小手術 

んちゃ

懐かしいアラレちゃんでのご挨拶。
昨日は更新を休ませていただきました。


というのも、昨日は例の足の精密検査の日でした。

皮膚科の先生の紹介状を書いていただき(初体験)
県立病院へ行き(初体験)
たくさんの受付に群がる人を押しのけて(少し大袈裟、でもかなり人が多かった)

待つこと小一時間。予定時間より1時間弱遅れて診察開始。

とりあえず、せっかくここまで来たので、白黒はっきりつけたいので、皮膚を切開してでもいいから調べてほしいと。

で、その後緊急の小手術(と説明書に書いてある)。

部分麻酔で、右足のすねの辺りの皮膚を結構な厚みでとるらしい。

えらいもので、しばらくは痛くなかった。

所が、大変な痛みが襲ってくる、すぐ消えたものの、麻酔かけててあれだったら、麻酔なしなら死んでるな、と。

あとは縫い合わせて終了。

30分ほどで終了したものの、本当の辛さは昨日の夜以降、麻酔が切れてからやってきた。

ずきずき、痛みが増してくる。もちろん痛み止めというか化のう止めの薬は貰ってます。

でも普通に考えて、すねの部分は素でぶつけても痛いわけで。
そこの皮膚やらを少しとはいえ切り取ったんですから痛いに決まってます。

今日の授業中は痛かったっす。


結果は1週間後。
血液というか血管検査もするらしい。

何が出るかなあ。

ってか治るのかこれ?

ちなみに一日一回消毒しないといけないわけです。

帰ってやるんですが、傷跡怖くて直視できないかも…

画像は…やめときます(笑)。

ばいちゃ!

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2121-d7eff420