新年明けましておめでとうございます 

こんばんは

塾の方は昨日から開いてますが、とりあえずブログは今日からです。

新年明けましておめでとうございます。

2014年の幕が開きました。

歳がばれますが今年は年男。
次に年男が来たら「か・還暦」です。

そんな箱根駅伝真っ青の人生折り返しの私ですが、今年は人生設計を考える年にしようと思います。

今までは人のためになってれば、それでいいや、と思っていましたが、年金もあてにならないし、商売だってどうなるか分んないし、消費税は上がるし、不安要素は満載ですから、とりあえず、1~3月までで人生というより余生をどうするか考え少し動いてみるという時間にしてみようかな、と。
まあ間に確定申告、受験とある訳でなかなか思い通りにはいかないでしょうけど。


さて、今日の記事でどうしても書きたかったことが一つ。

訃報です。

大瀧詠一さんがなくなりました。まだ65歳でした。先日も某動画サイトで昨年だかにラジオ出演されていた声をお聞きしたばかりでしたが…

私たちの世代(昭和40年代生まれ)にはいわゆるニューミュージックの軸と並行してはっぴいえんどから派生したあるいは関係のあった様々なグループやアーティスト(YMOや大瀧詠一さん、山下達郎さん、佐野元春さんなどなど数えきれません)があって、とくに高校大学時代(80年代中盤~後半)に私たちの生活になくてはならないものになっていました。

大瀧詠一さんといえば、いわゆる大瀧サウンド。
松本隆さんの作詞との黄金タッグでどれほどの名曲が生まれたでしょう。

もちろん他のアーティストにもたくさん提供されています。

でもやはり、大瀧さんのソロアルバム(有名な2枚)は大学時代何回聞いたか分らないほどです。

特に地味目の曲ですが「銀色のジェット」は私の人生を支え続けた曲です。
某動画サイトにも出てます。是非聴いてください。

しばらくは車の中で大瀧さんを聴き続けます。

ご冥福をお祈りします。

Comments

あけましておめでとうございます!

旧年中は大変お世話になりました。今年もよろしくお願いします。

40過ぎてからですが、自分の死後を考えるようになりました。これも年のせいですかねぇ?
人生の半分を過ぎているのは間違い無いので、仕方がないのかもしれませんが・・・

nobさんへ

こちらこそ大変お世話になりました。
今年もよろしくお願いいたします。

私も老後と言うか死んだあと、というか、20年後辺りを漠然と想像します。

父が亡くなった年を基準にするとあと20年を切りました…残りの時間、何か別の人生を送ってみたくなりました:笑

  • [2014/01/05 22:52]
  • URL |
  • ほりまさ
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2427-8cd2248a