誰かが傷む入試とは? 

こんばんは

今日は週明け月曜日

昨日の補習日は面談が二件たて続けでどちらもヘビーだったので10時から2時くらいまでしゃべり続けでした。
その前に先日お母さんから退塾の相談があった所から正式に退塾の話が。
以前と同じでお母さんは辞めさせたくない。
でも結論が出ないままやめる方向で、と言うことらしい。

最後まで母子の意見の食い違いが直りませんでした。

話を聞きながら、お母さんが一人でしょいこんでいるようでつらそうに見えました。

母親だけが傷む入試。
やはりおかしいと思います。

入試はやはり家族でやるもの。

母親が一人でおろおろして心を痛め、子供は一人で好きにやる。

入試ってそういうもんではない。

過保護にやるのとは少し違います。

お互いが議論して、説得して、時には喧嘩し、時には泣き、そんな中で一つ決めたら、親はしっかりと見守る。

子供は親の意向をしっかりと背中にしょって、自分の夢を心に持ってしっかりと入試勉強をする。

これが普通じゃないですかねえ。


中3で体験が一人来ました。

それに応じて女子が多くなったので席がえしました。

入試って難しいなあ。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2370-5c5eddd2