09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

人生初の…

2012.04.22 (Sun)


こんばんは…ではなく、こんにちはですね。

こんなに早く更新するには訳があります。

まずは、今日は日曜日。

雨です。

補習日ですが中3が6人ほど来ました。

バイトの先生に任せ、事務仕事もそこそこに、お出かけの用意。

実は今日は人生初の出来事が。


私は落語が大好きなんです。
その歴史?は古く小学校5年位から、ラジオで落語を聴き始め、カセットテープにエアチェックし、何回も聴き、覚え、小六の時には全校生徒の前で一席やる羽目になったことも…何をやったかは覚えていないのですが、なんとなくどんスベリしていた記憶はある(爆)。

それ以降人前でやることは自重しつつも(苦笑)、落語のラジオ番組は民放とNHKはできるだけチェックする少年でした。

その時(70年代後半~80年代初期)は志ん生や円朝、文楽といった昭和の大名人が没後すぐ位でしたので、まだラジオで結構流れていました。
そして人間国宝になった小さん(敬称略)のすぐ下にいわゆる四天王(立川談志、三遊亭円楽、古今亭志ん朝、橘家円蔵:当時は月の家円鏡)が全盛期で結構TV番組にも出てました。
以後、古典落語ばかり聴いていまして、某出版社の昭和の名人なるCDブックも買い続けるほどです。さすがに全ての音源を買いあさるほどお金はない(笑)。

ご存じのようにここ数年で大御所がどんどん他界されています。

寄席に行きたくても地方に来るのは若手が多いし、回数も少ないので曜日も会わない。

このまま寄席などは無縁で終わるのか?

先日車を運転中ふとある店の窓に貼ってあるポスターに目が行きました。

立川志の輔独演会。

ん?志の輔?

もちろん皆さんご存じのあの方。某がってん系の方で、立川談志の愛弟子で、東京ではチケットがとりにくい噺家の一人。

最初は全く信用してませんで。

でもどうやら本当らしい。

日付も22日の日曜日。「行ける」

次に心配したのはチケット切れ。何しろ東京ではチケットがとりにくいのです。


ラッキーなことに地方ではそこまで加熱しておらず、というか落語を聴く人が都会より少ないんでしょう、普通に店主が奥からチケットを束でもってきまして「1枚でいいの?」と(笑)。

そんなわけで寄席デビューが「立川志の輔」と相成りました。


コンサートも含めて大学時代はしょっちゅう行ってたんですが、、どうしても夜が多いので、塾の仕事と重なり行けずじまいで、最後のコンサートが大学の4年でしたので何と23年ぶりの催し物参加!!しかも寄席は初。


そんなわけで今から行ってまいります。

場所が街中で大きいホールなので人混みが嫌ですが、非常に楽しみです。
12:30  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2134-612bae61

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。