羽根物天国 第10夜 上 

こんばんは

銀行経由で塾へ。
それは良いけど月始めだからか銀行がバカ混み。
いつもは空いている店を選んで行ったのにすでに18名の待ち。
結局タダの出金が30分かかりました。

テストの点が今日あたりから返ってくる。
う~ん、微妙。

ブログだから愚痴を書いてもいいけど、愚痴を言っても変わらないのでやめとこう。

夏休みで部活動を優先されると自信ないなあ…


さすがに中1の英数はすごくいいが、それは多分みんなそうだろうし…


悶々とした中いつもの企画。

そう言えば今日で10回目です。

もうじき夏休みになったらお休みするのでそれまではできるだけ更新します。

当時、北九州市は100万人都市だったけれども、人口は減り気味でした。
それでも、モノレールはあるわ、球場はあるわ、空港はあるわで、まあそれなりに都会でした。

何しろそれまでが人里はなれた山中でしたから、これは天と地ほど違うわけで。

大学一年の時はアパートのすぐ近くに、ニューHという古びたホールがありました。
二階建ての小さな店で、二階が駐車場。一階が店舗でした。

アパート近くにはそれ以外のホールが無く、それ以外はバスで通う店ばかりでした。

当時はPワールドなる便利なものもなく、というよりネットが無い(笑)ので、店は自分で見つけなければいけませんでした。

小倉駅前から少し離れた所に商店街があり、そこにたくさんの店があり、チェーン店あり、潰れそうな店ありと今思いだすだけでも10店以上の店がありました。

普通は商店街は買い物でしょうが、当時ははしごパチンコばかりしていました。
今なら車ですから駐車場がない店は論外ですが、当時はバスですから駅前までバスで行けば一日潰れました。

初めて打ち止めしたのはその中の1店で、しばしば行っていた店でした。

その店でエアープレーン、モスラ、ビッグタイガーなど打ちまくり、打ち止めは平和の鬼が島でした。

その店には事あるごとに通いまして、就職が決まり、研修が終わり、へろへろになって帰ってきたときに2週間ぶりにパチンコ屋に入って打った機種がありました。

時は平成元年。

ある意味では合法的タイアップ機とも言えるかもしれません。

ヒント1:貯留機
ヒント2:またまた平和
ヒント3:平成元年の機種(多分)。
ヒント4:結構有名です。

答は明日!

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2350-1ca3cd0d