羽根物天国 第八夜 上 

週明け月曜日

やっと梅雨らしい日々になってます。
雨が降ったり、曇り空だったり。
これですよ、これ。

湿度は高いものの、気温が上がらないので除湿ができれば結構涼しい。

週末に来た新しいエアコンはやはり少し小さいので風量が弱いが、今の所順調に来ている。

でもまあ勝負は8月ですが…

今週は期末テストなので生徒も来るのが速く、結構まじめにやってました。

さてあと二日。頑張ろう。

今日はいつもの企画。珍しく長く続いてるな、と(苦笑)

何事も相性ってのは大切です。
人間関係もそうだし、仕事もそうでしょうね。

例えば今のパチンコ。
同じ確率なのに当たりの軽い台もあれば本当に抽選してるのかよ、と思うような台もある。

マックスタイプで言えば、今まで比較的相性が良かったのが初代のGARO。初当たりも多分400分の1より下だったはずだし、魔戒チャンスへの突入も50%以上は間違いなくあった。世間で良く聞く40、50みたいな大爆発は無かったものの、スペシャルエンディングは1度見られた。後継機が出てきてどんどん釘が渋くなり、消えてしまったのが残念だ。一方打てども打てども当たらないのがマックスのリング。羽根デジのリングはすごく相性が良くて大好きなので、結構MAXを打ったでもダメ。実はまだ1度も当たっていない。

スロットで言えばアステカ(僕にとって新しいようでもう10年ほど前の機種ですね…)ボーナス後CTに入るのは50%ですが、間違いなく三分の二、いやそれ以上ある筈です。反面元祖CT機のウルトラマン倶楽部は初当たり自体がほとんどなく、たまにあたっても青ビッグ(CTなし)。赤ビッグは本当に片手程度しか当たっていない。当然CT内連チャンはなし。

いろんなものに相性ってのがあるのですよね。

羽根物にもあります。

打てばほとんど勝っていた台もあるし、打てども打てども当たらないってのがあります。

今日ご紹介するのはこの当たらない部類の羽根物でして、もちろん羽根物ですから長く打ってれば何回かは当たる筈で、当時のゲーム性ですから何度も当たり少しづつ増やすのが主流で、普通は優秀台でなくても数回は当たる筈なんです。

なんですが、この機種は結構何回もせめて当たった記憶は1度だけと言う…(汗)。
実はこのパターンの機種は二つあります。

一つはこのブログに1度出てきてます。
ヒント1.マルホン
ヒント2.横開き
ヒント3,多分マイナー機?

もう一つはブログ初登場?
ヒント1,奥村
ヒント2,Vゾーンが手前にない
ヒント3,マイナーでもないがメジャーでもないはず。パチンコ必勝ガイドの創刊号、中開きの水着グラビア(あったんですよ:笑)にスパンキーちゃんとともにあった、様な気がする、自信はないけど。無かったらごめんなさい(弱気)。

さてこの相性激悪の二機種はなんでしょう。

正解は明日!

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2345-e8e25def