07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

大企業の責任

2013.10.21 (Mon)

こんばんは

今日は月曜週明けです。

面談があるので早めに塾へ。

面談自体は少し長めになりました。

先日あったコンピューターテストが返却されたので、夕方から来た生徒に面談しながら返却。

欠席が一人あったほかは変わったことはなし。

先日行われたテスト結果がでて、学校の平均点も出てくる。

中1では早くも英語と数学と社会でやばい兆候が。
30点以下しか取れない生徒が中1の英語で29人(約1クラス弱)。
数学は30点以下が45人(一クラス強)
強烈なのが社会で30点以下が60人以上(約2クラス弱)。
中3ならともかく中1でこうだと先行き暗い。こうなると学校は何してる所なのか分らない感じもする。
もちろん各担当の先生たちは今猛烈に悩んでいるとは思う。(悩んでなけりゃ困る)

平均点をあげるために禁断の果実に手を出さないことを祈るだけだ。
禁断の果実とは問題をやさしくすること。
これをやると一瞬平均点は上がるが、学力低下が加速し他の学校との差がついてしまう。

うちはうちで頑張るしかないなあ。
いよいよ勝負の期末もそんなに遠い先ではないし。

さて、先日あちこちに荷物を送っていた時のこと。
ある方が営業所止めを希望された。
お安い御用と、伝票にはとある営業所止めとかいてコンビニにもって行った。

深夜なので女性が二人。

最初は新人らしい人が普通にピッピッと普通にやっていた。
「希望の時間帯はありますか?」


いやいや営業所止めだからある訳ない。

「営業所止めですよ」というと。


急激にもじもじ。

そして先輩らしき女性にバトンタッチ。
その女性も「すみませんちょっと確認します」と電話を始める。

数分後「すみません、営業所止めはうちでは受けられないようなので、今から深夜までやってる営業所にお持ちいただくしかないんですが、あいにくフリーダイヤルもその深夜までやってる営業所も電話に出ないんです」と。

不思議と私は腹が立たなかった。ただ昨年も営業所止めをコンビニ(別の店)から送って無事についているのでコンビニからでも送られるはずなことは知っているので、その旨を伝え、「ただ大切な荷物だから別の店にもっていきます。きちんと確認しておいてくださいね」と言って店をでた。
で、そこから数百メートル離れた別のコンビニ、まあセブンイレブンだけれども、にもっていき、あっさりと営業所止めの荷物を送ることができた。

ここで思ったのは最初の店の女性店員の不勉強ではなく(むしろ彼女たちは彼女たちなりに一所懸命していたようだし)、全国チェーンでしかも日本一番の規模のセブンイレブンのあり方だ。

お客のクレームなどを24時間受ける必要はない。
でも各店舗のSOSを24時間対応で受けるシステムはないのだろうか?
コンビニの店員が困った姿を見ることが多い。
オーナーだってそんなに詳しいわけではないだろう。
夜中のバイトの人たちが困った時の頼る所があれだけのコンビニにないなんてことが信じられない。
店が24時間ならば全てにおいて24時間同じ程度のサービス、あるいは処理ができないのでは意味がないような気がする。彼女たちがたかだか荷物一個のことで頼る術をなくしておろおろするのを見るのは、なんだか自分が困らせているようで気分は悪い。


大企業ならそれくらいの電話設備を全県でなくても各ブロックに装備してほしい。大企業の責任ってのがあるんではないか、と。

あと、いい加減、お酒を買った時に「年齢確認」を客にさせるのをやめてほしい。
あれを何の目的でしているのか訳が分らない。
ネットのいかがわしい所の「あなたは20歳以上ですか?」のボタンも意味がない。
いくらでも詐称できる。店によっては店員が自分で押す店すらある。全く意味が分らない。だれかあれの意味を教えてほしい。

以上。
23:36  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2392-179f508d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。