

本人が行きたい球団を指定して入団した場合、その選手のFAの権利をはく奪すればよい。
要は最初に「自分の意思」で球団を決めたんですから、自分の意思で決められない人より得をしたことになります。
ですから、先に決めたい人には、後で移籍できる権利を放棄させる代わりに認めてあげれば良い。

本当に特定の球団に惚れているのならそれで問題ないはずです。
ドラフト前に選手はFA権をとるか、最初に自由に決められる権利をとるかを選択させる。
へたすりゃ飼い殺しですが、それはそれで仕方ないですね。

どうです?グッドアイデアでしょ?


この手の問題は「野球界」に入団し所属を「球団先」と考えるか、それとも球団を会社としてとらえ会社を自分の意思で選ぶと考えるか、で変わりますね。

前者であれば、A社の営業課を希望していたら総務課に回された!けしからん!営業課には僕のおじさんがいるのに!
でも会社側から見ればA社に入れたんだから良いでしょ?いずれ営業になることもあるよ。縁故?シラネ。総務の人が足りないんだもん。

後者であれば自分で会社を選択できる訳ですから取り巻きの方々の主張は尤もですが、そうであるのならそもそもドラフトの意味がなくなる。まあ人気球団はドラフトなど邪魔ものでしかないでしょうけど(苦笑)。

ってかね主にマスコミですが、おじさん、とか甥っ子とか言いすぎ(笑)。
縁故で入ったこと、または入ろうとしたこと、または入りたかったことをどんだけ前面に出すんだろう、と。二世議員も真っ青だな、と。

だからね、取り巻きは余計なこと言わない方が良いんですよね。

せっかく彼がここまで実力で勝負してきた(んですよね)事を取り巻きが薄めたり否定するようなことをしてどうするの?と。彼が入団したら何かあるたんびに「奴は監督の親戚だから…」と言われる土壌を自分側で作る神経が理解不能です。
ドラフトでの遺恨や事件はその選手にずっと付きまといます。それは果たして選手にとって後の笑い話になるんでしょうかね?

まあどっちにしろ、事前にあいさつに来ないから人権蹂躙なんて言ったら通常の仕事や契約はできませんな(笑)。

どうか、管野選手は周りの意見に左右されることなく一人で判断してほしいですね。ご自分の野球人生ですから。

ちなみに超個人的に言えば、SBファンの私はそれほどの選手なら浪人してGに行ってほしい(笑)。でも一人間としてみれば遠回りをせずFに行ってFAでGなりメジャーなり行けばよい、と。

要は正直関心が薄いんですが(苦笑)。
20:25  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/1988-24f08360

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。