07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

久しぶりの戦う私

2012.12.04 (Tue)

こんばんは

今日は火曜日

昨日の夜から微妙に変なことが起こってます。
まるで村上春樹の世界のような(少し大袈裟)。

まずは昨日の夜日記を書いてから外に出る用事がありました。それは24時間のATMで日頃使わないネットバンクのクレジットカードを使う用事があったのですが、いざ行ってみてあまりに久しぶりなので暗証番号を忘れるということから始まり(とりあえず2回打ったのですがダメで、確か3連続で間違うと一時使えなくなるはずなので、一旦塾に戻り、ネットバンクの暗証番号をメモしたはずの紙を見つけ出すことになり…)約2時間に渡り日頃だったら起こらないこと(それも微妙に小さなこと)が起こり、とどめは郵便局に行って深夜窓口で荷物を受け取る時に目の前を黒猫が通るところまで、数にすると10件ほどの微妙にいや~なことが起こり続けました。

どれくらい微妙かと言うと、車のスペアキーを入れてたはずのズボン左ポケットを探るとない。(っていうかそもそもスペアキーを持ちあるくのがすでに編でしょうけど:笑)
探しに探し、洗濯するためにかごにいれていたズボンまで探りましたがない。

肩を落として郵便局に行くために車に乗ると、何のことはない運転席の左の隙間(サイドブレーキの下)に落ちていたという…

大したことではないんですが、このレベルが立て続けに起こると気が沈みます(笑)。

こういうときは早く寝るしかない。

しか~し、アパート(鉄筋の結構頑丈な作り)の私の部屋の斜め上辺りの部屋から尋常でない騒ぎ声が聴こえる。
この寒さですから当然窓は閉め切ってます。時計は深夜1時…

ご飯食べてヘッドホンして無理やり寝ました。

すると今度は明け方の7時過ぎ。

今度は声だけでなくどかどかという音がする。
まるで部屋の中でサッカーでもするように。
8時過ぎまで続く。

実はそこの部屋はもう2週間ほど前から(多分)友達を呼んではどんちゃん騒ぎをするんです。
ひどい時は深夜の3時ころまで。

鉄筋コンクリートの閉め切った物件で、階上の部屋の会話が聞きとれるってどんだけ騒いでるのか?と。

斜め下の私でこれだけうるさいのだから真下の部屋(つまり私の隣)は尋常ではないと思うんですが…

意を決して、塾について要件をあらかた済ませた後、(今日は面談があったので)不動産屋に電話。

県下指折りの大きな不動産屋さんです。
「住みませんが、私の部屋の斜め上、かその上辺りがうるさいんですが…」
と前に書いたことを言ってみる。

「分りました。今営業部にかかっていますので、メンテナンス部に伝えます。とりあえずそういった苦情が出ていることは手紙を入れてお知らせするような形になると思います。」

「いやいやいやいや(本当に4回言った:笑)、手紙で静まらない時どうするんですか?
深夜に一度でも担当の方がお越しになれば外からでもすぐに分る位騒いでいるような人たちが手紙一つで変わります?
っていうか手紙で変わらないときはどうするのですか?
というよりそもそも、手紙を出した後静かになったかどうかをどうやって確認するのです?」

すると担当の人はもごもごと口ごもる。

え~いもういいから、メンテナンス部に代わってください、というとこれ幸いとばかりに速攻転送(笑)。

出てきたのはやはり女性。
驚いたことにやはり「手紙で注意を促す」という。

そこで、私はさっきの質問を出す。
「手紙で変わらないときは?そもそも、手紙で静かになったかどうかどうやって確認するのか?」と。

すると驚くことにその女性はこういったのです。

「手紙を入れて2~3日後、ほりまささんに確認の電話を入れますので、静かになったか教えてください」


私は(失礼だが)この人はあまり頭が良くないな、と思いました。
以下私の返事

「いいですか?今の時点で『うるさい』と言っているのは私だけなんですよね?
それは嘘ではないですが、うるさいことには個人差があるんではないですか?
そもそも直接の被害を受けているはずの階下の人の意見も聞かずに私の意見だけで「うるさい」と決めていいんですか?

で、さらに手紙を入れた後、私に「静かになったか決めろ」と仰るんですか?
私はそんな人から恨まれるようなジャッジはごめんです。」

「いえ、手紙は一応全戸にいれますから、ほりまささんからの情報だとは分らないようにします」

「そうじゃなくて!」

「契約する時に電話番号くらい聞いてるでしょ?
階下の人や周辺の部屋の人に『これこれこういう話があるが、うるさくないか?』
と確認すれば済む話でしょ?
実際に複数の人がうるさいと感じたら次に手紙ではないのですか?
それで直らないときは相手にそちらから電話をして是正してもらうのが筋でしょ?
なんで私だけが「うるさいかうるさくないか」の判別をしなくちゃいけないんです?
私はこの物件のオーナーでもないし、静かに暮らしてるいち住人ですよ。そんな重荷は嫌です。
また、私が逆に騒音の主だとして、たった一人の意見で騒音をばらまく人に認定なんてされたくないし。
きちんと電話をしてもらって、手紙も出してもらって、その上で『こういうことをしたがどうか?』
ならありがたく思うけれども。
電話をかけてくるのが家賃の督促の時だけじゃダメではないですか?」

えんえん20分。

というか、うるさいかどうかの判断を自分(不動産屋)で調べようともせず、たった一人の住人にゆだねるってのはどういう了見なのか。
これはしかし逆に見ればやばいことです。

私を嫌いな人間がアパートに一人いれば私は様々な罪を着せられるということになります。
もちろん、階上の住人がうるさいことは事実で、決して見たこともないその人(たち)を貶めようなどとは思わないけれども、不動産屋の理屈がああであれば、たった一本の電話で私は誰かを、また私は誰かに「騒音主」「ごみまき人間」「迷惑人間」などの汚名を着せる、着せられることが、「簡単に」できてしまいます。


いっぱしの会社組織の人間が、また人間にとって重要な衣食住の住に携わり、人間と常に付き合うはずの不動産屋があんな対応をすること自体、信じられません。

他山の石とすべきでしょうが、なんだかなあ、と(汗)

久しぶりのエキサイトでした。
23:11  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2255-9b01ff0b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。