パチンコ屋今昔物語 

こんばんは

今日は水曜日

世間では雪だのなんだの言ってますが、幸いこちらでは比較的暖かい日。
日差しも強めで場所によっては過ごしやすいくらい。

体験予定だった生徒が今日やってくる。
先週からの体験の子もいるので、体験がこれだけ多いのも久しぶりだなあ、と。

そんなわけで(どんなわけだ)今日は小ネタ。

今年になってパチンコは1回しかしていない。
まあ財政的にも、精神的にもそれくらいでちょうどいいのだけれども、ふと気付いたことがある。

それはBGM

鳴ってるのか?

昔、昭和の末期にはホールでBGMは鳴っていた。
店によって違うが、大体演歌か流行歌だった。
で、1時間おきの煽りのマイクで軍艦マーチ。平成になった頃スクエアのF1のテーマソング。

でも最近ホールでBGMは鳴っているかどうか気にしていない。

鳴っているのかもしれないし、鳴っていないのかもしれない。
理由を考えると、やはり台がうるさい。

昔は大当たり中にそれもほどほどの音量で鳴っていたものが、今はリーチの度にどかん、ずぎゅん、きゃ~、ぎゅい~ん、きゅい~んとうるさいうるさい。
しかも隣がうるさいから、聴こえないとこまるので、どの台も音量が大きい。
大げさでなく耳栓をしてうっていたこともある。

しかもしかもリーチの度だけではなくただデジタルを回すだけで音楽が鳴り続けるので、よってのべつ音が鳴りまくってる。
そう考えるとスロットの方は幾分ましか?いや結構うるさい台も多いな。

昔ホールのBGMはその時代と密接にかかわっていた。
当時、私が通っていたホールの一つは流行歌を流す店だった。

だから、アイドルに興味がない僕でも、しかも当時はTVを持たなかった僕でも、少年隊の「君だけに」や徳永英明の「輝きながら」を聴くと今でもホールでパチンコをのんびりと打っていた頃を思い出す。

まあ今のずぎゅん、ドキュン、きゅい~ん、スカっ(外れの擬音:笑)ってのも時代かもしれない。でもやはり私はホールのBGMってのは「大切」だと思うし「聴こえて」いてほしいんでしょね。

っていうかね、やはり最近の台は、五月蝿いよ、個人的に。しかもバラエティコーナーが多くなって(特に羽根デジで)いろんな演出音が混ざってしまい、絶対音感ある人だったら気分悪くて吐くんじゃなかろうか、と(苦笑)

昔、フィーバーパワフルのリーチ中の音が五月蝿く感じていた自分が可愛く思える(爆)。

Comments

No title

最近の台には音量調節機能が付いているものも出てきましたね。

でも、周囲が爆音なら状況は同じ・・・周囲の空台を片っ端から音量最低にするしか無さそうです(苦笑)

nobさんへ

そうですねえ。確かに音量を調節できる台が増えてますね。
今思いついたんですが、最近の流行歌といえばAKBですよね。
台でしょっちゅう流れてました(爆)。

  • [2014/01/31 01:33]
  • URL |
  • ほりまさ
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2440-07c3a6a8