私と羽根物第二回上 

こんばんは

今日は週明け月曜日

今日は一大イベント、父母会がありまして、8名の父兄の前で受験のお話しを。

いや~疲れた。

ただ総じて話したいことがたくさんあったので十分説明できないことも多々ありました。

やはり全部説明するのは難しい。

でも軽いジョークでも笑いも出たしまあ上手く行った方ではないか、と。

終わった時にアンケートを取りましたが内容についてはおおむね合格点だったようで。

10分オーバーしたのがマイナスかな、と。

そんなわけで先週始めた小文、今日は短めです(イントロダクション)。

羽根物紹介の二回目。

羽根物はいわゆるチューリップだけの普通機が減っていく中で、球の動きが勝負を純粋に決める。
良くできた羽根物はまるで人が手で動かしているように役物内で動き、Vゾーンに入り、また球に命があるように外れる。

そうそう、羽根物打っててオカルト二大法則があるんですけど、皆さんこんな経験ないですか?

その1:最後の一発に限って始動チャッカ-に入る。(笑)

ちなみに色気を出して追い銭すると全く鳴かない(爆)。

その2:黒い(多分さびた球)は良く始動チャッカ-に入る。
最近は見ませんが昔はちょいちょい黒い球ってのがあったんですよね。そういうのに限ってチャッカ-に入るんですよ。

まあそれはともかく(汗)、役物の中に入った球の動きが羽根物の重要なポイントなんですよね。


手前のVゾーンに球がスポッと飛び込む瞬間が何よりも重要なポイントなんです。


が、しかしVゾーンが手前にないとその感動の瞬間が薄れる訳です。

が、が、しかしそれでも大ヒットした機種もある訳で。

続きは明日です。

Comments

No title

「羽根が開いている時に限って役物周囲に玉は無し」というのもあります(笑)

次の機種、いろいろ考えながら楽しみにしています♪

nobさんへ

>役物周囲に玉は無し
最近の台、特にファインプレー以降は大体「鳴き多め、より少なめ」って台が多いので、私も何度も経験しました。

>次の機種
当分はメジャー台なのできっと共感していただけると思います。
よろしくです。

  • [2013/05/29 01:59]
  • URL |
  • ほりまさ
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2326-8825d5e8