07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

しばしの休載。あれから1年(長文です)

2012.04.27 (Fri)

こんばんは

今日は週末金曜日

天気が良く、暑い。

先日から暑い、涼しいが交互に来てる気がします。皆さんお体ご注意ください。

県立病院の通院日。
大量の薬をビニール袋に入れてもらい薬局から出てくる姿は、もはや親父を超えたといってもいい(←バカ)。


夕方塾につくと卒業生が父兄とともにご挨拶にやってくる。

本人はすごくうれしそうで充実しているようで何よりでした。



さて、明日からしばらくの間ブログはおやすみします。
理由はゴールデンウィークで、PCに触れないからです。


思えば1年前もある覚悟をもって多分ブログを始めてから初めて長く休みました。

で、今年もこの時期になった。
それはすなわち、あの出来事から1年たったことを意味します。

沙羅パパさんからのコメントが無くなったことは私にとって、というよりも「このブログにとって」大変重要な問題でした。もちろんこのブログを始めたころは誰も見ていらっしゃらなかったでしょうし、ましてやコメントをもらいたくて始めたわけではありませんでした。そこには嘘はありません。しかし、ある日からほぼ毎日沙羅パパさんからコメントをいただくようになり、ネットの上の交流が始まり、そしていつの間にかお会いすることこそなかったものの(お声だけは聴けました)、個人同士の実態を持った交流に変わり、それでもコメントはいつも同じように「沙羅パパさん」でい続けていただけました。

自営業をしていると、しかもすぐ近所にかつての勤め先が、今はライバルの塾として存在し、それ以外にも大手中小とたくさんの塾があるなかで、一人で仕事をしていると、生徒のことで悩んだり、プライベートのことで悔やんだり、夜中にふと泣きたくなったりすることはとてもたくさんあります。

そんな中、沙羅パパさんをはじめとするたくさんのコメントが一体どれほどの励みになったか分りません。

正直泣きながらブログを書いたこともあります。

だから、私にとってブログのコメント、特に、沙羅パパさんの「変わらない」コメントはこのブログの根幹でした。

沙羅パパさんの素晴らしさは、自分のご意見がしっかりとあり、場合によっては私と意見が違うことがあったはずなのに、決して否定をされないことでした。でも決して阿ることはなく、ご自分の意見はやさしく、でもはっきりと書かれていました。

昨今、いろんなブログや掲示板を見ていると、自分と違う意見を見ると、どかどかといきなり怒鳴りこんできて、自分の意見だけぶちまけていき、荒れてしまうことがよくあります。

そりゃあ、私だって人間ですから気にいらないことの一つや二つあります。

でも、無視してればいいだけの話です。でもそれができない方も少なからずいるようです。

このブログにも、過疎ブログですから数は少ないですが、まあ7年もやってれば多少はありました。

沙羅パパさんは至る所にコメントを書かれていましたが、土足で怒鳴りこむようなコメントはされませんでした。少なくとも私が知る所では、ですけれども。
また、私が田舎育ちなので、年上の沙羅パパさんと結構意見があったのかもしれません。


今でも時々昔のブログの沙羅パパさんのコメントを読んでいます。


吹けば飛ぶようなこの塾、どの業界もそうですが、どんどん大手ができてきて、1年どころか半年先すら見えません。ですから昨年の今頃本当にブログの存続も含めてたくさん悩み考えました。

実はいまだに答えは出ているわけではないのです。

でも、1年という区切りまでは沙羅パパさんのためにも続けるべきだと、勝手に思い続けてやってきました。いえ、やって「こられ」ました。

あの出来事があってから、私は新たに数名の方と沙羅パパさんのご縁で交流が持てました。またまた業種の違う方でした。

やはり人間は助けているようでいつまでたっても助けられている。沙羅パパさんから最後に本当に大切なことを教わった気がしました。

だから、仕事の上でも「生徒を助ける」だけでなく「生徒に助けられる」ようにやっていこうと思いました。もちろんそれは間接的に、ですが。(直接的に生徒から助けられたらそれは情けない:苦笑)


今日この文章を書きながら、あれから1年たったのだ、と強く思うとともに、自分のこと、塾のこと、友達のこと、親兄弟のこと、そして沙羅パパさんのことを少し考えてみようと思います。


明日からしばらくお休みをいただきます。

ああ、1週間ずっと考えるわけではないと思います(汗)。


では、皆さんお元気で!
GW明けにお会いしましょう!
23:07  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

年をとるごとに痛感するのですが、1年ってホントに早いですね。仕事や行事に追われてバタバタしていると1週間・1ヶ月・・・その積み重ねで1年がアッという間に過ぎていきます。

早いもので、私の母も亡くなって1年。1周忌にはいろんな思い出話をしながら偲んであげようと思っています。
nob |  2012.04.28(土) 09:14 | URL |  【編集】

nobさんへ

いつもありがとうございます。

そうですね。本当に1年は早いです。
結局何も変わっていない自分がここにいてあきれる半面、でも今の時代変わりなく暮らせることの方がいいのかな、と思ったりもします。

お母様ももう1年たつんですね。
どうか、この1年で起こったことなどをお話ししながら偲んでいただけますよう。

また新しい一年ですね。頑張りましょう。
ほりまさ |  2012.04.29(日) 00:03 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2139-9bdd5c2d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。