助からないと思っても助かっている 

こんばんは

今日は木曜日

部活の試合があちこちで悲喜こもごもの結果を及ぼしているようで、今日は中3を中心に数名休みです。

そんな中、授業中ふとしたことから将棋の話になりまして。

まあ受験にとっても大切なことですし棋界の巨人、故大山康晴十五世名人のお話を少しして、その言葉を紹介しました。

「助からないと思っても助かっている」

私はこの言葉を詰め将棋の本で知りました。当時は塾の先生にもうなっていましたが、以来この言葉に何度励まされたか分りません。

「助からないと思っても助かっている」

大山さんの全盛期はリアルタイムで見ることができませんでしたが、TV番組などでそのエピソードを知るたびにこの言葉の持つ意味と強さをしみじみと感じるのです。

今まで何度も泣きそうになった時、この言葉に救われた。
勝負事という意味では入試も同じです。

生徒に最後まであきらめないことを伝え、良い入試にしてほしいと、そう思うのです。

来週は父母会です。 

あと、週末は実家で田植えがありますので、週末は更新をおやすみします。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2163-c0585206