05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ようこそ、地球へ。地球は楽しいですか?

2012.08.07 (Tue)

こんばんは

週末、更新をお休みしました。

いや~年々きつくなる夏期講習。

ちょっと自分の身の丈と体力に合わせて塾のあり方を考え直そうかと思い始めました。

この塾を作った時38歳。
まだまだ元気でした。
で、わざわざうちの塾を選んでくれた生徒のために、少しでも大手の塾の生徒に引け目がないようにカリキュラム、開講時間、開講日など大手の塾とまでは行かなくてもそれなりに頑張りました。
財力はともかく体力が持たない感じになってきました。

夏期講習9時~11時を1カ月以上ってのはやはり40過ぎの私にはきつい訳で。

規模を小さくして、入りが小さくなっても、出が少なくなれば同じことですからね。


とにかく家に帰りついてバタンキュー(死語)。

夜になるとふらつきます。

さて、今日のタイトルの前にニュース記事。
また読売オンラインより引用

>「根性焼き」22回受けた高2、学校の対応は…
仙台市の私立高校2年の男子生徒(16)が、同級生からたばこの火を腕に押しつけられるなどのいじめを受けたとして6日、仙台東署に被害届を出した。


 同署は傷害事件として捜査を始めた。生徒側によると、傷痕が他の生徒に動揺を与えるとして、学校側から自主退学を求められたという。

 男子生徒の母親らによると、生徒は昨年11月頃から、同級生4人にいじめを受け始め、殴る蹴るの暴力を受けたほか、今年5月下旬には、4人のうちの1人から計22回にわたり「根性焼き」と呼ばれるたばこの火を押しつける行為を受けたという。生徒の左腕には今も傷痕が残っている。

 生徒と母親は6月に学校に相談したが、いじめは止まらず、担任の前で暴力を受けても、何も対処しなかったとしている。今月3日に学校側と話し合い、同級生らはいじめの一部を認め、生徒に謝罪。その後、生徒部長を務める教諭から口頭で「傷痕が尋常ではなく、ほかの生徒に動揺を与える」などとして退学を求められたという。

(2012年8月7日04時28分 読売新聞)


なんだか知らない間にいじめ問題が拡大し、新展開。こんなものが展開されても困るんですが。

大津の事件もどうかと思うんですが、これも強烈です。

あくまでもこの報道が正しいとしての話ですが…
まあ尤も話半分でもやばい話ですがね。

何のために月謝の高い私立に行かせてるのか?

いじめられた挙句に傷跡が他の生徒の脅威だから辞めてくれって。すごい話ですね。

不謹慎ですが、この方向に話を誘導したのが誰かが知りたい。

すごくないですか?普通思いもつかないですよ。

別の報道によるとやけどを自分でやったと聞きとりしたらしい。しかし百歩譲っても片方だけ退学にさせるのは日本古来の格言「喧嘩両成敗」にも反します。

いじめた(とされる)方は親が有力者なのか?部活動で強い選手、あるいは強い部活所属なのか?などなど勘ぐってしまいます。

追記)8月8日の記事では、いじめたとされる生徒は7月31日に退学しているそうです。翌日の記事でしたので訂正ではなく追記にします。

自分の子供がこの私学に行ってたとする。
ある日いじめを受けてることがわかる。
学校に相談。紆余曲折あり、一応の謝罪は受ける。

ところがある日子供から
「退学するように言われた」
親は、「いじめをするような子供は退学になって当り前だ」と思う。

「いや、僕が退学するように言われたの」

「おまえかい!」

関西風に突っ込みたくなるような出来事です。

地球人では思いもつかない発想です。
この学校のこの退学の発想をされた人と、同意した先生はきっと地球に偵察かなんかに来ている人なんでしょう。
ですから地球の常識が通用しない。

それでは仕方ないです。誰かが教えてあげないと。

とりあえず、ようこそ地球へ。地球での生活、あと私学の先生に扮しての生活はいかがですか?
ヤクザの刺青で銭湯やプールに入れないのとはわけが違うんですが…
きっとこの発案した方は地球のとあるプールで「刺青おことわり」の看板をみて「これだな、地球の常識は」と思ったんでしょう。

あと、「仙台市の私立高校」ってのも良くないですねえ。
いえ、とんでもない高校の名前をさらせ、なんて、ネット右翼よろしく、変な正義感からいってるんじゃないんです。
いくら仙台が都会だとはいえ、仙台市の私立高校ってのはそこまで多くない訳で。
ネットの世界であることないこと風評被害が広がり、実際の学校以外で噂をたてられたら他所の学校が迷惑だと思うんですよね。
僕が親だったら子供や学校に聞きますもん。「この私学ってうちの学校?」って。
よその私学が迷惑ではないか、と。特に以前いじめ事件があった学校は、周囲から「またあの学校が?」な~んて思われますしね。

いじめを受ける方にも問題が、なんていう向きもありますが、とんでもないことです。たとえ極端に内向的であったり、付き合いたくないほど気持ち悪かったり、うざいほど正義感が強くて介入してくる生徒だったりしても、普通の地球人は、仲よくできなくても、相手に危害を、しかも集団でくわえたりしないものなんですよね。せいぜい話をしない程度でしょう?

それが、攻撃や排除に変わるってことは、やはり先生もいじめをする人もいじめが普通の惑星からいじめを広めに来たか、いじめ教の教祖に依頼されて布教しに来たとしか思えません。

ようこそ地球へ。ようこそ日本へ。ただ、日本には日本のしきたりがあります。郷に入っては郷に従えの言葉通り、それに従っていただけないのなら、生まれた惑星に帰っていただくしかありません。せっかく地球に来て、日本に来て、職まで見つけたのに可哀そうですが。

※一部宇宙人差別のような表現がありますが、個人的にはいじめをする人間や、教師でありながら問題ある行為をした人たちを地球人と同等には扱いたくはありませんので、あしからず。決して地球人>宇宙人と言っているわけではなく、「所が変われば常識が違うだろう」と言っております。また、ではお前は宇宙人など信じているのか?という質問には答えかねます。ご想像にお任せします。とにかく私個人は、目には目を、歯には歯を、いじめにはいじめで、差別には差別で返すべきと思っていますので。一種の「作用反作用的」な比喩的表現だと理解していただければ幸いです。


いじめを放置した責任追及の「前に」、いじめを受けた側の生徒の追放なんてのは常識外なんです。
いえ、むしろこの学校の先生や生徒は「そういう(根性焼きをするような、またそういう先生)人たちと同じ空気を吸い、そういう学校に通っていた」という事実を知る意味でも、この学校の生徒たちはこのやけどの跡から目をそむけてはいけないんですよ。いえ、じろじろ見ろと言ってるんではないですよ。念のため。やけどを受けた子はこの跡と一生付き合うんですからね。
22:02  |  ニュース  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2197-281c3ad6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。