09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

いじめられたら、とりあえず「死ぬな」

2013.07.16 (Tue)

こんばんは
今日は火曜日

銀行経由で塾へ

二階が尋常でなく暑い。

まず1階のドアを開けて入る。階段を上る。二階に近づくにつれグラデーションのように暑さが増していく。

エアコン二台で(8畳用、窓用:多分6畳位?)24畳程度を冷やさないといけないのでこれは結構きつい。
ひと夏乗り切れるかなあ…

今日は体験の子が一人。しかも中3の体験希望者から新規で電話と、超ミニバブル。

どうにか夏期講習の恰好はつきそうな気配。
エアコンが持ちますように…

さて、今日は久しぶりにニュースネタ

といっても選挙なんかではなく(投票にはいくが心は今までで一番冷めている:笑)いじめの話。

名古屋で又中学生が自殺した。
いじめが原因らしい。
いじめがあったかどうかアンケートをしたらしい。
そして、先生が「それらしきこと」をそそのかしたかどうかも調べたらしい。

いじめの話になると基本私の意見は変わらない。
いじめをする人間は人間とはいえない程度の存在で、これからの人生(間接的な)人殺しとして生きていくことになる。結婚して子供ができても深層心理でそれは残るだろうし、因果応報という可能性だってある。

しかし、自殺してしまえば全く同情できない。

自分が死ぬことでこれまでまわりから注がれた愛情や想いは全部無駄になる。
学校では針のむしろだったかもしれないけれでも家では心配している人がいたはずであり、少なくとも十数年育ててくれた以上(最近では生み落としてすぐ殺す御仁もいるようだし)少なくとも愛情はあったし今もあるはずである。
それを自分の意思で勝手に断ち切って良いはずが無い。

中学生、小学生のいじめを受けている人は是非聴いてほしい。

学校が辛ければ行く必要はない。
成人までは辛ければ逃げれば良い。(成人したら逃げられないが)
死ぬのは自分の負けを意味する。
しかも死んでしまった以上勝つことはない。
外道のいじめに屈したままで終わることになる。それでいいのでしょうか?

死んではいけない。
人間どうせいつか死ぬんだし。
明日救いの手があるかもしれない。

ちなみに学校の先生が「そういうこと」を言ったかどうかはあまり興味がない。しかも今となっては意味も無い。

塾の先生を22年やって来て、「人(子供)を育てている」という若干の矜持はあるけれども、でも自信があるか?と言われれば全くない。この種の自信は結婚したから、子供ができたからといってできるものではないと思う。だから一生出来ないかもしれない。

自分の言った一言で子供がどう変わるか?またはどう受け取るか?それが完全に予測できないから。
私の言った言葉は子供をあらぬ方向に変えてしまうかもしれない。全く関係ないかもしれない。逆に無視されているかもしれない。

でも、私は先生だからしゃべり続けなければいけない。

でも私はまだ良い方かもしれない。塾だから、しかも小さな塾だから生徒も少ないし、限られた時間だから陰惨なこともない。さらには親もいる。


いろいろ思うことはあるけれども、とにかく、人はいじめで死んではいけない。
どうしようもなくなったら、まずは親にチクる。それでも変わらなければ逃げる。


明日は良いことあるかもよ?
明日は味方ができるかもよ?

明日がダメなら明後日がある。

臥薪嘗胆
天網恢恢疎にして漏らさず
火付け盗賊改め長谷川平蔵である(関係ない:笑)
23:55  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2360-0a611a68

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。