泣く子と○○には勝てません 

グッドイーブニング(言うまでもなく英語です)

今日は良い天気でしたねえ。(まあこの地方だけかもしれませんが)

今日は警察にご意見の電話を1時間(笑)。
来月は携帯代が大変だ(涙)。

今から4年ほどまえの1月にスピード違反をしてます。
合格祈願の行き道ですが。(その時の記事がこちら)。

で、それからしばらくして免停になり、講習を受けて1日免停で終了。その後当然次の免許切り替えでは違反者講習を受け、更新。

で、それから3年がたち、無事に無事故無違反。


で、先日圧着はがきで講習のお知らせがくる。

今回も青色免許らしい。まあしかた無いか、
と思いきや「違反者講習をうけろ」と。


おいおい何で1度の違反で二回の違反者講習を受けなくちゃいけないの。

第一この3年間(つまり「ありがたい(皮肉)違反者講習」を受けた甲斐あって)無事故無違反じゃないか。

電話して回されて、「規則ですから」ち~ん。

でもねばったね、私は。

どう考えてもおかしいもん。

しかも、そうならそうと、なぜ講習会の(おそらく定年後の就職先として見つけた)教官は、講習の最期になぜ一言言わない?「これこれこういう罪を犯した人は次回も違反者講習を受けなきゃいかん」と。

あの超自己満足で、自分に向かって話している、プロ意識0の講習を聴くだけでも×ゲームなのに、これが無違反なのについてくる、と。

グリコかよ。

もちろん規則ですから変わりません。

でも途中で相手が答えに窮して教則本を持ってきて「○○…○○、このように書いてますね」と言った時には、プロの人でも本見なくちゃ分らんことを素人に強要するんだったらもう少し告知をきちんとすべきでは?と言ったらしばらく答に窮してました。

まあ何にしても「ご意見は承りました」という結論で、これはすなわち「もう言いたいことはすんだかな?じゃあね」と同じ意味なんですけど、まあしかたない。

公権力と泣く子には勝てません。

それ以外にも16年ぶりの…とか3年ぶりの…とか色々あったんですが、それはまた明日にでも。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2117-8f83071c