06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

月曜はニュースです。

2012.09.17 (Mon)

こんばんは

世間では3連休の最終日。敬老の日ですね。

塾は今日も開けましたので、結局休みは一日だけでした。
塾に来る前に衝撃的な出来事がありました。

詳細は金曜日のよもやま話の日に。泣きそうな話ですが、同様のことをしたのはたくさんいらっしゃると思います。

祝日だからか、欠席が多い。
伝達ミス…ではないはず。欠席電話も数名はあったので。

さて、新ブログも今日で1週間。

今日はニュースですね。

お付き合いいただける方は後半で。
政治ネタなのと長文なので好きな人だけね(はあと)。

More・・・

世間では、やはり反日暴動事件、民主、自民の代表(総裁)選挙、台風16号などが新聞をにぎわしています。
本日は不謹慎ですが各党代表選挙候補者を超個人的主観で語り、本命、対抗などを勝手にラべリングしたいな、と。

暴動事件は来週にでも。

まずは与党民主党。
候補者は以下の通り。
野田佳彦首相(55)
赤松広隆元農林水産相(64)
原口一博元総務相(53)
鹿野道彦前農水相(70)

まずは野田さん。
まあ本命でしょうね。ただでさえ人気がなくなった党の代表、しかも長くても次の選挙までしか総理でいられないのに、たくさん候補者出たもんだからほぼ確定でしょうね。
民主から出た3人の総理の中では一番まとも。
初代超KY、二代目悪人ではないが独りよがりで頑固ときましたから、少なくともまともに見えます。1年ほどの任期中ではあの学級崩壊寸前の民主党をよくかじ取りしてる方でしょう。大量の脱落者もでましたが誰がやっても同じでしょう。要は前回の参院戦での敗北以降ねじれですから「ああするしかない訳で」。ではなぜ参院選負けたのか?それは言うまでも無く初代KYさんとその取り巻きOさん。二代目Kさんの強気発言+すぐ釈明。が作った訳で。確かに震災など不運もありましたがこれは政権とは関係ない話。努力賞を差し上げましょう。まあ次の選挙まで頑張っていただければ、と。世襲はなし。

次、赤松さん。もう随分前、まだ社会党と言われていた頃、朝まで生テレビなどで若手論客といわれて良く出てたんですよね。覚えてます。もう64歳ですか。言葉が軽いイメージです。国を背負うオーラはないですね、申し訳ない。民主というか、派閥のトップも難しい感じがします。悪い人ではないと思いますが、悪い人になれないことが弱点かな、と。世襲。

原口さん。う~ん、親小沢さんを地で行く方ですが得してるんですかね。正直次の選挙比例で復活組になりそうな匂いがします。ただでさえ佐賀県は保守のつよい県ですから。そうなると、民主を離党して小沢さんの党に移ると比例で復活がやばいですからね。どう考えても執行部の系列でいった方が得した気がします。まあ今さらですが。
やり方次第ではもう少し上手く行くと思ったんですが…。世襲はなし。自民に始まり党の移動多し。

最後鹿野さん。
民主党はただでさえ後発の党ですから、様々な履歴の方が多いんですが、この方は元祖渡り鳥というイメージしかないです。自民党からスタートして途中新進党にもいて民主党、しかも不祥事で一度離党してます。よく覚えてないので、今調べたら(自民、新党みらい、自由改革連合、新進党、国民の声、民政党、民主党)ということです。
いや~壮観。若い人が転職を繰り返す人がいますけど、屁でもない感じですね(苦笑)。ちなみに私も転職複数派ですが、私の勤めた会社の倍あります。70歳ということもありますから最後の花道でしょうね。まあ悪い人ではないんでしょう。グループの長ですから。世襲。

以上、民主終わり。本命のみ。対抗、大穴なし。強いて言うなら残り三人大穴。


次自民。
さすが、次の総理がほぼ確定なだけあって、前回の総裁選より活発ですね。みなやはり美味しい所はほしいんでしょう。ご立派ですね。嫌みなしで。いえ、尊敬もしませんけどね(笑)。

町村信孝元外相(67)
石破茂前政調会長(55)
石原伸晃幹事長(55)
安倍晋三元首相(57)
林芳正政調会長代理(51)

順番はとある新聞記事のコピペなので他意はありません(笑)。

まずは町村さん
岸さんから続く(会としては正確には福田赳夫さんから)栄光の清和会のトップ。ただ、森さんを除き、小泉、安倍、福田と領袖でない人がどんどん総理になり、いささか損な役回りでした。派閥のトップなのでそれなりのお人なのでしょうが国の顔になれるかというと…。ちなみに世襲。

