羽根物天国 第5夜 上 

こんばんは

週末は田植えです。
正直足の状態が尋常でなく悪いので、役に立つかどうか…

しかも田植え機の方ではなく稲運び。これがやばいほどきつい。

死なないように気をつけます。(結構本気)


さて今日は木曜日

体験の中3の三人がやってくる。
残念ながらこの3人は塾生とグループがやや違うようで。このパターンで気をつけるのは変な閥を作らないようにすること。
仲よくやってる時は良いんですが、悪くなるとやばいので…

入る時は友達の紹介でも、少しでも早く私や他の先生のパイプを作り、友達のそれより太くすることが重要ですから…

さて、後半はいつもの企画の前半

多くの羽根物ファンにとって、羽根物のメーカーと言えば西陣だと思います。
少なくとも西陣の羽根物は昭和の末期から平成にかけてホールの一角を占めていました。

しかも、役物の凝りようは他のメーカーと一味違いました。

メジャーな機種からマイナー機種まで、羽根物は結構打ちました。
当時は店によって結構機種が違いましたから。

ですから知らない店に行けば1機種位見たことのない羽根物があり、それを確実に打っていました

正直打ったけれども忘れた機種もあります。

そんな私が羽根物ベスト10をやれば、まあ順位は結構その都度変わると思うんですが(汗)。
間違いなく常に上位に入る大好きな機種。
しかもメジャーなのに大好きで、例えば今ビッグシューターが当時の状態で置いてあってもそれほど感動しないんですが、この機種が置いてあったら興奮して両替を始めるという機種。

それは西陣の機種なのです。

ヒントは…
西陣の機種
メジャーな機種
お得意のパ○リ系の要素もある
役物に○○が使われている
羽根の形状が○○である。
Vゾーンが○にある
Wがかかりやすい機種

こ、これ以上出すとメジャーなのですぐ分ります。

分りました?

ご紹介は明日!

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2334-b90dfa4c