05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

人生の正解

2013.09.10 (Tue)

こんばんは

今日は火曜日。
銀行経由で塾へ

気付かないうちに日中は結構すずしくなっていますね。

今日は中2の授業日です。先日から始めた勉強部、どう言うわけか今日は盛況?で5人も来ました。まあ全員三年ですけど。しかも来たのが8時くらいだったのでまだまだですが、まあ意欲は感じます。

さて、最近のマイブーム。
ラジオで毎日やっている人生相談があるんですが、それを某動画サイトで聴けるんですが、それを聞きながら仕事をしてるという(苦笑)。

様々な相談を聴いていて、相談者がスパッと解決する。

ただ私が思うのは、世にどれほどの悩みがあるか?ということと、人生の正解とは?ということです。

相談者の回答はもちろん一例にしかすぎません。当然的を射ている場合もあるし、的外れっぽい場合もある。
ただ、重要なことは質問者が納得していればOK、ということになるのでしょう。

そうなると相談の回答の精度よりも説得力を持つかどうかの方が重要、と言うことになる。


このことは私の仕事にも通用するかも知れない。
もちろん授業でやる問題の答は原則1つしかない。曖昧な答は許されない。

しかも将来の進路(高校、大学、就職など)の正解が1つ決まっているわけではない。

でも私たちは高校の進路指導をする時「人生はいろいろだから自分の自由にして良い」という身も蓋もないことを言うわけにもいかない(笑)。

「先生のご意見は?」と聞かれれば、様々な選択肢の中から何がしかの答えをしなければいけない。

その時に重要なのが何よりも「説得力」だろう。

正確に言うと「相手が選択するかどうかは別にして、相手が納得させる力をもつか?」と言うことだろうか?

進路相談の場合、実際は家庭の中に必要以上に立ち入ってはいけない。特にうちの塾のように中学部門までしかないときは見届けることがなかなかできない。だからうかつなことはいえない。
だからと言って入試には先日来言っているように「家族」「家庭」というパーツが不可欠だからややこしい。

こうして毎日様々な回答者の「くせ」のある(それは良い意味でも悪い意味でも)回答を聴きながら、果たして自分にこれだけ説得力のある回答を生徒に、父兄に渡せていたか?
答は多分ノーだろう。

どちらかと言うと私への信頼感、今までの実績、自塾への紹介者への信頼感に寄りかかっているのだろう。

これから先私が(塾の先生に必要なだけの)言葉の説得力を持てるかどうかは不明です。

私も迷いがあるんでしょう多分。

今度、テレホン相談室に相談してみようかな(汗)。
23:04  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2371-6e3d77aa

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。