羽根物天国 番外編  

こんばんは

今日は週末金曜日

昼過ぎにガス会社に起こされる。

何でもアパートのガス会社が変わるとかで、何から何まで変わるらしい。

都市ガスになるのなら良いんだけれども…(プロパンは料金が高いので)。

で、銀行経由で…と外に出ると、すげ~あちい。

尋常ではない暑さ。

夏かよ!夏だな、やはり。

電話も何もかからない不気味な一日。

今日は欠席もなく(と言っても昨日の学年と違うけど)変なバランスの1日。


週末はおやすみします。

今日はいつもの企画の番外編

私は映画館にほとんど行かない。
しかしやはり良い映画はDVD(昔ならビデオ)で見る。

最近になって邦画の名作を見ている。

その中に伊丹作品がある。

今は亡き伊丹十三さんが監督として80年代に立て続けに出した映画を見ています。

その中でマルサの女(何と1987年の名作を今まで見たことが無かった!)

さて、言うまでも無く税金・脱税のお話ですが主演の宮本信子さんが税務署時代に伊東四朗さんオーナーのパチンコ屋を調査します。

その中に87年のパチンコ台が出てきます。
確認できたのは
①最初に出てくる一発台(打たないで通るだけ)
②主役の女性が調査のため両替して少しだけ打つデジパチ台で、席を立とうとした瞬間に大当たりになる。
③バックで音だけ聴こえる羽根物2種類


さて、皆さんお分かりになりますか?懐かしい両替機も出てきます。レトロなパチンコが好きな方はレンタルしてみてはどうでしょう?


正解は
①マルホンのプリズム
ピースをした美人の頭の部分に入るとパンクと言うショッキングな?役物。
当時は結構入ってましたね。これの兄弟機がファイターになります。元祖はパラレルと言うことになるのでしょう。
私は1度だけ1発入賞して、美女の頭に…(涙)。全国的にはこの部分に球が入らないように釘を閉めていた店もあったらしい…

②時期的には1300発機と言うことになるのでしょうね。
セル板が少し違う感じがするんですが、デジタル部分、周辺部は間違いなく
三共のフィーバー10スペシャル
リーチ目があった時代の晩年でしょうね。

③羽根物2機種は音だけです。
一つ目は結構大当たり中の音が長く聞こえる
西陣のロボQ
もう一つは始動チャッカ-の音が数回聞こえる。
これは自信がないけど、多分同じ西陣のレッドライオン

店構えも含めて当時の懐かしい風景です。

お暇なときは是非!

あと、違ってたらご遠慮なく突っ込んでください!

Comments

No title

昔の映画等の中で出てくるパチンコ台って気になりますよね。

ある映画で「映っているのはアレックスでバックに入っている音はギンギラパラダイス」というシーンがあって、「アレックスってこんなサウンドじゃなかった・・・」と数日悩んだことがあります。

nobさんへ

私の好きだった昭和末期の映画(出てきそうなヤクザ映画とか)を見ると本筋よりパチンコ屋の風景の方に興味を持ちます(笑)。

>アレックス
アレックス自体が世間的にはマイナー機ですからねえ(笑)。ギンパラの音楽はファンの間には知られてるでしょうからね。
最近の映画はパチンコといえば海物語や三洋機種が多いんでうんざりです(苦笑)。
最近見た北野武のヤクザ映画でもそうでした…

  • [2013/07/09 01:54]
  • URL |
  • ほりまさ
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2354-ddefb006