日本史の読みは難しい 

こんばんは

最近日本史のお勉強をしています。
個人の趣味と実益を兼ねてです。
もちろん高校入試程度の単語、出来ごとのあらすじは頭に入ってますが、これを細かくやると奥に嵌っていきます。

例えばですね、漢字の伝来について、王仁(わに)を祖先と称している豪族を何と言うか?
正解)西文氏
シラネぇ~

いやまあそれは良いとして、この辺りの日本史は読み方が特殊なんで大変です。

ちなみに今の正解何と読むかと言うと「かわちのふみうじ」
西で「かわち」は読めないです。

大変だ、頑張ろう!


ちなみに最近政治家の過激な発言が問題になってますが、私は中身には全く意見はないのです。

右にも左にも正解はないのですから。とりわけ近い歴史の認識は発言する人の立ち位置によって変わることは往々にしてあることですし。

でも言っちゃあ釈明、言っちゃあ離党、その程度なら言わなきゃいいのに、と。
自分に(あるいは自分の党に)貴重な?1票を入れてくれたという自覚ないんでしょうか?
選挙の票は政治家へのファン投票じゃないんだから…

自分の家庭や子供や仕事すら(あるいはそのどれか一つ)も上手く行かない人が国のかじ取りなんてできるんでしょうかね。まあ「誰」のことでも良いし、「誰」のことでもないんですけど。もちろん自分でも良い。だから私は政治家にならない。まあなろうとしても支持も金も無い(爆)。

政治の実績は、株価が上がったとか、道路が通ったとかそういう「分りやすい自分の損得」ではいけないと思うんですがね。まあお金儲け位は「政治の力」ではなく「自分の力」でしたいなあ、と。尤も下手ですから関係ないけど(笑)。みんなあてにしすぎなんじゃ?

いざという時国が自分を守ってくれるはず、とか、思ったこともない。
自分の身は自分で守るしかない。たくさんの事件や不祥事見れば見るほどそう思う。
国は国にとって必要なものを守るだけで、弱いものを強いものが守るというのは幻想でしょう。
さらには、いざという時、守られるべき価値のある人になるのが先で、またそうなった人(政治家ではない)はえてして国から守ってもらおうとか思わないんじゃない?と。


とはいえ、最近は株で儲けて、毎日ウハウハの人もいるでしょうから、しっかり税金を払って、消費して下さいね。それが恩恵を受けたものの責任ですよ!恩恵受けといて脱税する人なんて国賊ですな(苦笑)。ましてやキャバクラ通いを経費で落とさないようにね!

あと、今日のニュースで芸能界を引退して自民党から国政に出る予定だった嶋DすKさんが、自民党から梯子を外されて一言。
「市会議員から始めたい」
なるほど、市会議員は国会議員の練習の場だったのですね、知りませんでした。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2320-95ef0372