どこかでみたような政治光景はいつも見ていた光景 

こんばんは

今日は木曜日

朝夕かなり涼しくなりました。

相変わらず朝目が覚めます。それでも偉いもので日に日に目が覚めるのが遅くなってます。
今日は8時半。
不届きにもニ度寝などする。

今日は中2と中3、小6とかなりの塾生が一斉に来る日だったので疲れ果てました。
夕方5時30分から9時30分までしゃべりっぱなし。

しかも今日は塾の二学期初日だったので訓示めいた話もしないといけないのでふらふらです。ある意味夏期講習より忙しかったです。


さて、世間では自民も民主も党首選らしく、しかも今度の自民の党首(総裁)は総理になれる確率が高いので枯れ木もやm…いや失礼、たくさんの方々が立候補予定です。誠に現金な…いや失礼、誠に野心あふれる御心で、感服いたします。その中でも強烈だったのが石原都知事の御子息。現在の幹事長。再選の支持を得ようとする谷垣総裁に向かって「谷垣さんのために政治をやっている訳ではない」とものすごい本音を仰って(笑)。すぐに釈明するもまあ苦しいところですね。だって本音でしょうからね。でもこれはブーメランで自分がいつか天下をとったら帰ってきそう(苦笑)。まあ自業自得です。

また中には安倍元総理もいます。
私は当時期待してたんですよ。珍しく。お父さんには及ばないものの(お父さんの晋太郎さんは人柄のよさそうな政治家でした。晩年病身の身ながら気丈に振る舞っていた様子を良く覚えています。確か肩パット入れて周囲に悟られまいとしていたんですよね。まあ晩年はリクルートもあったのですが…)前任の小泉総理よりは人間的には良かろうと思ってました。ええ小泉さんを私は当時から今でも全く評価していないので。小泉さんの息子の方がまだまし位に思ってるほどです。それほど安倍さんに変わったとき、「やっとあのすちゃらか社員のような小泉政権が終わって、政治に真面目に取り組んでくれる人が出てきたのだな」と。何やら右の方の喜びそうな政策もありましたがどうせ大きく変革などできない訳ですし。真面目に当時の与党議員数を使って政治をやってくれる…と思いました。

まあ年金で躓いたのは良いんですよ。私は心が広いんですから(笑)。

でも何ですかあの辞め方は。
病気で大変だったのは分ります。お父さんのように頑張れなんて言わないです。
でもなぜ内閣改造して所信表明して続投意思を示して、挙句即退陣、と。あれにはあきれました。あんなのありか、と。
お父さんの爪の垢でもと正直思いました。
あれ以来全くあの方は信用できません。

もしどうしてもやりたい、で、もし幸運にも総理になれたのなら、今度は前回の詐欺師まがいのようなことはしないでほしい。またぞろ病気になったら今度は即退陣して、議員も辞めてほしい。その位の覚悟がないのなら総理になってほしくありません。人間的にどれだけまともであっても、人格的にどれほど高貴であっても、人を欺くかのようなことを「意図的に」する人は総理になってほしくないのです。
あのような辞め方は総理として、議員としてのキャリア全てを棄損するものだとも思います。
返す返す残念なことですが、あの方が出ようとするほど今は人材不足なのでしょうかね?
昔ならあのような恥ずかしい辞め方をしたら(っていうか過去に例も無いけど)長老連中が絶対に止めてたでしょうけどね…

まあどなたがなっても、所詮は繰り返すだけですけれども、どうせなら違う歴史を見せてほしい。

今の民主党の状況が奇しくも麻生政権誕生時と酷似しているのと同じです。

デフレだけでなく政治もスパイラルなのでしょうな。うん良いこと言った(嘘)。


ああ、意見には個人差がありますのでご異論があろうかと思いますが、その深いお心にしまって置いていただけると助かります。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2208-862a400a