07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

小さな悪意が一番悪い

2012.04.24 (Tue)

こんばんは


今日は火曜日。


暑かったですね~。

とある場所では真夏日だったそうで。ってかまだ4月ですよ!

今年の夏は猛暑でしょうかね?

電力事情大丈夫でしょうか?
実家の山の中ならともかくアスファルトに囲まれた都会では、暑さがきついですからね、果たして節電レベルで行けるかどうか…

原発の問題もありますが、一度電力などの水準を上げると元に戻れますかね。橋下さんのいうことも分りますが、いざ猛暑の状態になった時にどうなるかは分りませんしね。

私は幸い?九州なのに冬に普通に雪が積もるほどの山頂なので日中はともかく夜や朝夕は夏でも涼しいんでいざとなったら実家に駆け込みます。

避暑地として売り出そうかな(苦笑)。まあ売れないでしょうけど。


塾の方は体験一名。
果たしてどうなるか?GWを一週挟むので分らないです。


さて世間では何と言っても物騒な事件が多くなってます。

特に突っ込み系交通事故。

京都で連日起こってますね。

無免許+居眠り運転で、死者が出てる訳ですが、無免許だと保険も出ない可能性もある訳で、当然無職のお兄ちゃんに賠償などできるはずもなく、保険も無ければ、家族が払うしかないのでしょうが、ある日自分の子や兄弟がしでかしたら…と思うと、冷や汗が出ます。他人事でもありません。

さらに、報道を見れば、朝の時間は通学路なので一方通行になる代わりに、抜け道代わりにスピードを出す車が多く前から問題になっていたそうです。まあ一方通行なら広めの道路になりますし、朝の時間ですからね。
さて、事故を起こした当人は万死に当たるのは当然としても、彼らの他にも朝、あの道をビュンビュン飛ばしてた人は明日からどうするのでしょうね。

もちろん事故を起こしたわけではありませんから直接の罪にはなりません。でも前から問題になっていた、でも「こっちは急いでるんだから」といつもはスピード出して通勤していた人たち。

たまたま加害者にならなかったために「こちら側」で容疑者を責めるのは簡単です。でも、その責めている人の中の何人かはあの道を結構なスピードで通勤していた人や、マナー違反の人がいたはずです。

「ちょっとぐらい」「こっちは急いでるんだ」「みなやってるし」

事故が起こった途端、急にあの道を法定速度で走るようになって「私はあんなトンデモない犯人とは違います」と。そう上手く行くもんでしょうか?

いつぞやこのブログでも書いたと思うんですが、世の中に正義と悪意(不義?)、そしてそれぞれに大小があるとして、大きな正義と小さな悪意こそ国を誤る気がします。逆に、小さな正義の積み重ねは国を良くし、大きな悪はすぐに露見して消えてしまう、と。

大きな正義を振り回すのは危険ですし、正義は所詮自己の中の物であることが多い。まあこれはご意見多々あるでしょうから置いといて、最近厄介なのが、小さな悪意。悪意と言って悪ければ「思い上がり」



これくらい

みなやってるし

たまたま

今回だけ

私は事故なんて絶対起こさない



でもちりも積もればどうなるか。

また今回のように事故になるのは確信犯は少ないわけで。



明日からあの道は、あの道を通る車はどうなっていくのか。
またあの道を今までマナー違反して通っていた人たちが今どう思うのか?明日からどう思うのか?

ガードレールを作っても、逆に以前よりスピードが増すだけかもしれない。

そんなことを言えば、私だって塾の仕事=朝夕の混雑する時に出勤をしないからそう言える「だけ」かもしれない。

小さな悪意が怖いのは、そういうことなんです。

また当然「殺すつもりはなかった」のでしょうが、それで死んだ人が生き返る訳ではないし、罪の軽さと起こった結果は全く違うものでしょう。あの少年達がこれからどのような人生になっていくのか。そもそも、その少年たちの人生の中でやってしまったこの事件で、途絶えてしまった小さな子供や奥さん、またまだ見ぬ命のにも「人生」があったわけで。


何にしろ非常に重い事件でしたし、決して「過去形」で語ってはいけないのだろうな、と思います。

お亡くなりになった方々のご冥福をお祈りいたします。
また事故にあったお子さんたちにお見舞い申しあげます。


私にできることは、この事件を他山の石として、明日から一層安全に運転することくらいです。

それは被害者のためだけではなく、自分や親族のためでもあるのですし…
23:21  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2136-1e1f2a3b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。