合格発表の日 


こんばんは

今日は15日。3月の二週目の金曜日。それは大体の場合自県では公立高校の合格発表の日です。

長い生徒で小5から来ていますから半年~5年の成果が試される日。

もちろん長い人生「たかだか」入試の合否などは対した意味はありません。でもそれは我々大人にとっての話。彼らにとっては今日の合否が何よりも大切なのです。
そして塾にとってもとても重要です。

例年なら午前中に合格発表なのですが、今年は午後、しかも2時と意外と遅い時間に全校一斉に合格発表です。
事前に生徒から受験番号は聞いてありますから、市内の高校を回りながらチェックする・・・のですが、今年は午後2時と遅いだけでなく、私の授業が5時から入ってます。さらに今年生徒の一人が受験したのが市の一番端の高校でした。
よって3時間(正確には2時間半)で市内を縦断+横断しなくてはいけません。

綿密に高校めぐりの順番の予定を立てて、いざ端の学校から…

1校目・・・セーフ(というか生徒と父兄と出会う。合格してて良かったよ:汗)
2校目・・・ここは3人、しかも1人不安・・・と言いながらラッシュに捕まる。いつまでたってもつかない。空いてれば30分ほどで着くところが小一時間かかってやっと着く・・・掲示板へ・・・・・・・・・








セ~フ!!!!!

もうすでに誰もいない掲示板前で軽めのガッツポーズ

3校目・・・ここは最難関。正直自信がなかった。ただ女の子だし、高校のレベルを下げすぎるのも意味がないし、と。調子がよければ普通に合格するが、時々ミスをする子・・・ところがここも超ド級のラッシュ。






遠回りをしてやっと到着。













セ~フ!!!!!!!!!!!!!!!!


ここでは誰もいなくなった掲示板前で「持ってるねえ」と独り言。

こうしているあいだにも携帯電話に生徒から合格の知らせが入ってくる。

競争率が高く危なかった生徒が合格したのは超ラッキ~。何より一番遠い学校だったので、回る手間も省けて時間短縮。トントンと3校は省略しないと間に合わないので、合格報告のあった生徒は渋々省略することに。

さて、お次は市内最難関の高校へ。

ただ当然受けている生徒の成績はいい。それでも成績上位の生徒ばかりなので緊張する!







セ~フ


これで残りあとひとり。

残り一人は正直落ちると思っていた子。
最後まで変更した方が・・・とTELしましたがそのまま受験。


で、セ~フ



ん?ってことは・・・


全員合格でした。

二年ぶり5回目


8年で5回目の全員合格、すごくないですか?と自画自賛。


いや~疲れた。やっと一年が終わった。

夕方ぎりぎりセーフで塾へ。

父兄が数名挨拶に来られる。

着いたのが遅かったのでひょっとしたら行き違いもあったかも。

しょうがないです、一人でやってる塾だから。




あ~、今晩は祝杯します。(体重は忘れます)。

明日は1ヶ月ぶりに休みます。


よかったよかった・・・

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2299-572ab11c