羽根物天国 セカンドシーズン 第三夜 下 

こんばんは

今日は木曜日

銀行でバイトの先生の給料を下ろし、残高を減らす。

その後クリーニングに出していたズボンを取りに行き、塾へ。

給料を封筒に詰めながらふと思う。
今日は10日

10月10日は体育の日だ。いや「だった」。

ビッグ何とかで来週の月曜日が祝日だけれど、私の世代では体育の日は10月10日。
しかも体育祭も秋だった。

それが今では体育の日の日付も毎年違う。

本当にこれでいいんですかね。

私は休みを固めるやり方は問題の方が多い気がする。

固まる休みはGWだけで良くない?と。

明日で大方の中間テストが終わる。

欠席が1人いた他は問題なし。


夕方今年のお米の件で毎年買っていただいている人たちにメールをしまくる。

今日はこれから久しぶりの局長Sさんの来塾があるのでこの辺で。

羽根物史上珍しい機種だと思う、回転する羽根。
ありそうで、この機種以外あまり見ていない。

エンタープライズⅠ 三共 1990年頃
7&13 8ラウンド 10カウント
貯留あり。昨日このブログで貯留はなかったような、と書きましたが貯留はありました(すみません)。

P1000940.jpg

画像では分りにくいですが、左右に羽根があります。この羽根はS字になっていて、左の羽根は時計回り、右の羽根は反時計回りに回転します。

つたない絵ですが下の絵です。
エンター
1チャッカ-で180度回転。つまり画像の下半分の部分で球を拾います。
2チャッカ-で360度回転。よって二回拾います。

この羽根の回転で球を拾うのは意外と少なかったと思います。

今某動画サイトでUPされてますからそれをご覧ください。(手抜き)

継続率は結構良かったはずですが、もうかなり忘れました。

というのも、この機種を入れていた店はパチスロのスーパーセブン、コンチ2
びんびんバラエティ、平和のサイドポケット スペースファイアーと私の好きな機種が目白押しでしたから、この機種を打つ機会が少なかったのです。

でも当時は羽根物に様々な工夫がありました。
液晶などではないアナログな工夫は本当に羽根物の幅を広げていました。


この時期から1~2年後ホールから羽根物は激減します。

もちろん当時のボクも、他の羽根物ファンも今のような時代が来るとは思いもしませんでした。

羽根物の元祖のゼロタイガーやキングスターとこの機種は直線で結ばれますが、現在の羽根物とはどうも直線で結びたくありません。もちろん私見ですけれども…

では、また。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2388-4f643f56