2014年について考える 

こんばんは

今日は週明け月曜日。
実は先週、冬期講習が終わった安心感からか、ひどい鼻風邪にかかってしまい、鼻水が洪水のように出て、20代でも使わないだろうという位のティッシュを使ってしましました(意味深)。

やっと鼻風邪が収まり、咳に移行しました。経験上咳まで来ると完治も近いです。

今日は世間では3連休の最終日。
ですが、自塾には関係なし。

でも連休の影響か欠席が数名。

さて、運命の2014年が開けました。

運命の、と言うのはいくつかの意味があります。

一つ目は当然塾のこと。
この数年で近くに塾が乱立したことで差別化を図るのが難しくなってきたのと、中学校の部活などの運営状況に正直疑問がある中で、こちらの意欲が十分伝わらず、空回りしてしまうことがあること。
塾の売り上げのこともある(汗)。

さらには塾はいよいよ10年目を迎える。

10年は区切りですからね。いろんな意味で。

二つ目は体調面
今回の風邪もそうですが、この10年で体力が落ちてきた。
昔は徹夜の2日位は何とでもなってきた。
今は1日の徹夜も翌日に影響が出てきた。

手術の件もあってどうも体の自由度が落ちてきた。

三つ目は家庭面。

母が手術で入院して今の所後遺症はないようだが、年ももうすぐ70だし、長男だし…

何か今年大きく何かが動きそうな気がする。

そんな年の頭でした。

今年もいけるとこまでこのブログ行きますので、皆さんよろしくお願いいたします。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2428-9aef5e14