09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

羽根物天国 第三回‐下

2013.05.31 (Fri)

こんばんは

今日は月末。
銀行経由で塾へ…

と思いきや、銀行の混み方が半端ない。

いつもは閑古鳥が鳴いている支店なのに、今日は番号カード(受け付け順を決めるカード)に待ち人数が20人以上。

フロアには新入社員らしき人が2人

ブック○フみたいにお客が出入りするたびに大きな声で「いらっしゃいませ~」「ありがとうございました~」とご挨拶。多分新入社員だからだろうが、窓口業務ができないんだろうな、と。

どうやら自動車税の閉め切りが今日らしくそれがらみの人が多いようだ。

結局銀行で小一時間かかる。

その後郵便局の払いを済ませ、塾についたのは4時前。

今日で5月が終わりってことはもうじき夏休みの準備も始めなくちゃ。
今年はチラシを4年ぶりに巻いてみようかな~。



さて後半は昨日の続きです。

短期集中連載と言いながらどこまで行くのか、どのくらいの長さで行くのか決めていないので、結構長文になる。
ただ、もう四半世紀前の話なので結構記憶がやばくなってる。
ネットが広がったのはせいぜいここ15年ほどの話なので、当時の情報は本当に少ない。
自分ではAと思っていても実際はBってことも多い気がする。

そんなわけでもし事実と違うこと書いてあったら教えていただければ幸いです。

More・・・

さて、昨日の続き。

昨日の夜帰ってTVをつけるとパチンコ番組やってて、ご飯を食べながらなんとなく見てると、最新のGAROの演出説明をしてました。
FINAL(本当か?)と言うだけあって、なんだかたくさんの演出、ギミックがあるようです。
シリーズ過去最多とか。(当たらないリーチや意味のない演出が増えるとク○台になることも多いけど)

今は様々な「そっちの方向の」技術が進んだので確かに初めて打った時に比べて驚くことは多い。

でも私があの機種を打った時の驚きとは種類が違いますね。


その機種とは…

エアプレーン  (平和)
ALL13 最大8ラウンド 10カウント付き 貯留なし(貯留ができる前)おそらく1985年販売

P1000914.jpg


動画によく出ている機種ですので見ていただくのが一番です。


仕組みやスペックは当時の王道系でとてもオーソドックスです。

役物内は上下段に別れていて、上段は左右が外れ穴。
上段に行かずに下段におちると前部に三分割された穴のどれかに入る
もちろん中央が当たり。
やや中央穴が小さく区切られている。

入賞パターンは羽根から一直線に入るパターン。
もう一つは一度外れ穴とVゾーンの近辺で跳ねて少し奥に行くように回ってV入賞するパターン。(レッドライオンでも多かったパターンです)

貯留がないのでパンクも多く、早期入賞もあり、本当に少しづつ出球を増やしていくパターンしかない。
ただ羽根の開閉時間が長めだったか寄りが良かったかで通常時の球持ちは結構良かった覚えがありますが、まあ当時の台はおおむねそうでした。しかもALL13でしたし(今はせこすぎです!)

そんなわけで、この機種はあることを除けば極めて凡庸なのです。

あること。それは電飾。

役物周辺に大量に存在する電飾。今のようにLEDなどない時代のこと。とても華やかに見えました。
さらに役物奥。通常時は何もない白っぽい状態なのですが、いざV入賞すると摩天楼の画像が広がり、しかもそれが動くのです(上下だけですが)

さらにさらにV入賞の瞬間役物内が真っ赤に染まる

さらにさらにさらにV入賞の瞬間(当たり時もV入賞の度)に右上方から変なギミックがぴこっっと飛び出て祝福。多分小さな飛行機でした。

音も当時としては派手な方で「キュルキュル~」とか派手な音が鳴り響き要は演出面の派手さが当時としてはダントツでした。

役物のメインの飛行機もメタリックな出来栄えで飛行機台の王道

この機種は当時主に二件の店で打ちまくっていたのですが、実はたくさん打ったのに打ち止めした記憶がない台なのです。ただ打てば1度は当たる。だから結局打ってしまう。800~1000個ぐらいでうろうろするのがいつものパターンでした。
この前後5年ほどホールは羽根物が華やかな時代でした。

店ごとにたくさんの機種を置いてあり、様々なゲーム性をメーカーごとに研究し争っていました。

要はVゾーンに球が入って10個入賞以内にVゾーンに入ればそこから次のラウンドへ、で、最大8ラウンドまで。というルールはピクリとも動かず、であるのに、メーカーごとの機種ごとの様々な創意工夫に私たちは一喜一憂したのです。それは今で言うデジパチのギミックの変化と同様かもしれませんが、私から言わせると全く異質のものです。猪木じゃないが「極める方向」が違うのです(苦笑)。

そういう意味ではこの機種は単純な羽根物からバラエティ豊かな羽根物への入口になっている機種かもしれません。


ではまた来週!(週末はお休みです)
22:27  |  パチンコ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

No title

エアプレーンは役物の背景が素敵でしたね(^^)

機会があればまた出してきたいです♪
nob |  2013.06.04(火) 20:35 | URL |  【編集】

nobさんへ

>背景
当時はすごく感動したんですよねえ。
液晶を使わずにこのきれいさは尋常ではないですね。

この機種をお持ちだとは羨ましい。いつかは…(礼)
ほりまさ |  2013.06.04(火) 22:10 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2330-f0409e7f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。