石破さん
正直この人が最近頭角を現したのがなぜだったか、記憶にない。いつの間にかといった感じでした。
田舎の県出身で、朴訥な感じと、論理的な話で嫌な感じはしない。ただ、今から20年近く前、宮沢さんで下野した折93年だったか離党して小さな党を転々とし、新進党に属した所までは先の鹿野さんと似ているが、ブーメランのように当時与党だった自民党に戻ってきた。よって自民一筋、特に細川政権などの野党時代を経験している人には評判悪そうだ(苦笑)。世襲。

石原さん
いや~、面白い。「谷垣さんのために政治をやっている訳ではない」ってのには、ちょっと笑いました。でも平成の明智光秀ってのはちょっと良く言いすぎ。そこまで偉人的オーラはない(笑)。あの件で、株をさげましたね。薄情なイメージがつきました。正直お父さんがなった方が国民的に納得すると言ったらかわいそうかな。尤も私は親父さんは苦手ですけどね。政治のことで語ることが正直あまりないのが欠点か?マスコミ出身。世襲。

安倍さん
泣く子もだまる、というより、本人が病気で泣いた、元総理。人柄は悪くないと思う。少なくとも前総理の小泉さんよりは。ただ、マスコミの人たちや、評論家の皆さんでこの方を押す方々は、総理なのに「あの程度のことで」国政を放り出す(しかもその放り出し方が…)ということがいかに国辱的なことかが分っているのか?と思う。ましてや元気になったからもう一度、というのは、いい人であるとか立派かどうかに関係なく、総理の座をなんだと思っているのか?と。いや分ってますよ、昨今の総理の質が昔のそれより劣化している事くらい。しかしだからと言ってもっと下げていいというものではない。他人が物を盗んでいるからと言って、自分も盗んで良いというのは民度の劣化以外の何物でもない。まさに火事場泥棒的な発想である。
一度、職や大学で失敗した人をサポートしもう一度挑戦させる政策「再チャレンジ政策」をつくってサポートを始めたのは他ならぬ安倍内閣だったが、世間ではフリーター、ホームレスなど改善されたようには見えない。しかし提唱したご当人が総理に堂々と「再チャレンジ」するとは皮肉なものである(爆)。個人的には、総理になってもいいけれど、今度は病気で投げる様なことはせず、円満な辞任以外は、死ぬまで全うするか、辞めるついでに議員も辞めるか位のつもりでやってほしいな、と。期待があった分辛口になります。正直な気持ちはやってほしくない。ちなみに世襲。

林さん
この方が衆議院なら、個人的に一番押したい。今回のメンバーの中では一番可能性が「期待」できる(イメージのみ)。マスコミなどへの露出もほどほどで、面構えも結構良い。ただ少しだけ若い。若いとやはり党内を調整するのが難しい。実力者が片腕になることが重要か。(お友達内閣は絶対だめ)
やはり致命的なのは参議院であること。確かに憲法上は問題ないかもしれないが、総理には衆院の解散権がある。解散のない院にいる人が解散権を持つことの危うさがある。もちろんいざなったらなったで無茶はしないと思うがやはり政治には「筋」が大切だと思う。昨今の政治は「手口」ばかり増えて「筋」や「品格」がなくなった。
ということで残念ながらこの人が総理になるには衆院に鞍替えすることと、党内実力者が片腕(傀儡ではなく)になることだろうか。世襲。ちなみに父親の林義郎さんは、海部総理が総裁になった時の総裁選挙で、海部、林、石原慎太郎さんが争い、結果海部さんが勝った訳だが、それ以来、子供同士も総裁選挙で戦うことになるのか、と。まあ偶然だけれども(笑)。

というわけで、本命は…願望を除けば石破さんかなあ。対抗は安倍さん。議員の人気はあるそうですが、地方票がどうでしょう。あの放り出し方を地方の人々があの事を許しているかがカギか?1年間で自民のホープから転落し、しかもその後が「貴方とは違うんです」の福田さん、漫画大好き漢字は苦手の麻生さんと1年づつ変わり、あれで地方の自民党の議員さん結構苦労したんじゃないですかね。穴で石原さん。ただ正直石原さんは難しいと思う。ただでさえ難しいのにあのイメージがきつかったかな、と。ただし、地方票がどう出るか?パートナーの公明党の関係もあるでしょうし。でも石原さんのカギを握るのは実は谷垣さんのグループの票かもしれません。谷垣さんがプライドを見せるか、それとも大人の対応ができるか?また谷垣さんに近い人がそれに従うか?げ結構大きいかな、と。町村さんは派閥の領袖ですが分裂になりましたからきつい上に、結果によってはグループ内の求心力の低下で代替わりなんてこともあるかもしれません。

以上、評論家でもないのに、偉そうな、独断と偏見、イメージによる代表選挙分析でした。

クレームは受け付けません(笑)。

ただし職歴、世襲の有無など事実と明確に異なる場合(人柄やイメージは除きます。あくまでも私見ですから。)はコメントいただければ訂正いたします。
22:12  |  ニュース  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2215-d0cc56fe

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。