07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

羽根物天国 第五夜 下

2013.06.07 (Fri)

こんばんは

明日は田植え

今から筋肉がぴくぴくしています(苦笑)。

未収金のことで頭を悩ます。
電話連絡が取れず(留守電には入れた)、よって分割払いも予定が立たず。

このあとは仕方ないが、内容証明、少額訴訟にまで行くべきかどうか。

お金の問題よりも、そこの家にはこれまで何度も安いプランを勧めてきた。
それでも「子供が言うので」となんだか被害者のようなことを言って他の子と同じように授業を受けた。
分割払いにも応じたし、未だ片手以上の未収金があっても分割の連絡さえあれば応じてきた。

で、この1カ月ナシのつぶて。少なくとも約束の先月の22日から何もない。

その間に電話をしたのは4回。留守電に3回。


正直頭に来ています。金はいらないから「バカやろ~」「大人のくせに逃げてんじゃね~」と言いたい。
でも商売ですから大人の対応で未収金を回収すべきなんでしょうね。

来週中に方針を決めます。

見てないと思いますが、未払いがあるXさん。
逃げても何も変わりません。

闇金などでなければ、解決の話には乗ってくれるはずです。

払ってくださいね。お金無かったら月5000円の分割だって良いんですから。

聞けば卒業して志望校に受かったご褒美に携帯を買って上げたとのこと。

なんだかやり切れません。

子供は未払いがあること知ってるんでしょうか?
またもしそのこと知ってて平気な高校生ってどんな人なんでしょう。


ばかやろ~  それでも親かよ!


週末はお休みです

More・・・

さて私の羽根物の中で最も気にいっている機種のうちの一つはこちらです。

スーパーブラザーズ
西陣 ALL11 10カウント 8ラウンド 貯留はなし

672c7a40.jpg

この機種が出たのは大学の4年あたりでしょうから多分昭和の63年あたりだと思います。

それなりにたくさんの店に入ったのですが、私が狂ったように行っていたのはアパート近くの地場のチェーン店Lの店の一つでした。
繁華街の通りの端の方にあって、駐車場は確か無く、小さい店でしたが場所が市の中心部に近いこともあってか客は多かった記憶があります。
この店はとにかく機種が私好みだったのです。
スロはニューペガサスとトロピ7X 
羽根物はもちろんビッグシューターなどもあったはずですが、微妙にマイナーなメトロビジョン(平和)、ジェッター(平和)などが置いてあり他所の店では打てない組み合わせで羽根物が楽しめたのです。

そしてこの機種。

まずは魅力1
アタッカー式の羽根
私の鉄則でアタッカー式の羽根の台で外れなしってのがあります。
メジャーなものでは三共のグレートキャノン、平和のビッグウェーブ、西陣のおジョーズランド
どマイナー系では銀座のトライアンフ2号ととにかく好きな台が多かった訳です。

魅力2
磁石内蔵。
パチンコには磁石が大敵。しかしそれを逆手にとって磁石を回転体に内蔵させ、持ちあげさせる仕組みを作り、結果Vゾーンを上に持ってくるということができた

魅力3
賞球数が11
当時の主流はオール13、あるいは7アンド13.ニューギンのポップアート以降羽根物の10個戻し(5&10)が増えますが当時は13個が主流でした。

しかし少し少なめの11個にすることで比較的V入賞を甘くできたのでしょうかね。その後同じ西陣のニューガオスやスペースファイアーなどでも継承されました。11個戻しの代表格のこの3機種は全て好きなので、11個戻しがバランス良いのかもしれません?

魅力4
Wがかかる。
Wと言うのは連チャンと少し違い、最終8ラウンド目の最後の1個あるいは最後の羽根解放での1個の球がV入賞した時、スタートチャッカー入賞の有無に関係なくまた1ラウンドから始まる現象を言います。


こんなお得な現象が公然と表に出たのは同じ西陣のダイスマンからだと記憶しています。
その後西陣はチンドンショーなどでも同様にWがかかる可能性のある機種を出します。
もちろん同時期に発売された西陣の機種でもWがかからないものもありましたから、バグではなく確信犯的に出したのでは?と思います。

スーパーブラザーズの場合、磁石で持ちあげるので最後の1個がそれにくっつけばW成立!なんてそんなに甘くありません。上段のVゾーン手前には見えにくいのですが小さな突起があります。
回転体の回転が遅いとその突起にはじかれてVゾーンに入らないのです。しかし、スタートチャッカー入賞時や大当たり中は回転が速いのでその突起を乗り越えるのでくっつきさえすればほぼV入賞だったのです。ただ、最後の球が磁石に付くと一旦回転が遅くなるのでVゾーン前の突起で邪魔されることがあったのです。
一番ベストは8ラウンドの最後で入賞した球が役物の中をゆらゆらして上手く磁石について持ちあげている間にスタートチャッカ-に入賞すると(羽根に寄りが無くても、今磁石についている球は)かなりの確率でVゾーンに入賞しました。もちろんこれは厳密なWではありません。
台によっては(おそらく寝かせなどで変わるのでしょうが)、最後に入った球がくっついただけで、回転体の速度に関係なく入賞していた記憶があります。(もちろんスタートチャッカ-入賞が無くても)

魅力4
そのパクリ加減
当時全盛期だったファミコンで最大級のヒットだったスーパーマリオブラザーズを題材にとり、セル板の絵や役物の絵はそうでもないのですが、大当たり中の曲がモロな訳です。今ならかなりの確率で訴訟物(爆)。

魅力5
2チャッカ-の釘構成
私はこの台や平和のスフィンクスV2のような2チャッカ-周りの釘がいわゆる通常の釘構成より好きなんです。何か入賞しやすそうですし。6角形の真ん中に釘がないこの形の釘構成の機種は私の中で外れがない(?)のです。

この機種は本当に打ちました。羽根物打った回数ではトップクラスではないかと思います。
同時期に出たマジカぺなどとは比較にならないほど打ちました。

今でも時折打ちたくて打ちたくて仕方ない時があるのです。

スーパーブラザーズは羽根物ランキングをいつやっても常に1~3位の中に入る機種なのです。

有名な機種で動画もたくさんあるようですので是非見ていただきたい、と。ただ打ったらもっと好きになりますよ。

でもこの機種も後継機はこけまくりました。

パチンコ業界に二匹目、三匹目のどじょうが出たのは海物語以降の話でしょうかね(苦笑)。

では、また来週。
23:52  |  パチンコ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

No title

この台は玉の動きの面白さを教えてくれる台ですよね。

サウンドのパクリっぷりも最高です!
nob |  2013.06.11(火) 20:15 | URL |  【編集】

nobさんへ

>玉の動きの面白さ
羽根物のだいご味ですからねえ。

今少しづつ羽根物復活してますけど、無制限営業が主流ですから、「本当に良い台」ってのを作れないんですよね。羽根物だけでも打ち止め制を復活させてほしいなあ、と。
ほりまさ |  2013.06.11(火) 23:08 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2335-f0f9c418

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。